でましたよ

                                                             

                                                          




                                                          

                                                            







もうアマゾンで予約していただいていた方には届いているようです


購入してくださった方々 本当にありがとうございます


だれもいなくなった旧警戒区域で幸せに暮らしている猫の写真集


よろしければ手にとって見てやって下さい




猫の飼い方は地域によってさまざま


これはしてはいけないだろうという極端な例を除いて


飼い方はいく通りもあると感じました


今 とらが私の膝の上に乗っており


時々私を見上げて撫でろと鳴いています


うちの猫たちは幸せだと信じてはいますが


これが本当に猫にとっての幸せなのかと考えたりもします


自然の中で暮らしているしろさびたち


先日TNRしたクロボス


外で生きているのが幸せな子たちもいるわけです


猫を飼うということは 


その場所場所によって臨機応変に対応していくものなんだと


改めて思ったのでした










しろさびたちが あの福島でまっちゃんとともに


生き生きと暮らしているところが伝われば幸いです


よろしくお願いいたします



【追記】


カバーをはずすとかわいいイラストがでてきますよ


ちょっと得した気分




今回の本は 「まこという名の不思議顔の猫」 の作者である


岡 優太郎氏がデザインしてくださいました


とても良い本になっていて感謝しています








しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々/KADOKAWA/メディアファクトリー
¥1,188
Amazon.co.jp


価格はぐっと抑えて1100円+税








3日前くらいから体調を崩してしまい


ずっと寝ていました


寝すぎて自重でアバラを傷めたようです


せっかく本が発売されたというのに 何をやっとるんじゃって感じ


楽しい遠足の日に熱出している子供のようです