うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2016年01月

ミヨコさまより新年のご挨拶があります                                                                                                              ... 続きを読む


ミヨコさまより新年のご挨拶があります

                                                                 

                                                                  

                                                                









スリスリ




新年?


なんですかそれは


あたしはお腹が減って減ってしょうがないの






「えさ台」製作中に足元にまとわりついてくるミヨコさま


しょうがないのでご飯の時間ではありませんが食べていただきます













お水をあまり飲んでいないような感じがしたので


ぬるま湯にしてみましたら・・・



すごい もう5分くらい飲んでます














これは翌日



この日も食後に ぬるま湯にしました


抱っこして水入れの前までお連れします





よく飲んでます






冬場は水が冷たくなって


猫たちはあまり水を飲まなくなる時があると聞きます


自宅でしか出来ないことですが


こういう配慮もしてやらなければいけないのですね



日の当たるところに置くだけでも結構暖かくなるのを確認しています















抱っこしてみて少し体重が軽くなった感じがするミヨコさまですが


食欲もありますし まだまだお元気ですよ






本年もミヨコさまをよろしくお願いいたします



















シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

こちらの写真集でもミヨコさまを紹介していますよ











エルはな から新年のご挨拶がありましたよ!                                                                                                           ... 続きを読む



エルはな から新年のご挨拶がありましたよ! 

                                                          

                                                              

                                                                 

                                                               












あけましておめでとう









あら はなちゃんが大きくなってる!



エルもきりっとして いい感じですねえ
















寝正月だー









無事に新年を迎えておりますと


飼い主のチバさんからの便りがまいりました




猫は何をするでもないのに


なんでこんなに幸せな気分になるのかな


猫の幸せは自分の幸せ


つくづくそう思うのです








はなちゃんとの出会い

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11895199017.html



エルとの出会い

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11910144349.html















シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

今回の記事は南相馬の猫おばさんのサポートの回です                                                                                                        ... 続きを読む



今回の記事は南相馬の猫おばさんのサポートの回です 

                                                                 

                                                                 

                                                                  












猫おばさんの吉田さんが板を購入してくださり


それを加工して製作しお届けし設置するのが私の役目














何匹も猫がいる海に程近いこの餌場は


震災以降 吉田さんが大事に護ってきていた場所


ごはんが来たと待っている猫がいます (分かりますか?)














私が製作したものは上の写真のように既存の給餌箱に取り付けて使用します


これを装着することによって入り口が狭くなって


猫より大きい動物や警戒心が強いカラスなどから餌を守れるのです


さらに入り口から中のフードまでの距離を稼ぎ


アライグマなどが手を伸ばしてもフードに届かないようにするのが目的です
















しかし警戒心が強いのは猫でも同じ


以前のように楽に食べられる仕様と違うものには慎重です


しばらくはホイホイとは入ってくれないのはしょうがない


でもきっとお腹が空けば入らざるを得ないことは間違いありません




以前と比べて極端にフードの減りは極端に少なくなります


ひょっとして猫は食べることができていないのではないか・・・


吉田さんの気持ちは揺れます


もちろん自分も不安なのです


でも


何度も書きますが 野生動物に餌付けするわけにはいかないのです


彼らが増えると野生動物にも猫のためにもなりません


さらに野生動物を呼び寄せると


これから住もうとしている人間にとってもいいことなどひとつもないのです



「猫がフンをして困ってるの」



以前 まだ住めない小高区のかたが吉田さんに言ってこられた苦情


まだ住んでいないのですよ


たまに家の様子を見に来ておられる方でさえイヤなんです


人が住めるようになったら問題はもっと大きくなるでしょう


でもきっとそのフンは猫ではなくて野生動物だろうと推測されますが


吉田さんは丁寧に謝って対処されていました


その野生動物を呼び寄せているのがご自分だと判っていらっしゃるのだと思います




これからの福島はそういうことを意識しながらの給餌が必要なんです
















給餌の途中に交通事故に遭ったタヌキ


やはり吉田さんもそのままにしておけない人でした












あら軽いわね


中身はすべてカラスに食べられてしまっているのです














この後 草むらの中へ
















地震で傾いた祠











その名も 波切不動尊


この丘に避難した人々を文字通り波を切って津波から守ってくれました












亡くなった方もたくさんいらっしゃいますが


助かった方もたくさん


私は宗教は信じたりはしませんが


目に見えない何かしらの力が存在することはあると思っています












かつてミニチュアダックスのくるみが生きていた堤防も


だんだん変わってきています



姿を変えて いずれ何事もなかったようになっていくのでしょうね







くるみ → http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-10967704575.html














--- お知らせ ---




『のこされた動物たち報告会 --5年目の今--』



今年はあの悲劇が起きてから5年目


東京は成城学園前にて報告会を実施したいと思っています


あの悲劇を忘れないためにも




3月13日(日) 13時~15時くらいまで


場所は小田急成城学園前駅下車1分半 


珈琲沙羅(喫茶店)


30人くらいの規模です


お申し込みはこちら → otacats2@yahoo.co.jp


大変申し訳ないですが会費を500円お願いします


この会費はすべて会場代に充てさせていただきます
















のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp


待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp


レオーンから新年のご挨拶です                                                                                                                  ... 続きを読む


レオーンから新年のご挨拶です

                                                              

                                                              

                                                                 










つかまっちゃった








ぐへへ


わしが寝ている横を不用意に通るからこうなるのだ


お前はお布団に引きずり込まれてもしょうがないことをしたのだ

















その後わりとすぐに(笑)脱出されてしまいましたけれど


落ち着いたのが お布団の上


すっかり家でくつろぐくらいに馴れてきましたよ
















レオーンは逃げられたけれど まるはそうはいかん!





というか まるは逃げる気なしなので腕が痛いのなんのって(笑)


ちなみに私を挟んでレオーンの反対側には とらが寝ています


こうなると寝返りどころか身動きが取れなくなってしまうのです


つらい


うれしい


つらい





でもうれしい!















とらを抜いて うちで一番の食いしん坊になったレオーン




いかん! こころなしかデブになってきた気がする!


スマートなロシアンブルーのイメージを崩さないようにしないと!






抱っこをすれば顔を擦り付けてくるかわいいレオーン


そろそろ里親さんを募集したいと思います


よろしくお願いします!




問い合わせ → otacats2@yahoo.co.jp















シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々/KADOKAWA/メディアファクトリー
¥1,188
Amazon.co.jp

ある餌場                                                                                                                            ... 続きを読む


ある餌場 

                                                              

                                                             

                                                              













入り口破壊


アライグマです


猫はもちろん入りやすくなりますが


アライグマも入れるようになるのは困ります


この場所は何度も壊されているのを


その場しのぎで対応してきました




アライグマの栄養状態を良くする事は


猫の生活環境を脅かすことになるのです



浪江の赤間さんが 


捕獲器を仕掛けてもアライグマばかりが入ってしまうと嘆いておられました


なぜ増えているのか


食べ物があるからなんですね


なるべくアライグマにキャットフードを食べさせないようにしなくてはならないのです


アライグマは子猫などを狩って食べることもあると聞きます


そして増えたアライグマは結局は駆除の対象です


このままでは誰も幸せにならない


アライグマ対策をしっかりしていかなくてはと改めて思いました















ということで


新たに入り口を現場で製作


サイズの問題でその場で合わせながらの製作


誰もいない場所にノコギリの音が響きます














サイズちょっと狂った (右の隙間が開いてしまった)


おかしいなあ 完璧だったはずなんだけど


でもなんとか帳尻は合わせました(笑)


これでよし!















そのままこの場所で車を止めて おにぎりを食べていたら


ミラーに映るシロネコさん













さっそく来てくれましたよ


うれしいなあ













そっと車を降りて撮影


気づかない(笑)












はっ




さすがに何枚か撮影していたら気がつきました















これはまずい!















にげろー!













ぴょーん




見事に伸びてます





ごめんね驚かせてしまって














その後 赤間さんちにお邪魔




未だに人馴れしている子たちが保護されています


彼らは私たちを許してくれるでしょうか
















この長毛三毛ちゃんも人馴れしています


最近保護された子


私たちはこの子に詫びなければいけません












右後ろ足が罠によって切断されています


どれほど辛かったことでしょうか














それなりにかわいがられ人と関わって生きてきて


ある日突然放置されて5年が来ようとしています


そして人間の仕掛けた罠に捕まり


足を切断して自力で逃げ


かろうじて命をつないできた子



そんなに辛い思いをしてきたにも関わらず


私たちを恨むことすらしないで心を開いてくれています


この子がこの先幸せにならなければ


私たちは地獄に落ちるのではとさえ思ってしまいます





私たちは


福島でとんでもない間違いを犯していることを


もっと自覚するべきではないでしょうか


















一目散で逃げるシロネコ


赤間さんに報告しておいたら


翌日 赤間さんから連絡が来ました


「あのシロネコ 無事に保護しましたよ」




浪江でただひとり


私たちが犬猫に対して犯した罪を償いながら生きている赤間さん


私も出来る限り応援し そして自分も動いていきたいと思っています













--- お知らせ ---




『のこされた動物たち報告会 --5年目の今--』



今年はあの悲劇が起きてから5年目


東京は成城学園前にて報告会を実施したいと思っています


あの悲劇を忘れないためにも




3月13日(日) 13時~15時くらいまで


場所は小田急成城学園前駅下車1分半 


珈琲沙羅(喫茶店)


