うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2015年12月

とらまるは                                                                                                                           ... 続きを読む


とらまるは 

                                                       

                                                            

                                                          





レオーンが苦手のようです













スピー




ここは冷蔵庫のとなりの買い物カゴ


まるがとらと一緒に避難しています




夏場は涼しいのですが


この季節はちょっと・・・


でもレオーンを避けるためにはしょうがないのです















はっ





撮影に気づきました
















でもまた スピー







ごめんよ


もうちょっと我慢してね









私に甲斐性がないばかりに


とらまるには負担をかけてしまって


本当に申し訳ないと思っています

















シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp

東京に戻ってまいりました                                                                                                                    ... 続きを読む


東京に戻ってまいりました 

                                                              

                                                             

                                                          


行きが7時間(笑)


風が強い日でスピードが出せず怖かった


新東名はそれでなくても風がよく吹きますしね



帰りはそれなり(笑)の時間で帰れました















レオーンはもう怒らなくなりましたよ


抱っこも モフりも チュウも し放題





但し 夜中の部屋からの脱走があったりしてちょっとびっくり


私の部屋の窓の鍵が開けられていました


下部のロックを二重にしておいて良かった・・・


とらまるしろとはトラブルはなかったようです




レオーン家猫修行は まだまだ続きそうですね








今週末12日(土)にレオーンは法的に私の猫になります(笑)


嬉しい反面 飼い主さんはどうしているのかと複雑な気持ち


一番は飼われていたところに戻ることですが


もし脱走していたのなら脱走防止を徹底的にしてもらわないといけませんね


そして もし捨てられたのなら・・・


レオーンが幸せに暮らせる場所を見つけてやりたいです













シンクロ姉妹猫 うちのとらまる (タツミムック)/辰巳出版
¥1,296
Amazon.co.jp


関西に来ています                                                                                                                        ... 続きを読む



関西に来ています






                                                              

                                                                








レオーン


いけてますよね











つづく









今日から週明けまで関西へ あらかじめ作成しておいたのをアップしますね                                                                                               ... 続きを読む



今日から週明けまで関西へ

あらかじめ作成しておいたのをアップしますね
                                                              
                                                                
                                                          




前回 右上に明り取りを残したことが仇となりました


レオーンは上まで登り


明り取りのために少しだけ残した隙間から


窓とベニヤ板の間に入り込み朝を迎えていました


とほほ




 


撮影どころじゃなかったので写真がないのです


申し訳ありません



















完全に塞いだ




さすがのレオーンも今度はどうにもならない


でも なぜかカーテンレールの上に登っている(笑)


こいつの身体能力は凄いものがあります


とらまるじゃ考えられない
















昼間のレオーン






寝るなーーーーーー!


寝るんじゃねえーーーーーー!









つづく











外に行きたくてしょうがないレオーン                                                                                                               ... 続きを読む


外に行きたくてしょうがないレオーン

                                                               

                                                                

                                                               













窓際から離れません





そして前回ご紹介したように


鍵を開けようとするわガムテープは剥がすわで


執念を感じました






このままではイエネコ修行など夢のまた夢


なんとかしなければと

















ベニヤ板で塞いだ


さすがに全部塞ぐと真っ暗になってしまうので


明り取りに上のほうは空けてあります


















レオーンは上に登った


そして齧ってある
















さらに剥がしやがりました・・・






あかん


これではあかん



















ほぼ塞いだ


右上にわずかに明り取りで空けてあります


まったり用クッションを心を鬼にして外しました


これでもう窓際にいることは出来なくなります








さてどうなるでしょうか


結果は次回に














暴れるのはいいけど怪我しないでよ




レオーンは現在 昼間たっぷり寝て 夜中に大暴れ


かんべんしてくれー




でも負けない!













なんてね                                                                                                                            ... 続きを読む


なんてね

                                                             

                                                                

                                                               




今回の松村さん宅の訪問は ショッキングなことが3つあったのでした






まずは福島最後のダチョウ モモが亡くなったこと


そして まあこれは私にとってですが さびがしろを襲うようになったこと


あれほど仲が良かったのになあ


またさびの気持ちが変わる時が来るのかな


そう願っています





そして最後のひとつは・・・















その前に さびファミリー


右にいるのは ちびさび


黒い子もそうですが とても人懐っこいです











一方しろは














家の中に入れてもらっています


理由は外に出すと さびが執拗に追っかけるから


しろも本当に怖がっているそう





なんでこんなことになってしまうのでしょうね


















よし 


しろ 散歩にいくべ





牛に餌をやりがてら


さびを家の中に入れて しろの散歩の時間をとってくださいました


















しろは時々止まって 左後ろ足を気にします




理由は 左頬がかゆくって傷になるくらい掻いてしまうのです


それで爪が当たらないようにテープが巻いてあるのです(笑)


















でもまた足のテープのことなどすぐに忘れて外を楽しむ しろ


















この餌は北海道産


酸っぱい匂いがして とても良い餌だそうですよ


牛たちの食いつきも良いとか


ウィズキャトルが北海道まで行って手配した餌


輸送費はかかりますが 何とかこの冬の分は支援金で賄えるようです













またテープが気になりだした しろ


頬の下あたりがひどいことになっています


最近 病院にも行って薬を出してもらってきました


















ブキー! ブキキーーー!



!!



平和な空気を引き裂くような悲鳴


豚系の鳴き声です








何ごとかと松村さんと一緒に声のするほうに向かいます























石松!



そしてその先にはイノシシが!





そういえば散歩に出る前


石松は散歩のために放してもらっていたのでした

















逃げようとするイノシシを執拗に追いかけ


くわえて川に引きずり込む石松




石松は甲斐犬の血が流れている狩猟犬


こういうことをしても不思議ではない


それでもこんなことは松村さんも初めてだと仰っていました















額の横の皮がベロッとはがれています


あと おしりの皮もはがされていました




石松! やめろ!



松村さんが声をかけますが


戦闘モードに入った石松には届きません














どしたのー?


しろもやってきました







ダメだって!


巻き込まれたらどうするの!



この時 まだ距離があったのが幸いして


しろは巻き込まれずに済むのですがヒヤヒヤしましたよ















ギャー!


川から上がってこっちへ来た!














やめろって!




松村さんが止めるために追いかけます




これは松村さんはイノシシの恐ろしさを良くご存知だから


このイノシシはまだ子供のようで大きさも石松と同じくらい


大人のイノシシなら鋭い牙も持っています


石松も一対一で戦ったらひとたまりもないでしょう














行っちゃった・・・















松村さんは50mくらい離れた場所で やっと石松たちに追いつき


石松を確保





ほら 行け!





イノシシを逃がすために声をかけます














ひいいいいい!



またこっちに来た!
















私の前を通り過ぎ


怪我をしたままイノシシは藪の中へ















興味深そうに佇む しろ


ふー 巻き込まれなくて良かった









猫たちにはあんなにやさしく そして人懐っこい石松もこうなる時があり


ずっと仲良しだと思っていた姉妹猫 しろに対する さびの心変わり









彼らを解ったような気になっている自分が


まだまだ甘いと思い直した富岡での出来事だったのでした















しろさびとまっちゃん 福島の保護猫と松村さんの、いいやんべぇな日々/KADOKAWA/メディアファクトリー
¥1,188
Amazon.co.jp