去年の3月に


「えさ台」試作機を


浪江の帰還困難区域に設置  




あれから1年が経ちました


                                                    

                                                  

                                                    









去年の1号機設置の模様






「えさ台」は改良を重ね


現在 20キロ圏内に設置数は50ヵ所になりました








さて


今回の「えさ台」はどうなっているのか (笑)




(笑)?


いや すみません


どうかなってることが前提になっているのが可笑しかったもので









耐えています













前回 新しいものに交換した場所


さあどうでしょうか













あきませんでしたわー


へなへなー












これでどうだ


ここは猫が来ていることが分かっている大事なポイント


しっかり安定して給餌が出来なければいけません
















除染以来猫は来ていません


帰って来てくれることを信じて














こちらも除染以降 餌が減らなかった場所













しかし来てくれました!


良かった
















おっ











猫発見!




わかりますか?


















からっぽだ




猫が来てくれていますが


空っぽになってるということは


他の動物が食べている可能盛大














隙間を塞いでみる














上手く行きますように















こちらはひどい












アライグマの爪は凄いですね















波板も交換すると高くつくので


切れ端を使い補強














あと顎の力も凄いですね














ん?




こんなもの落ちてなかったのにな















ここは大熊町


お年寄りで構成されたパトロール隊も ご存知だったそう


ついでに餌の補充もお願いできないかなあ












お 異常なし















壊れていた波板を補修


もうひと頑張りしてくれい



















浪江町


新規で設置しました


簡易検問のすぐ裏


6号から幾世橋 請戸方面に入ったところですね





浪江町では給餌は認められているので


パトカーから逃げ回ることもありません


夢のようですね(笑)

















しばらくチェックしていなかった


幾世橋小学校の正面ゲートに設置した「えさ台」


かなり齧られていました















補強です
















浪江町の赤間さんが いろいろ手を加えてくださっています


感謝です













そしてここも





長い間 チェックしていませんでした


赤間さんがかなり手を入れてくださいましたが














ひどい有様です












良く頑張ってくれました


ありがとう














新しいものと交換















こちらも吹っ飛ばされていたので


新しいものと交換

















そしてそして




最後は希望の牧場入口に設置してある「えさ台」


以前一匹の猫を確認してから設置したものですが


その後 ほとんど餌の減りはありませんでした



しかし このたび牧場関係者の猫の目撃などがあり


中を確認してみると食べられた跡が確認されましたよ












「えさ台」が生まれて まだたった1年


これからも改良を加えながら 


猫のために活躍してくれることを信じて頑張りますね




ではまた「えさ台」情報 お楽しみに!


いや 楽しいのか?(笑)