大熊町の再編成で中心街へ行くルートが限られるようになってしまいました








4月までは国道6号線からすぐに入れたのですが




バリケードが置かれ閉鎖になり 山側に迂回させられる羽目に




これはかなりの時間のロスになりますが




いまだに空き巣などの被害があるそうで 致しかたないところなのでしょう




夏に国道6号線が許可証なしで開通になるといわれていますので




国道から直接入れないようにしたのもあるかもしれませんね








で 山側に行くためのう回路ですが




しばらく走っていなかったダチョウ牧場の前を通る道でした




写真はありませんが牧場入口はバリケードが置かれ




もう中に入ることはできません




いや閉鎖以前から私有地ですので入ってはいけないところだったのです




しかし中で生きている命があったから行きました




それなりに行きました




でも




結局 見捨ててしまった命




救いたくても自分の力ではどうすることもできず・・・




いや 今にして思えば しようとしなかった




犬も猫も牛も山羊も豚も牛も鶏も 




その気 本気 死ぬ気でやれば 皆 助けられたのかもしれない




独りでは無理でも 10人 100人 1000人 10000人の




動物のことを想う人たちが 本気でやればできたのかもしれない








でも 私を含め誰もやろうとしなかった




だから おびただしい数の動物たちが死んでいった・・・






























去年の5月の写真です





牧場施設で最後に残っていたオスのダチョウ




羽を広げ 左右に大きく動かしアピールします




見ていて痛ましく悲しい気持ちになったのを忘れません
































2013年5月18日 彼は確かに生きていました

































10日後の 2013年5月28日




一つ前の写真の奥にあたるところを撮影しました




10日前は なかった重機が置いてあります




そして




その右側には土が新しくなったような跡がありました




これは何を意味しているのでしょうか

































ダチョウ牧場前の道路にて撮影 (2011年12月)








やっとの思いで脱出したダチョウたちが つかのまの自由を得ていました




その後 かれらはまた牧場に連れ戻され




いつのまにか消えていなくなってしまいました




いくらキャットフードを与えても 




あっという間になくなっていたのがカラスの仕業だと




気が付いたの最後のオス1羽になった時




カラス対策用餌箱を製作なければとグズグズ思っていた矢先に




最後の1羽も消えていましました









































現在 福島県にいたダチョウは




松村さんが保護している1羽 モモのみとなりました




これが どれほど凄いことなのか分かっていただきたいのです




私たちが束になって騒いでも 成し得なかった事を彼はしているのです




牛もそう




私たちが殺処分反対といくら騒いでも事態は何も変わりませんでした




今 世話している牛たちは 殺処分寸前で彼がストップさせた牛たち




現場に乗り込んでいって中止させたのです










やめるのはいいですけれど この牛たちを責任持って世話できるのですか










これを言われれば殆どの人がしり込みしてしまうでしょう




牛という大型動物を世話するのは素人ではまず無理です










「俺が面倒見るべ だから殺すな」










これを躊躇することもなく言って




素人ながら現実に世話している人なのです




彼は もとは建築関係の仕事をしていて




動物のことが ただ好きだっただけの人間




特別な人でもなんでもない


















話を戻しますが




モモが生きているということは本当に凄いことなんです




松村さんは しっかり飼い主の了解を得て保護しています




助かって良かったね とか そんな軽い言葉で済ませる問題じゃないのです




このまま松村さんに世話させて




めでたしめでたし で済ませるような問題でしょうか




この先 ダチョウや牛たちを どう生かしていくのか




皆で考え共有していかなくてはと 本当にそう思うのです










































撫でてやると気持ちいいのか目を閉じます (これが閉じているのかどうかも分かりませんが)




まぶたはありそうですけど 本当に目を閉じているところは見たことがないのです