その後のレオーンのお話の続きです

                                                                

                                                              

                                                                 





病院から帰ってきたレオーン


2日間は2段ケージ暮らしでした






なんでかっていうと











このころまだ麦がいたから





ケージの中が気になる麦


一日目 レオーンは中でじっと大人しくしていました




そんで二日目になると大荒れ(笑)


麦もレオーンが暴れると なんだなんだ と覗きに行きます


ふたりとも怒ったりしないでマイペースなのが面白かった



結局2日目に麦は里親さまのところへ行きましたので


これ以上の接点はありませんでした






で 晴れてレオーンは部屋の中でフリーです











アオーン アオーン





この鳴き声がレオーンと鳴いているようにも聞こえます


レオーンはやっぱり外に出たくてしょうがないのです
















このロックも前回はふっ飛ばしました


今回はキツめにしてあるので回すところだけふっ飛ばします



うーん やっぱり心配だ
















鍵の部分をガムテープで固定


これで開ける事はできないはず


前回の失敗を教訓にして万全の体制で挑みます!























やばい


やっぱりレオーンは ここをどうかすると窓が開くことを知っていました

















お前って賢いなあ


窓は開かないようにガムテでベタベタに塞いであるのですよ






しかしそれに気づくのも時間の問題のような気がする


外が見えている以上 レオーンは必死に出ようとするでしょう


なんとか工夫をしなければ・・・
















レオーンが戻ってきて嬉しい私


自由がなくなって嬉しくないレオーン





さあさ これからどうなるのやら・・・
















シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々/KADOKAWA/メディアファクトリー
¥1,188
Amazon.co.jp

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp