うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2016年07月

希望の牧場入り口に設置させていただいている「えさ台」ムービーです                                                                                                ... 続きを読む


希望の牧場入り口に設置させていただいている「えさ台」ムービーです 
                                                                                                                                                                          
2016年6月19日から7月4日までの記録ですよ













この2週間で映っていた「生き物」を紹介します















いかがでしょう

さまざまな生き物が映っていましたね(笑)


イチバンの目的である猫たちは 浪江町の赤間さんが

保護し不妊手術をして戻す(TNR)をしてくださっています

人馴れしていない猫たちは外で生きるほうが幸せでしょう

リリースされた彼らがいるからには

これからもしっかりと給餌を続けなくてはいけません


彼らが命を繋げるよう皆さんの協力をお願いしたいです
















のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社

¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち/飛鳥新社

¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社

¥2,808
Amazon.co.jp

あなたと食べたい--                                                                                                                      ... 続きを読む



あなたと食べたい-- 

                                                           

                                                             

                                                                












「いつもありがとうございます」


え? ええ いやいや こちらこそ


私の行きつけのお店になったレストラン



すっかり顔パスですよ



ふふ いつものやつね



そうつぶやきながら食券を買うことにしています














さて こちらのほうもいつものとおりで


空っぽになった餌入れにフードを足して行きますが


以前から気になっていたところを改造していくことにしました




アライグマは手が器用


このデータが無かった頃に製作していたものですから


いつも中の餌ケースがひっくり返って


フードは空っぽ状態が不思議でなりませんでした


監視カメラなどで明らかになったのが


アライグマは「えさ台」の中に体が入ることができなくても


手を突っ込んで中の餌ケースを手繰り寄せることが出来ていたのです



じゃあかれらの手が届かないようにすればいい



ということで


入り口の蓋部分をなるべく手前に持って行き


中の餌ケースまでの距離を稼げばいいのです




写真で分かりますか


入り口をぎりぎり手前までもってきています


これでアライグマは食べることが出来ないでしょう













こちらはもう結構くたびれてきていたので


作ってきたものと交換


入り口も支援いただいた金具で補強してあります



文字通り 歯が立たないでしょう














手前にきていますよね


これだけのことですが結構手間がかかり


1箇所で30分くらいは時間が取られます














ここも改造



Gたちがいっぱいいました・・・















こちらは改造なし


アライグマの被害が無かった場所でした



ところが


昨日 連絡がありまして


「えさ台」が付いている最後の1本の木を切るということで


撤去の連絡がありました



猫が来ている場所ですので地元の方に泣きつき


なんと お隣のお宅の敷地にセットしても良いとお返事いただきました


ヤナイさん ありがとうございます!














こちらも改造






人がいないところ


いや 人がいたとしても餌をまとめて入れておける


そういうものがあるのは良い方法だと思っています


毎日の餌に気を使わなくても良いし


イノシシさえいなければ下に置くことだってできます


置く場所さえクリアできれば福島以外のところでも使えると思いませんか



猫が5匹くらいいても1週間は持ちます


もちろん食いっぱぐれる弱い猫もいますから


それはまた別にケアを考えなければいけませんが






私の「えさ台」がイチバンなんてことは思っていませんよ


見た目もダサイし精度も悪いからガタガタです


もう少しお金とセンスがあれば中の餌の出し入れを


もっと簡単にすることができるようになると思います


私も もっともっと頭を使ってこれからも考えていきますね












のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp

先日の福島給餌活動です                                                                                                                     ... 続きを読む


先日の福島給餌活動です

                                                              

                                                                  

                                                                 


楢葉町のプーたち 元気にしていましたよ











食べるもの食べたら お山の大将


やっぱりここのボスはプーだ
















ひかちゃん ころころ












けなちゃん たたずむ











よわぐれちゃん 怖くて近寄れない











倉庫の外に取り付けた「えさ台」


2回続けて破壊されています


イノシシの仕業












すのこはへし折られ


カンヌキである鉄の棒がひん曲げられています


ブタ野郎のパワーは半端ないです




完全に餌があると覚えた奴らです


たぶん次もやられるでしょうから


一度 撤収してほとぼりを冷まして


次回に再設置することにしました













よわぐれちゃん 時間をかければ近づくことが出来ます











プーに追いかけられ かわいそうなよわぐれちゃん


なんとか保護できればいいのですが・・・











こちらは別の場所


金物屋さんにいた猫です




そして









2年前 2014年8月撮影




この金物屋さんにお世話をしてもらっていた


トラという猫がいました


私の作った「えさ台」も利用してくれていたトラ


そのトラが1週間ほど前に亡くなったそうです



住民の方に面倒をみてもらえたトラ


彼は本当にラッキーな猫だったのでした














のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


待ちつづける動物たち/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp


福島には自然がいっぱい                                                                                                                     ... 続きを読む


福島には自然がいっぱい 

                                                                

                                                                    







もと楢葉町住民の矢内さん提供写真




楢葉町です


ここから100m以内に「えさ台」があります


これだけの大家族を養うのは大変ですよね


彼らも必死で生きていることでしょう


しかし私は猫のためにいなくなって欲しいと願っているのです


勝手な考えですね


本当に勝手ですね




里に下りてきた野生動物を


一網打尽に捕まえて山奥に放すことを目的とする


そんな酔狂な動物保護団体ありませんかね















こちらは山奥


浪江町から葛尾村間の県道にて


ボス猿が群れの一番最後に出てきたところ


この後 少し私を威嚇して山に入って行きました







野生動物と人間はどうしても共存できない


ならばせめて


彼らがいる山は触らないようにするしかないのでは



そんなことを思いながら


私は山を切り開いた道路を利用して移動しているのです













のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp

こんばんは                                                                                                                           ... 続きを読む