30人くらいの規模です


お申し込みはこちら → otacats2@yahoo.co.jp


大変申し訳ないですが会費を500円お願いします


この会費はすべて会場代に充てさせていただきます











のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp


浪江町の 「えさ台」 活動です                                                                                                                 ... 続きを読む



浪江町の 「えさ台」 活動です 

                                                             

                                                                

                                                                  












踏み切りの真ん中で止まってみる


電車は来ないのは分かっているけど


なーんか落ち着かない




北のほうを見てみると


除染が済ませてあって結構きれいでした





現在 北は南相馬市の原ノ町駅までで止まっているJR常磐線


今年の春には ひとつ伸びて小高駅まで開通するそうです


ここ浪江まで来るにはさらにあとふたつ


桃内駅 浪江駅の順番になります













回れ右して南側の浪江駅を見ます


除染はまだですね


気が遠くなるほどの


時間と手間とお金がまだまだかかっていきます
















さて「えさ台」


以前から数箇所壊れているという情報を聞いていて


今回は午前中に浪江までやってきました


午後には南相馬も行かなければいけません


時間がないのです













赤間さんが考えてくださったのでしょうか


アライグマに手を突っ込まれて


餌入れを引っ張られないようにゴムバンドが


ちょっと頭を使えば手間をかけなくても対処できるのですね












除染が終わった公園


見違えるほどスッキリしましたよ



そんなきれいな公園に似つかわしくないものが・・・











「えさ台」・・・


いずれお洒落なものを作らねばなりませんね














入り口が広がっています


根気良くアライグマが ガジガジしたんだろうなあ















入り口交換!











鉄で作ってくださった この支柱


ブタ野郎はそれすらも ひん曲げてしまうのです













夏場は得体の知れない虫が降ってきたこの木


冬のいいところは虫がいないこと(笑)














長い間 壊れていたのを騙し騙し使用していたところ


やっと新しいものに交換できました
















齧れるものなら齧ってみろ












見かけたタヌキ


なんか弱弱しかったなあ










この子なんか疥癬で毛が抜けていました


寒いだろうなあ














後ろ部分に穴が













案の定 手を突っ込まれて食べられています













板を交換しました












前回新しいものと交換した場所


低くなってしまいましたが大丈夫そうです


このあたりはイノシシがいないのかな













権現堂集会所


裏に新しく設置してみました


表には以前から設置しているのですが


目立つのと いまいち場所的に上手く設置できていないので


問題なければこちらにしたいと思っています














希望の牧場入り口


猫がいることが分かっていて順調に餌がなくなっています


少し減りが早いのはハクビシンか何かも食べている可能性があります




中に入って行きたかったけれど


時間がなく今回は入り口だけで失礼いたしました


また来年お邪魔したいと思います














浪江町で見た田んぼの除染


こちらをまた田んぼで使うとして


誰が稲作をするのでしょうか


浪江町の避難指示解除準備区域に


帰って来られるようになるのが早くて来年


あと1年以上あるわけです


今まで稲作をされていたお年寄りが


改めてイチからやるモチベーションを保っておられるのか


若い人たちはとっくに他に仕事を見つけておられるでしょう


仮に稲作を再開できたとしても誰が買ってくれるのでしょうか



しかし除染はやらないわけにはいけないのです


無駄でも何でも少しでも可能性があればやるしかないのです


日本の一部を住めない使えないまま残すわけにはいけないのだから















のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

待ちつづける動物たち 福島第一原発20キロ圏内のそれから/飛鳥新社
¥1,404
Amazon.co.jp

のこされた動物たち待ちつづける動物たち(2冊セット)/飛鳥新社
¥2,808
Amazon.co.jp

あけまして おめでとうございます                                                                                                                ... 続きを読む


あけまして おめでとうございます

                                                            

                                                               

                                                                  

                                                                  







東京のお天気は晴れ 


とても穏やかな元日となりました














昨夜は寒かったのでミヨコハウスからでてこなかったミヨコさま


(しょうがないので寝床にごはんをお届け(笑))


今日もお届けしようかと思ったら 出てきて日向ぼっこ



今年も元気で過ごしてね




















雲ひとつない元日の空に浮かび上がった猫たち


昨年は私の大事な子が2匹同じ月に逝きました


寂しいけれど立ち止まっているわけにはいきません


君たちの仲間のために今年も頑張るね









2016年 元日