久しぶりの希望の牧場です


入口に「えさ台」が設置してあって 入り口まではよく行っているのですが


牧場内には時間がなくてなかなか行けていませんでした




やまゆりファーム問題はどうなったのか


それも気になっていたのです


(やまゆりファーム問題→ 希望の牧場BLOG参照)

http://fukushima-farmsanctuary.blogzine.jp/blog/2014/10/0830_73a7.html


見て聞いてみたところ やまゆりファームは機能していないようです


もう2週間以上 牧場にやまゆりスタッフは来ていません


これでは飼育放棄とみなされても仕方ないでしょう


2週間も牛をほうっておいたら死にますよ


2011年3月4月の惨事を再現するおつもりですか


代表の岡田女史は いったい何を考えているのでしょうか














秋の爽やかな気候の中で 牛たちは草を食んでいます


この写真では見難いですが ガガもいました













しかし のんびりとした光景の逆側では 牛のために必死で働く人たちがいます













これはデントコーンといってね


砕いたものをビニールで密閉して保存し それを発酵させるんだよ


伊東先生が解説してくださっています


重石を載せ 約1ヶ月で出来上がり


冬場に向けての大変栄養価の高い牛の餌となります












重石代わりにしているのは水につかったキャベツ


これも牛の餌です












そのキャベツを牛に与えることになり


牛たちは続々と牛舎に集まってきます
















1頭の牛が近づいてきました


おお 君は たてご













いちご もいます











きれいな牛です 


大きく育ったね















そして 事故で後ろ足を切断してしまった ふくちゃん











もおぉ~


キャベツが欲しいと鳴いています











毛つやも良く 健康そう


しっかりお世話をしてもらっているのでしょう













いつも元気な伊東先生














しずお姉さん なくてはならない人


吉沢さんにストップをかけられる数少ないひとりです(笑)















さあ一服しよう


今日は 「聖地Cs」の著者 木村友祐氏が お手伝いに来ておられましたよ















静岡からの見学者の方から差し入れ


60cmたい焼き




でかいね~ と吉沢さん













尻尾まで あんこが♪


やれうれしや















帰り際 ふと見ると 痩せた牛がいました


きっと弱くて 餌になかなかありつけないのでしょう


希望の牧場は こういう牛を見つけた場合


牛舎に入れて個別に餌を与えたりしていますが


300頭以上いる中で 少ないスタッフではなかなか見つけにくい


もし見つけたとしても 少人数では牛舎への誘導も出来ないのです


しかし放って置くわけにも行かず


たまにスタッフやボランティアの方々が揃った時にやっておられるようです




痩せた牛が心配・・・


いやいや じつはこの子1頭を心配している場合ではないのです


牛の餌の備蓄が底をつき始めていいて このままでは あと1ヶ月で終わってしまいます


これから冬にを迎え 牧草も枯れ 春までは当てには出来ません


何としてでも餌を調達しないと


そのために ウィズキャトル(20キロ圏内の牛支援団体)を中心に奔走中


またその活動もいずれ撮影させてもらおうと思っています














人間のために生み出された牛たち


本来なら この世には もういないはずの彼ら


何も知らず 当たり前のように生きています


食のために殺すのも人間


しかし ここにいる人間は絶対殺さないと 絶対生かしたいと思っているのです


被ばくしたことは彼らにとって良かったのか それとも・・・




福島に来ると いろいろなことを考えます


もし良ければ 一度でも福島を訪れることをお勧めいたします


生とは死とは 生きる意味とは




希望の牧場は いつでもオープンです