こんばんは 

                                                                 

                                                                  

                                                                  


2週間以上前に行った 前回の福島給餌活動の報告です











愛護団体が製作し購入した給餌器を


改造に改造を重ねて使用している状況


アフターサービスはないのでしょうかね














もともと外で使用するタイプではなかったので


現在使用するには工夫が必要


猫おばさんの吉田さんでは結構荷が重いのです


お手伝いをしてくださる方を必要とされています















プァン


小高駅前にて遭遇


JR常磐線がテスト走行をしていました














7月13日


いよいよ小高区(一部の原町区も)の住民帰還が始まります


それに合わせて


5年以上不通だった原ノ町--小高間が開通


まことに喜ばしいことではありますが猫の給餌活動は厳しくなります


今までのような無人の家屋に置かせていただくような給餌活動ができないのです


野生動物までも呼び寄せてしまう猫のための給餌


帰還した猫に興味の無い住民が迷惑と思うのも無理はありません


すでに餌箱を置くなと苦情も出ています


理解を得るためには住民の方々とのコミュニケーション


そして細心の注意を払った給餌方法が望まれます


目立たず野生動物には一切食べさせない給餌 それさえできれば・・・


良いアイデアございましたらメールくださいね


otacats2@yahoo.co.jp


よろしくお願いいたします












のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


待ちつづける動物たち/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp



うちから里子に出た 麦その近況が届きましたよ                                                                                                          ... 続きを読む


うちから里子に出た 麦


その近況が届きましたよ

                                                           

                                                             

                                                               



里親のタカハシさん撮影


麦のしやわせ写真です













どーん




幸せそうにくつろぐ麦


しやわせなドヤ顔にも見えます




しかし こんな顔していますが


植木鉢をひっくり返して反省しているところだそうですよ(笑)













ねこのしやわせはおやつの時間










ちゅーるには目が無いそうです


ああしやわせ













おいしそうなカップが


早く食べたい!













窓際でくつろぐ













そして最後は 飼い主さんに甘える


飼い猫の王道を突き進む麦


タカハシさんに見初められて本当に良かったとつくづく思います







麦がいた常磐道 友部サービスエリアでは


まだ残っている猫たちがいるようです


彼らもまた幸せを掴めることを願っています














シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

お前は ぽーなんだよ保護して手術してうちにいる時に つけた名前 ぽーそれからまだ2週間しか経っていなくて当然 自分の名前であることなど分かっていないはずの ぽー今日も 近所のおばあちゃんちで ご飯をもらう ぽーある程度の距離まで近づいても逃げなくなっていま ... 続きを読む



お前は ぽーなんだよ




保護して手術してうちにいる時に つけた名前 ぽー

それからまだ2週間しか経っていなくて

当然 自分の名前であることなど分かっていないはずの ぽー








8b7c0318.jpg


今日も 近所のおばあちゃんちで ご飯をもらう ぽー

ある程度の距離まで近づいても逃げなくなっています









f5dbe551.jpg


おばあちゃんは缶詰をくれるから

ここはかなり高級な食堂

でも直置きだよね・・・

今度からは 高級食堂らしくお皿に盛ってもらおうね








6c5b2da1.jpg


けっ カリカリは いらねえぜ



ちゃんと全部食べないと掃除をしなきゃいけなくなるからね

残しちゃあだめだよ













104694a7.jpg


お腹が膨れた ぽーはどこへいくのか食堂を後にします








bc6f51b2.jpg



寝ているところはどこなのかな

気になる

でも他人の家を通路にしているので尾行することも出来ない




ぽー! お前はどこに行くんだい?

呼んでみた








15035b48.jpg


なんだい?



名前はまだ認識していないけど

自分が呼ばれたことは分かるみたい









9c9e6935.jpg



なんだよ 用事は無いのかよ




ああごめん

ちょっと呼んでみたかっただけなんだよ








7462b284.jpg


そして ぽーはどこかに去って行ったのでした






おばあちゃんの高級食堂

来れば必ず会える場所

姿を確認できるということはありがたいことです

本当はうちに来てくれると一番いいんですけどね








あーもう                                                                                                                            ... 続きを読む

あーもう 

                                                                  

                                                                   

                                                                 

前回作ってたブログ記事が


最後の最後でPCのフリーズに巻き込まれました


またよりによって文章の量が多いときに・・・


もう ふてくされて書きたくなくなってしまいました


福島の記事なのに 明後日は次の福島行き(笑)


どんどん遅れていくブログ


PCが安定しないとどうにもならないですね








で 


うちのミヨコさま











いつもは私の部屋の定位置にてゆっくりしておられます


時々 降りてきてお水を飲んだり 残っているご飯を食べたり


また トイレをしたりしています


それほどうろうろしたいわけではなさそうですが・・・














たまには気分転換もいいかなと


居間にお連れして 膝の上でくつろいでいただきました














窓越しに外を眺めたり













私に遊ばれたりしながら まったりとしています













スクッ とおもむろに立ち上がり


私の顔をペロペロ舐めてくれます


もう何度かしてくれている ミヨコさまの愛情表現なのです




やめてやめて


嬉しいけど やめて





なんでかといいますと・・・












くわっ けっ けっ かっ




必ず舐めたあとに吐き気をもよおすようで・・・


複雑な気持ち・・・




でもでも 私を舐めたときだけでなく


ミヨコさまは毎回食事のあとも 気持ちが悪くなるのです


本当です!


特に私がどうとか そういうことではないのです!




気持ち悪いのさえなければ もう少し食欲も出るのでしょうけどね・・・


これからも見守っていきたいと思います






あ 先日TNRした たまお


今日 うちに現れました


良かった良かった