牛たち
                                            
                                             
                                             
l2493
夜が明けて





l05573
牛舎で朝ご飯を終えた牛たちが

ちらほら放牧場にやって来ました





l05722
何代か前にホルスタイン系の

祖先がいたのかな

おなかの部分が白い牛がいました

右後方には木造旧牛舎

牛たちはここで眠っているそうです






l2525
放牧場に許可を得て入ってみました

さすがに大型動物に囲まれると威圧感が

でも実際は

何もしなければ襲われることはありません

戦うために飼育されている闘牛でもない限り

牛たちは基本おとなしい

やさしい動物です




l05712
寛ぐ牛

その姿は穏やかです




l05712-02
上の写真をクローズアップ

この表情

やさしい表情をしています

ふと

牛たちが食用になってしまった理由は

こんなにやさしい顔をしていたからではないか

そんなことを思ってしまいまいました

そんなわけないのに・・・





l05702
食用にされてしまった悲劇の動物



しょうがないじゃないか

生物界は弱肉強食

弱いものを食べることで成り立っている

そういうふうに考え逃げてしまうのは簡単

その考えに疑問を持ち

立ち止まって考えられる

唯一の生物が人間です





l2547
原発事故のおかげで食用を免れ

殺処分令にも従わなかったおかげで

生きることを許された

約260頭(12月現在)

彼らは自分の本来の運命を嘆くこともなく

生き永らえた運命を喜ぶこともなく

ただ 生きています




-----------------------------------------------------------------------------------



名称未設定 2
本日です!