うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2017年02月

病院にて                                                                                                                            ... 続きを読む

病院にて
                                           
                                              
                                            
                                            


ちぇーい

ちぇーい!

シロがまるに よくちょっかいを出していましたよ

だから まるは今もシロが苦手









l12409


病院のシロ

借りてきた猫状態



家では大騒ぎするのにね

それほど緊張して怖いところなのかな






l12412


この時の心配事はウンチが出ないこと

触診してもらっています








l12405


約7センチ溜まってました(笑)

この後 先生に出してもらったのです



腎臓に結石

胆のうにも たくさんの結石がありました







l12416


なるべく病院は行きたくないよね





シロ

ゆっくり元気になっていけばいいよ

間違いなく良い方向に向かっているからね














 

シロは疲れたのでした                                                                                                                      ... 続きを読む

シロは疲れたのでした
                                             
                                              
                                             
                                             


l4302

シロは河原猫だった










l8044

今日は病院へ行ってきたの

疲れちゃった










l8018


それでもしばらくすると復活







l8020

ニャー



「シロ」って呼ぶと返事してくれますよ












 

うちに来る猫たち                                                                                                                        ... 続きを読む

うちに来る猫たち
                                           
                                             
                                           
                                            


l8061
 

たまお が覗いています



レオーンやマーラは

ガラス越しによくおしゃべりしていますが

たまおは ご飯の催促で来ているのです(笑)












うちの外猫事情


たまお と はちわれ が時々鉢合わせ

ケンカに発展

しょうがないけど仲良くして欲しいなあ



で タヌキはやっぱり来る

追い払っても同じなので

「えさ台」を高くするしかないか・・・










 

シロです                                                                                                                            ... 続きを読む

シロです
                                           
                                          
                                         
元気を取り戻しつつあるシロ

しかし自力で体を起こすことは まだ出来ません






l1130113

元気だった頃

レオーンと相性が良かったようで

時々くっついていました







仲良くしてたかと思うと

戦いに発展したり(笑)











l4404377462C9

現在(笑)


カンガルーの袋が欲しい

ずっと寝たきりなので

こうして体を起こしているのも良いみたいですよ











楢葉町から浪江町に移動  楢葉町の餌場から浪江町の次の餌場まで約25キロ                                                                                            ... 続きを読む

楢葉町から浪江町に移動 
 
楢葉町の餌場から

浪江町の次の餌場まで約25キロ
                                               
                                              
                                               
20キロ圏内は広い 移動も結構大変です

当たり前ですが直径は40キロ

この範囲をウロウロするわけです

いつもこの25キロの間に おにぎりを1個食べます








l1210358


公園も除染されています

「なみえ復興レポート」によると

浪江町は3月に一部避難指示解除を想定しているそう


当然 公園として機能し出すと

「えさ台」は余計なものになるでしょう









l1210362


イノシシが「えさ台」の下をうろついています

いつ壊されてもおかしくない状況でした









l1210365


新しいタイプを高い位置に再設置

これでイノシシの被害はなくなるでしょう










l1210369


前々回 破壊されていた場所

大丈夫でした

フードもボランティアさんが前日に補充してくださっています

ありがとうございます


こうして給餌日が重なってしまうと大変もったいない

でも 皆が行ける時に行くしかないのです

そこまで贅沢は言ってはいられません








b1200344
前回撮影


手前の古い「えさ台」から

奥の新しい「えさ台」

しかしこの場所の持ち主さんから

外して欲しいと要請があったので

場所を移動することに






l1210380

次の場所はこちら

タントの後ろに細い道があります






l1210378


小道の右側は帰還困難区域

当分の間は いけそうな気がします







l1210375


猫たちはきっと気づいてくれるでしょう






さて次は・・・









l1210384

ギャン!



