その猫は名もなき猫でした
                                              
                                             
                                              
                                              
野良の子として産まれ

近所の人に餌を貰い

道行く人や子供たちに可愛がられ

しかし大多数の野良猫同様

誰にもケアしてもらえず

短い一生を終えるはずでした



l1882-02
2019年7月保護


l03452
病院で検査



l03544
預かりさんちへ行く



l03939
さあ里親募集です


その経緯はこちらでどうぞ



現場から

その名はブルー

その名はブルー2

ウナネコ チャッチャ




昨夜

預かりさんちに行ってまいりました

名無しだった茶白猫に

ついに名前が付いたのです


いや

今まで名前は何となくついていました

カミさんが付けた変なのとか

預かりさんが便宜的に呼んでいる

簡単なものしかなかったのです


名前は 茶太郎


ブルーレイのブルーから

茶色だからチャッチャになって

そして茶太郎になりましたよ





l09356
ライオンの風格がある茶太郎



l09326
チョイチョイ


攻撃しているのではありません

カメラにちょっかいをかけています




l09505
預かりさんのひざの上でまったり

去勢してから少し落ち着いてきました




l09579
人にも猫にもフレンドリーな茶太郎です




これは里親募集記事ではありますが

ひとつ問題があるのです

茶太郎はてんかん持ちで

ひきつけを

不定期で起こしてしまいます

最初に発覚したころは

ひと月に二回くらいでしたが

お薬を処方していただいてからは

ひと月に一回になり

現在はひと月以上てんかんは起きていません

薬の量もそろそろ減らして行って

様子を見ましょうと

お医者さんからも言われました

そういう条件付きではありますが

茶太郎が気になる方は

ご連絡くださいませ

できれば世田谷狛江地域の方だと

一緒にケアできるのではないかと

そんなふうに思っています

連絡先

otacats2@yahoo.co.jp






l09662-02
茶太郎は肩ノリ猫

預かりさんと私の間を行き来して

肩に乗っていました

人と遊ぶのが大好きで

ずっとゴロゴロ(うるさいくらい!)






スモール考える
のらねこのままだったら
ながくはいきられなかったこだね
やさしいねこ