うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2014年04月

どうなってるの?                                                                                                                        ... 続きを読む



どうなってるの?

                                                         

                                                           

                                















暑くなると見られなくなる風景


また冬までおあずけです


















「えさ台」の時間がやってまいりましたよ                                                                                                             ... 続きを読む




「えさ台」の時間がやってまいりましたよ


                                                             

                                                                

                                                        















2週間 間が開くと ちと厳しい


フードは空っぽ状態ですね


しかし しょうがない


できる事を できるだけやるしかありません

















こちらもエンプティ


うーん アライグマじゃないような気がするのだけどなあ














空っぽこりん


おまけにトラックも移動させられていました


すっきりしちゃって













この建物は残してもらえるのでしょうか


このあたりに猫は結構いるのですが















こちらも もう少し高くしたいのだけど


勝手に踏み台を置くわけにもいかないし














次のお宅


高くしないと こういう事になるわけですね













場所を移動して高くしました


踏み台は お宅にあった物を使いました


これで車も駐車できますね













ここはアライグマもイノシシも現れていないんじゃないかな


蓋のない初期型で ずっと行けています













次の場所


アライグマが必死に手を差し込んで


フードを手繰り寄せようとしています


すごい爪の痕














少しでも奥に置くためと


猫が頭を入れ易いように斜めにセットします













引き続き頑張ってくれ













壊されはしていませんがフードは空っぽ













右奥に「えさ台」

















でたイノブタ


奥が父親


手前は母親




イノシシとの交配で茶色のウリ坊も混じっています


耳が垂れているから お父さんは間違いなくイノブタ














子供を守るために逃げない母親


耳を見るとこの母親もイノシシとのハイブリッド?





すぐ近くに「えさ台」があるのだけどなあ


まずいなあ
















大熊町


破られました


フードは残っていません

















補強
















そしてこちらは25日から行きにくい場所になってしまった所


この時は23日ですから まだ大丈夫でした


次回 挑戦してみますが はたしてたどり着けるか




念のために高い位置にセット


住民の方の許可を得て 柱に木ねじを使用させていただきました


踏み台も作って これでOK・・・かな?

















こちらも大熊町 帰還困難区域


破られてしまった













補強













何としても これからも行ってやりたい


次回 頑張ってみます















ストリートビューの場所















ここもフードが空っぽ


穴を小さくしてみました












浪江町 山本牧場


イノシシに破壊されていましたので新しいものと交換


ちょうどご主人も帰って来ておられ


少しお話させていただきました


いつも飲み物をいただき ありがとうございます













あった!


前回イノシシに吹っ飛ばされていた場所ですからドキドキでした


やはり少し高さを上げることが効果があるようです














横に重機があって それを踏み台にしてもらってましたが


重機が移動されなくなっていました


しょうがないので応急で踏み台を製作




しかし今日 南相馬の猫おばさんの吉田さんから


この固定している柱を撤去するから外して欲しいと連絡が


次回 移動できるか見てくる ということになりました














「えさ台」も何もないところで出会ったオス猫


それほど痩せてもいない


君は何を食べて生きてるの?


なんとか君にもフードを食べさせてあげたいと思うけれど


現状では人手が足らなくて「えさ台」も増やせません


給餌のメンバーを募集しています



「誰のためでもない ただ猫のために」



どうか行動してくださる方 お待ちしています











マーラ元気でやってます                                                                                                          ずんずんずんもう う ... 続きを読む




マーラ元気でやってます



                                                   

                                                       









ずんずんずん




もう うちの中を我が物顔で歩き回るマーラ


私の横を通り過ぎる時は 小走りです(笑)







そして















シロおばちゃーん


ゴンッ





相変わらずです


とらにもしますが 少し怖いみたい(笑)













何よ! いつもいつも!













ぱしぱしぱし!



あうっ














なんか悪いことしたかな・・・













こんなマーラを


優しく包み込んでくれる猫ちゃんがいるお宅


ありませんか?





