今 思うところあって
 
福島の写真をはじめから見直しています
                                             
                                              
                                              
そこで見つけた写真






l0087
津波によって堤防が決壊し




l0121
その津波は内陸にどんどん押し寄せ

車や家を飲み込んでいった




車で逃げようとした人々は

あるところで立ち往生





l0126
それは「橋」


国道の大きい橋の撮影をしていないのが

悔やまれますが

この橋と同じ現象が起きていました

地震によって道路は陥没

しかし橋はもとから丈夫に作ってあるから

そのままの形を維持しています

つまり橋と道路に段差ができるのです

RV車なら何とか越えられる段差でも

普通乗用車では無理

この段差で立ち往生し

波に飲み込まれてしまった

被害者もいらっしゃると聞いています







l3863
震度6以上の強烈な地震があった場合

道路は亀裂が入り

橋には段差ができて寸断されてしまいます

そのことを想定して避難することをお勧めしたいです








そして私はあるものを撮影していました

撮影時にはこれが何なのか気が付かなかったけれど

つい撮影してしまったもの





l0144
海にほど近いところにあった養豚場

豚たちがどのように飼育されているか

全く知らなかった

妊娠ストール というらしい

ウィキペディアによると

子取り用の母を妊娠期間中(約114日間)に
単頭飼育する個別の檻のこと」

だと書いてあった


回転するスペースもないところに100日以上・・・

そして身動きが取れないまま

波にのまれていったのか・・・



さんざん豚肉を食べてきた自分

ここで居直って

「しょうがない」

と そのまま生きていくのか

それとも何とか変化を求めて生きていくのか

自分が変われば未来は変えられます


私は変わるほうを選びました