今日は 雨の日も風の日も雪の日も
  
けなげに頑張ってくれている「えさ台」の話です




                                       
                                          
                                     
                                 










楢葉町の某所

ちょっとした林の中に設置された「えさ台」

2度ほどブタ野郎に破壊されましたが

ここ最近は安定している場所

ただ あまりにも安定しているので

不安になってカメラを仕掛けてみました

時期は2月11日から約2週間です
















いかがでしたでしょうか

こちらの「えさ台」は しっかり機能していることが分かりますね

ほっとしています



ただ 短く編集していますが

実際には 猫もアライグマも もっと来ています

他にもハクビシンなども映っていました


アライグマなどは仕草がユーモラスで

思わず ぷっ と吹き出しそうになったりして

一見 愛らしい存在ではありますが

猫にとっては何一つ良いことはありません

力関係では猫に勝りますし 

猫の子供も襲われていることでしょう

アライグマには餌を食べさせないようにしなくてはならないのです

彼らがキャットフードを食べて栄養状態が良くなると

繁殖もどんどんするでしょう

結果 猫が追いやられてしまい消えていってしまいます

そして増えたアライグマも特定外来生物でありますから

結局は駆除されていく運命です

住民の帰還が進めば

猫との共生はできてもアライグマとはありえません

彼らは駆除され殺されていくしかないのです



アライグマ ハクビシン イノシシ イノブタ カラス

彼らにはキャットフードを食べさせるわけにはいきません

工夫を重ね これからも頑張って行きたいと思っています





ただ猫のために

















しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々/KADOKAWA/メディアファクトリー

¥1,188
Amazon.co.jp



発売中