写真展&報告会のお知らせです

                                                             

                                                              

                                                              

                                                             





12月5日(金) 6日(土) 7日(日)

  

南相馬市民文化会館 ゆめはっと ギャラリー(入場無料)

  

10:00~19:00













報告会 6日(土) 13:00~16:00


多目的ホール(入場無料)
 






震災からもうすぐ4年が経とうとしていますが


20キロ圏内には取り残された猫たちが まだひっそりと生きています


このまま人間が手を差し伸べなければ 


ごくごく僅かな強い固体を残して 彼らは消えていくことになります


現在 地元の有志の方々が必死に彼らを生かそうと活動中


しかし その数は少なく 猫たちに十分なサポートが出来ていません


被災地での写真展開催は 被災者の方々や その周辺に住む方々に向けての発信です


人間の命が一番だということは 私も否定はしませんが 


もし少しでも余裕があるなら 弱い生き物たちにも手を差し伸べて欲しい


そう思って被災地での写真展の開催を決断しました


地元の方々には見たくない現実かもしれません


傷口に塩を塗るようなことになるかもしれません


でも地元の方々にしか 彼らを救うことは出来ないのです


猫たちだって ずっと同じ町や村に住んできた住民です


放射能の除染とともに消えればいいのでしょうか


何の罪もない彼らに対して これはあまりにもの仕打ちだと思います





私は弱い生き物です


誰かに守って貰わなければ生きていけない弱い部類の生き物だと思っています


厳しい自然界では淘汰されてしまうのかもしれません


そんな私でも 死にたくはないし 生きられるなら生きていたい


だから自分より弱いものを助けたい 


そう思うのです


自分が弱い存在だからこそ 弱いものを助け守ってやりたいと思うのです





12月 南相馬市民会館 ゆめはっと にてお待ちしています