双葉町の記憶 その2です
                                              
                                             
                                             
国道6号は

当時 原発関係者の車両の行き来があったので

それほど犬猫は見かけませんでしたが

今回 通行が可能になった

国道に並行する旧道や脇道には

何匹もの猫たちが生きていた





l3292
かれらの命は



l9665
ボランティアさんたちが置く餌で

ギリギリ保たれていたのです




しかし

誰もが餌にありつけていたわけではなく




l9234
犠牲になるものも




l9683
少なくありませんでした


いや

犠牲になる方が多かった

私たちが目視で確認できる遺体など

たかが知れていたことでしょう









そしてここにもダチョウが居ました





l03824
旧道と県道が交差する場所



l03823
これは先日撮影したもの





l0366
国道に向かって

ゆっくり歩くメスのダチョウ

隣町の大熊町から移動してきました

このダチョウはさらに国道を北上し

双葉町から浪江町まで

行ったことが分かっています

距離にして15kmも移動していました

その後どうなったのか・・・







l2576
地震で崩れた家屋

波打つアスファルト

電気も何もない

夜には暗黒になってしまう

絶望の中にかれらは居たのです