マーラは里親募集中です


よろしくお願いいたします









しろさびより  しろさびと日和をかけていますよ                                                                                                         ... 続きを読む



しろさびより  


しろさびと日和をかけていますよ

                                                             

                                                                

                                                               












しろさびは元気でやってましたよ


交代で お乳を与えているので


なかなか ふたり一緒ってわけにはいきませんでしたが


気分転換がしたかったのか


なんと私と散歩をしてくれました















太陽気持ちいいー














「またこんなの食ってー!」




さびは狩りが上手い


さまざまな小動物を捕まえます














おじいいちゃんに毛づくろいしてもらいます


気持ち良いので離れません













元気に子育てができるようにと預かって行ったフード


しっかり食べていましたよ















おいしかったー




しろは朝からたらふく食べたので この時は食べず(笑)














ダチョウのモモと


何か起こるのではないかとヒヤヒヤしましたが



松村さんいわく


「ダチョウに捕まるような猫じゃないって」


らしい



安心しました













今年もツバメがやってきました


しかし毎年カラスに襲われ 雛が巣立ったことはないそうです


















散歩の途中


さびが何か見つけました













なんだこれ


フンフン




しきりに匂いを嗅いでいます









フレーメン! (笑)















ころころ



猫のこの仕草は反則















雨が降ってきて雨宿り




石松と さびは柄が似ているから兄妹みたい












バリバリ



穴が開くと まずいんじゃないの?


ラップは何重かで巻かれているから しろの力くらいじゃ大丈夫














しろさびの赤ちゃんたちは5匹ずつで合計10匹


さびの出産が しろの5日後でした


現在はふたり交代で仲良く一生懸命育てています


子育て場所は部屋の隅のダンボール箱にやっと全部落ち着きました


それまでは しろが咥えて外に出したのを


さびがまた咥えて元に戻したり いろいろあったようです(笑)


微妙な時期なので私はまだ覗いていません




次回くらいには見られるかな


楽しみです








希望の牧場に希望はあるのでしょうか                                                                                                               ... 続きを読む







希望の牧場に希望はあるのでしょうか

                                                               

                                                                  

                                                            



















先日あった看板の破壊事件


本当に真っ二つにされていました


この行為をした人間は これで何を得たのでしょうか


この破壊事件前にもあった 火の気がないところのボヤ騒ぎ


旧警戒区域は依然として空き巣盗難などが発生しています


人の住めなくなった地域は やはり治安も行き届きません


これ以上 何もないことを祈るばかりです

















そのとばっちり? を受けた「えさ台」


本体は希望の牧場スタッフがしっかり保管していただいています



ブタ野郎たちにしょっちゅう破壊されているこちらとしては


正直それほどショックもありません(笑)


また設置するのみです














どうせなら対ブタ野郎(イノシシのこと)対策で


高くしたものを設置させていただきました


地上高120cm


おのぼりさんver.1.0も設置


問題は猫ちゃんが登ってくれるか


さらに ひ弱なおのぼりさんが動物の猛攻に耐えられるのか


見守りたいと思います


















「えさ台」設置が完了し牧場内に車を進めると


電源&溶接トラックが道を塞いでいました


希望の牧場代表の吉沢氏が何やら作業をしています


赤い建物は 広報センター? ビジターセンター?