ここを破ることを覚えてしまったか・・・

アライグマですね








l1210392


今回持って来た2台をここで使い果たす

まだすべての餌場の半分も回ってないのに



効果があるかどうか分からないけれど

あるもので補強してみる









l1210399


ここも もうだめだ

騙し騙し使ってきたけれど限界


ダメなパーツを外して

手持ちのパーツで補修して再設置だ









l1210403


設置場所を一段下げてみました

この高さでも十分イノシシを防げると思います

敵はアライグマです








l1210420


階段をつかうイノシシがいなくて良かった(笑)


豊田動物病院のとなりです

ここで偶然 赤間さんとバッタリ会いました

そうしたら豊田先生もいらっしゃった

しばらく立ち話で今後の方針などを相談

帰還してくる町民との摩擦は避けねばなりません










l1210427


新しく設置した場所

しかし猫が来ている様子はありません

監視カメラには

猫どころかアライグマさえ映っていませんでした

映っていたのはお隣で作業している人間のみ

マタタビを多めに振りかけておきました










l1210430


小学校


ここもいずれ・・・









l1210447



l1210448



l1210453


しっかり機能しているといえば こちら


希望の牧場の入り口です

中のフードもいい感じで減っています

2匹くらいが来ているのかな

またカメラを使ってチェックしようと思います









l1210459


最後の最後に行った所



うちのシロのこともあって 

今回はなるべく早く帰ろうと思っていたのです

またしてもアライグマ!

たまに「簡単に諦めないタイプ」がいるのですね



必死に補修し

さらに補強しました




これに30分余計に掛かりましたが

いつもより4時間は早く福島を出発 

やればできるんだ(笑) 








b1210411
 
地鶏じゃなくて自撮り


デブ・・・


この写真を見て私は決めたのです

また断食すると!



・・・・・・・・・・・・・


 
ということで昨日3日間の断食が終わりました

4キロ減

もう0.1トンとは言わせません!

断食は終了ですが さらに痩せるように頑張ります

シロも頑張っていますからね












 

シロ                                                                                                                              ... 続きを読む

シロ
                                           
                                             
                                            
                                           



l12297

動かすと嫌がるのですが

抱っこして安定すると幸せそう











食欲も出て

少しずつ良くなってきています




もう一度立ち上がって欲しいなあ












 

「えさ台」活動ですよ                                                                                                                      ... 続きを読む

「えさ台」活動ですよ
                                          
                                           
                                            
今回は名古屋 滋賀 四国と渡り歩いていたので

福島行きが予定より5日間遅れてしまった

でも出来る範囲でしか出来ないのでしょうがないですね









l12262

「あなたべ」の友部SA


「あなたべ」というのは

「あなたと食べたい午前4時のかき揚げそば」

の 略です

どうでもいいことですけどね!


週末でしたのでレストランは貸切ではありませんでした









l1210333

暗い

暗いよ



そして「えさ台」を設置していた木が切られている

残念ながらこちらの餌場は終了ということになります

「えさ台」は私の前に行っていただいていた

だるたにあんさん」 が脇に寄せてくださり

かじさん もいさん」のお二人が回収してくださいました








l1210339


プーたちがいたところも解体が始まります

車庫の中に設置していた「えさ台」も

かじもいさんたちが回収

先の「えさ台」とともに

赤間さんちに置かせていただいていました


この木は大丈夫なのかな

少し心配







l1210353


いつ降ったのか雪が残っていました

こちらのお宅はすっかり解体され

何もない状態になっています



「えさ台」だけがぽつんと






とっくの昔に帰還可能な楢葉町

人が住んでいれば給餌のやり方も慎重にならなくてはいけません

「他所から来た迷惑な餌やり」

一度だけですが すでにこういう扱いを私は受けています

もちろん人が優先なのは分かっています

ただ

ここは日本中どこにでもある野良猫の問題ではないのです

ここの猫たちは

「私たちが一度見捨てた子たち」 なのです

彼らは次の日もご飯をもらえるだろうと

人間を信じていたのです

それをこちらの都合で裏切って死に追いやってしまった


ならばせめて今生き残っている子たち

その子孫たちは守ってやりたい

その気持ちを持って私は活動しています


被災者の方々は確かに大変かもしれません

しかし 今までのように餌をやるだけ

それくらいの余裕もないのでしょうか

毎日 いや3日に一回でもいい

「えさ台」を利用してくれるなら1週間に一回でもいいのです

「えさ台」を取り付けろというのでしたら

取り付けに行きます


これはあくまでも猫好きな人へのお願いです

猫がお好きというのなら

猫たちを守ってやって欲しいのです

もちろん出来る範囲でしかできません

私もそうしていますよ



今年は浪江町 富岡町などの帰還が始まります

これから起こることを想像すると気が滅入ってきますが

決して諦めず

これからも活動を続けていくつもりです