先日 福島に行ってまいりました

                                                                 

                                                                

                                                                 

  

前日の夜が寝付けず


これならもう早く出てしまって


現地で仮眠を取った方が得策だと思い


午前2時ごろには出発



途中でのんびり うどんを食べても時間が余る


現地で少し寝たけど それほど眠れず30分だけ


このしわよせは帰りに来るのだけど まあいいかって感じで活動開始



一発目の給餌ポイントは海の近く


向かっていくと きれいな空


思わずふらふらと海岸方面に引き寄せられてしまいました
















気温は4度くらい


寒くなってきています



きれいだなあ














海岸まで来ました


船が浮いて見えます



これも浮島現象っていうのでしょうか


水温高く気温が低い場合に起きる現象のようです





太平洋 大きいな


こころなしか水平線が曲がっています


地球は丸い


レンズのせいかもしれないけど














空気は澄み 遠くまで良く見えます


ゆっくりと進む船


なんかぼやーっと見入ってしまいました













船の進行方向に何か見えます





拡大してみましょう





















これは風力発電のプロペラっぽい


船の後ろにも何か見えますね




当たり前ですがここは太平洋


この先はアメリカ


近くに島もないはずです


これは蜃気楼ですね


でもこれは写真を見て気がついたもので


現地ではまったく気がついてはいなかったのです





津波で破壊された堤防の上に座り


しばらく たそがれたあと


重い身体を よっこらしょと(笑)



さあ活動開始です







----追記-----


蜃気楼だと騒いでいた風力発電のプロペラは


「楢葉沖の洋上風力発電ではないでしょうか…沖合20kmにあります。」


というご指摘がありました


ちょいと調べてみたらその通りでした


http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/03/post_3534.html




今回の記事タイトル蜃気楼はまさに幻でございました


訂正してお詫び申し上げます ポテチン