だめだ 本当に疲れが取れなくなってきています

  

うーむ 言いたくないが トシなのか・・・

                                                        

                                                          

                                                                  

                                                             









準備日を含めた4日間は


初めての被災地での写真展ということもあって


無意識の中にも緊張していたのだと思います


東京に帰ってきて どっと疲れが出ましたよ















でもでも この写真展


さまざまな方々が力を貸してくださり出来たこと



準備日と初日 フルでお手伝いくださった東京から来てくださった方


二日目 報告会という大変なイベントを支えてくださった方々


東京 横浜 横須賀 宮城 からわざわざ来て お手伝いくださりました


そして報告会でお話しいただいた 


希望の牧場代表吉澤さんと 南相馬の猫おばさんこと吉田さん


三日目最終日は 地元南相馬の方が一日フルできていただきました















そして


何の行事もない最終日に わざわざ東京から駆けつけてくださった


山路徹 氏













本当に感謝いたします














来場者


初日75人


二日目約105人(報告会中はカウントできず)


三日目98人



報告会出席者は35人




決して大盛況ではありませんでしたが


来場してくださった地元の方々中にも「知らなかった」という方もいたり


写真の中に自分の家が写っていて懐かしく感じてくださったり


ペットと一緒に逃げられた人や 一部置いていかざるを得なかった人


さまざまな人たちが いらっしゃいました














ギャラリー前で営業していたカフェのお母さんと




一つ何かしたくらいで すぐに結果なんて出るわけはありません


写真展に限らず 何度も何度も繰り返し 継続して行なって 


やがて実を結ぶことがあるのかもしれません



今回 私はやりましたよ


決してゼロではありません


コンマ1でも10回繰り返せば1になるのです




福島やそれぞれ地元の動物のために皆さんは何をしてきて 


これから何をされますか


皆で少しずつ前を向いて進みませんか


私ひとりだと1になるまで10回やらなければいけませんが


10人揃えば1回で済みますね















今回 3泊おせわになったネットカフェ


疲れて帰ってきて毎日10時までに寝てしまい


早朝起きてシャワー浴びたり マッサージ椅子でマッサージしたり


このパターンで過ごしました






南相馬は震災後 私が初めて入った町


当時 屋内退避をされていた市民はたいそう不安だったと思いますが


唯一セブンイレブンが開いていたり


ビジネスホテルが営業していたり


放射能に負けない力強さも感じた街です


次は 「のこされた動物たち」 ではなくて


もっと ほっとする写真で写真展を開催したいと思いました



その時には またよろしくお願いいたしますね


大変お世話になり ありがとうございました


感謝をこめて