ありがとう ぴーちゃん
                                              
                                              
                                              
正直 自信がなかったのでした

帰って来て姿を確認するのが怖かった

けれど

君は頑張っていてくれたね





l1310488
遅くなってごめんね





l1310573
よしよし

撫でてあげるから







亡くなる3時間前のムービーです

力はありませんが少しは気持ち良さそうにしてくれています

鳴き声はケージから出せと鳴く さわちゃんの声です





この後

ずっと見ていられるように居間に移動





l03366
ぴーちゃん

もう呼びかけにも返事はしません





l03383
身体がつらいのか

姿勢をしきりに変えます

後ろ姿

もうあの大きかった ぴーちゃんの姿は想像できません



そして・・・




9時18分ごろ

ぴーちゃんは亡くなります

その亡くなり方は本当に立派でした

皆さんにお見せしたいところなのですが・・・

辛い場面でもありますので控えておきますね

猫たちが必死で生きた証として

今年からですが

彼らにかかわった人

自分のために

彼らの最期をカメラで収めるようにしています

ミヨコさまから始まって

シロ

今回の ぴーちゃん


彼らのそれぞれの死に立ち会って

私たちがどうしてもコントロールできない

触れてはならない領域があるのだと

そんなことを思いました

外で産み落とされ

母猫に必死にすがりついて成長し

自分の力で逞しく生き

そして尊厳ある死を迎える

彼らは興味のない人間からすれば

見えない存在ですが

この私たちが生きている同じ時代に

生きて立派に足跡を残しました

そんな彼らの生き様を

これからも皆さんに見ていただきたいと思います



ぴーちゃんのブログをご覧いただき

ありがとうございました








llちいさいの
ぼくはりっぱだった?

もちろんだよ!
凄かった
見習いたいと思ったよ