7月4日の希望の牧場です 

                                                                                                                                                                   

                                                                                                 

                                                                       








雨がしっかり降ることは嬉しいこと


牧草の伸びが違います













伊東先生 しずお姉さんのコンビは作業にいそしんでおられました


冬が来るまでに


すっかり骨組みだけになった旧牛舎の外壁をトタンで覆う作業


風を遮断し 牛たちが過ごせる場所を確保したいのです















仕事は際限なくあり


日が暮れかけた夕方まで続きます
















今日はこれでお仕舞い


しかし地道な作業は明日も来週も来月も続くのです














そんな人間のすることを気にも留めず


牛たちは自由を謳歌しています
















人間たちの一番の心配事は これ


牛たちの餌の確保です
















そのために 希望の牧場事務局 ボランティアたちが一生懸命動きます

















320余頭


彼らを餓死にだけはさせない















震災初期の頃


力及ばず消えて行ったたくさんの命















その命に報いるためにも


希望の牧場の戦いは続くのです



















気をつけて草むらを見ると


たくさんのカタツムリの赤ちゃんがいましたよ


放射能の影響があるのかどうか分かりませんが


福島の命の連鎖は ずっと続いているのです















のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


待ちつづける動物たち/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp