オレマイの飼い主様からお便りが届きました

                                                

                                                             

                                                             




許可を頂きましたので転載させていただきますね


注(カッコ内はもーす)












太田さん、こんにちは。オレマイ家の池田です。
レオーンも無事帰還して、麦くんも良いご縁があって、何よりです。
レオーンは本格的に寒くなる前に帰ってきて、本当に良かったですね。






我が家では11月上旬に1階玄関の猫脱走防止扉が完成しました。


マイラは玄関の土間で遊ぶのが好きだったので、少し恨めしそうに柵を見ています。
でも、これで人間が1階の玄関を使えるようになりました。

(柵が出来るまでお勝手口からの出入りをされていたのです)







さて、そんなマイラは推定5月生まれ。満7ヶ月になろうかという時期です。

実は2週間ほど前から夜中に大声で鳴くようになってきたので、獣医さんと

相談して避妊手術をしてもらうことにしました。







「あたち、どうなるの?」



病院に行く時のマイラはいつも不安げな様子になります。

しかも今回は一泊二日の入院です。

でも、心を鬼にして病院へ。










オレオも、家の中にマイラがいない状態なんて初めてです。

あんなに仲の良い兄妹。

マイラがいないことに気付いたら、さぞかし不安になるのでは…




と思っていましたが、

普段はマイラと窮屈そうに入っているオットマンの下を独り占めして、

のびのびと過ごしていました。






(笑)








土曜日の朝にマイラを迎えに行きましたが、獣医さんの話では入院中は飲まず食わずで、
トイレは一回もしなかったそうです。
そのためか、家に帰ってきたらトイレに直行し、その後水をゴクゴク飲んでいました。
オレオもマイラが帰ってきたのが嬉しいようで、マイラがトイレに行くときも、
水を飲むときも、ずーっと後ろをついて歩いて、隙があればペロペロとなめています。





「お兄ちゃん、しつこいのっ!」



退院直後から、いつもの取っ組み合いが始まりました。
獣医さんの話を聞いた直後で心配していましたが、いつもどおりの様子で一安心です。














抜糸は来週の土曜日の予定です。
それまではマイラはお花の形をしたカラーを付けて過ごします。
本人的には「こんな格好、恥ずかしいから撮らないで~」って思っているんでしょうか?

それにしても、病院から戻ってきた時の「あー、帰ってきた~」と言いたげな様子が
非常に印象的でした。
どうやら、マイラも我が家を「わたしのお家」と思ってくれているようです。



それでは、今後もオレマイの様子をお知らせしますので、よろしくお願いします。





(池田さん ありがとうございました!)