近所の脱走猫
                              

黒猫ハンナを捜していると

外で生きている猫たちの

様々な問題に遭遇してしまいます


未去勢の猫たちが

かなりいる地域での捜索活動

今回は出産をしてしまった猫に

遭遇してしまいました







ホル1
ことの起こりは

黒猫ハンナを捜索中の

ボランティアさんが出会った子

(ボランティアさん撮影 下の写真も)




ホル2
今にも産まれそうなほどのお腹

この猫をどうしたらいいのか

ボランティアさんは悩んでおられましたが

私はどうすることも出来ないと伝えたのです



ボランティアさんが悩んでいるうちに

ことは進んでいました

なんと

この写真を撮影した2日後の29日(金)

黒猫の目撃情報があったKさんの庭先で

この白黒猫が出産したというのです

拝見しにお邪魔すると

幸い動物好きのお宅であったために

段ボールが用意されていて

その中で母猫は丸まっていました

母猫は野良猫

中に子供は何匹いるのかも分からない状態

子供たちのことを心配するKさん

どうしてやるのが良いか

捜索活動をしているボランティアさんに

相談されたのでした



このままにしておくと

子供たちはまた野良として生きることになり

母親も次の出産を迎えるでしょう

それを避けなければいけないのは

Kさんも ボランティアさんも 私も

同じ気持ちでした


そして3人で相談した結果

子供たちが

自力でご飯を食べられるようになるまで

母猫ごと保護し

その後 子供たちは里親探しをして

母猫は避妊手術をしてリリースする

それが最良の方法ということになったのです








l15264
まずは保護するケージを用意

こちらはKさんが犬用に持っておられたもの


子猫が自力で

ご飯を食べられるようになるまでですから

1か月以上の長期になります

寝床の段ボール箱

トイレ

餌や水入れを入れると

このケージの床はすべて埋まってしまいます

母親の動けるスペースを作るために

木材とベニヤ板で中二階を作ってあげました



これで

親子の家は準備完了







l16024
次は母親の捕獲です

段ボール箱の前に そっと捕獲器を置き

まずは母猫を保護します







l16022
程なく お母さんが捕まりました

この子の名前は「ホル」ちゃん

Kさんがホルスタイン柄だからと命名


体格はいいのですが

目はしゅん膜が出ていて

あまり調子がいいとはいえなさそうです

しかし今は

子猫たちと引き離すわけにはいきません

なんとか頑張って

子育てをしてもらうことにします




そして

いよいよ子猫たちのチェックです

実は箱の中から異臭はしていましたので

私たちは良くないことが起きていることが

想像できていましたが・・・





l16003
3匹の子が亡くなっていました

1匹は頭がない状態で産まれていたようです



生きている子たちは・・・





l16015
3匹いました

白黒2匹 黒1匹

半分が死んでしまうという

過酷な世界です





l16012
今は何とか生き延びている3匹の子猫たち

あとは母親の愛情と

この子たちの運に賭けるしかありません





l16000
子猫たちは母猫と一緒にケージ入れられ

餌と水をたっぷり入れて

これからは

Kさんの庭の軒先で

見守られることになりました

Kさんはこまめにチェックして

トイレ掃除 餌と水の補充をしてくださいます

もちろんボランティアさんや私も

定期的にお邪魔して見守ることになります




l15985
亡くなった子猫たちは

庭に埋葬してくださいました

お線香をあげて般若心経を唱えるKさん





半分が死んでしまうという過酷な現実

私たちが何もしてやらなければ

こうしてたくさんの犠牲が生まれるのです

そしてなんとか生き残った子でさえ

野良のままでは

5年ほどの短い一生を終え消えていく



外で生きるということは

こういうことなのです






スモールとらまる
わたしたちも そとでうまれたよ
やさしい ビクおかあさんが
ちいさいからだで うんでくれたの
うちのとらまる