しろ と アキ
                                              
                                              
                                              
新しく家族に加わったアキ

松村さんが気にかけるのは猫たちとの関係







l05660
かつて石松にしたように訓練する松村さん




アキは猫たちと一緒に生きていかねばなりません

そのためには猫は家族なんだと

認識してもらわねばならないのです







l05704
もうー うっとうしいなあ

と しろ




さほど心配することはなく

アキはしろを襲ったりすることはありませんでした

しかし圧倒的に力が違うアキとしろ

アキはじゃれているつもりでも

しろにとっては危険があるかもしれません

念には念を入れておかないと








l05721
あーもう! ちかづかないで!





l05737
その後は犬小屋の上での攻防戦



基本しろは犬には慣れています

いまや犬の石松はなくてはならない存在

犬小屋で一緒に眠る仲です








l05774
あそんで あそんでー



まだ子供のアキは遊びたくってしょうがありません






l05782
こないでっていってるでしょ!

普段からもっと身体の大きい石松を

相手にしている しろは

全く怯みません







l05785
ばしっ






l05799
ひっ



一旦逃げるアキ






l05805
しかし また近づきます






l05820
まだこりてないのね

えいっ







l05826
ひっ


またしても怯むアキ






l05838
でもあそんでー!




これが延々と続いていきますが

結局は しろが根負けして逃げることで

終わりを告げます



アキは物足りなさそうに しろを見送りますが

またすぐ地面にいる虫を気にし出して遊びます

彼らの何気ない日常

ささやかな幸せの時間

もう二度と壊すわけにはいかないと思いながら

私は撮影をしていました