なんか建物の名前があったような気がしますが


中には牧場を理解していただくための資料やパネルが置いてあります


牧場を訪れた方々はこちらを是非ご覧くださいね















振り返ると 牛の餌


それほど多く感じません


牛の餌支援団体ウィズキャトルが頑張って餌を集めていますが


先のことを考えると不安を感じます

















作業を少し中断


お話を伺います




「一緒に頑張ってきた農家さんたちの中から」


「心が折れてしまった人がいるんだ」


「これからもっと厳しくなっていくだろう」




すでに殺処分されつつある牛たちがいるようです


3年


毎日毎日の世話ですから本当に長い期間ですね


余程の強い意志がなければ続くわけがない




いつも明るい吉沢さんの顔が曇ります





しかし


希望の牧場は-- 


の問いに




「うちはやるよ」


「訴え続けるよ」




餌は心配じゃないですか--




「集めるしかないじゃないか」


「何とかするんだよ」



仲間のリタイヤには顔を曇らせた吉沢さんですが


自分の事に関しては迷いも何もありません


















少し休憩したのち




「おっそうだ餌箱取って来てやるよ」


と言って外に出て


牧場内移動用スクーターで牛舎のほうへ

















「ほらよ」




すみません お手数かけました


ありがとうございます














すっかり日が落ちています


しかしまだまだ作業はするようです















破損は軽度だったので すぐに再生できそうです


大事に保管していただき ありがとうございました



















看板の取り付け














単管パイプの溶接


マスクなしだから吉沢さんの顔が焼けていました














ほぼ真っ暗になり


これ以上お邪魔するのも申し訳なく帰ることにしました


吉沢さん


本当にお疲れ様です
















牛たちは自分の身に何が起こっているかもわからないのでしょう


餌を一生懸命食べています


吉沢さんは餌をケチりません


先のことを考えセーブしているのかと思えば そうではないようです


とにかく牛たちを飢えさせない


もちろん食い負けする弱い牛も出てきますが


餌があるうちは腹一杯食べさせる


そういう主義のようですね




世間はゴールデンウィークに入ります


もちろん自分の生活優先はわかります


でも


福島の地で ぎりぎりで生きている命があること


それは忘れないでいただきたいです


そして どうすればいいのか


国や大きい力に流されて生きるのではなく


自分たちの頭で考えなければいけないと思いました










ここは浅草                                                                                                                           ... 続きを読む



ここは浅草

                                                               

                                                              

                                                               









友人のカメラマンが写真展をしています


猫とるカメラマン 上村雄高 氏 の写真展です




福島県飯舘村


原発20キロ圏の外にあっても 


風向きのせいで村が高濃度に汚染されてしまい


計画的避難区域に指定され人が住めなくなった村


村の指示で避難所や仮設住宅にはペットは連れて行けず


何百という犬猫が置き去りになってしまいました


現在ボランティアさんたちが定期的に村に通い


住民の方々と協力しながら給餌活動を行っている場所なのです


飯舘村に残され 飼い主たちを待っている犬猫たち 


その彼らを撮影し続けているのが上村氏です


今回の写真展は福島の飯舘村に残された犬猫がテーマです





















入館料が 猫や犬の食べ物という 変わった写真展


私 AD缶を用意しておいたのに 家に忘れてきたという間抜けさ


しょうがないのでコンビニで黒缶を購入


これで安心して会場に行ける(笑)


観音通り商店街のマスコットは招き猫








浅草は懐かしい


余談ですが


以前 NHKの朝ドラ「こころ」(2003年)の舞台となった場所


ちなみに こころ演じる主演は中越典子さん


このドラマのエンディングで毎回数秒映る写真を担当していて


「わが町のこころ」という二代目女性店主を撮影して歩いていました
















さて 缶詰を買うことがなかったら普通は


地下鉄浅草駅 A5出口を出て右に10mも歩けば現れる


「ギャラリー エフ」


http://www.gallery-ef.com/


「蔵」をそのまま利用した和の造りです


こちらが今回の会場なのです














ありましたよ


表には大きいポスターが出ていました




















こちらは 「ギャラリー エフ」 責任者の IZUMIさん


震災後 残された福島の動物たちに関心を持っておられ


ご自身も飯舘村に通って給餌保護活動をされている方なのです






お店の中は手前がカフェになっており


奥が写真展スペース


左側の壁にも写真は展示されています














蔵の2階部分















そして1階








----------------------------------------------------------------------

カメラマン 上村雄高氏



犬や猫たちは現在 人間が住めなくなっている場所に置き去りにされています


飼い主の住民が時折戻って来て世話をしますが 毎日の世話には程遠く


それをボランティアさんたちがサポートしカバーしている状態なのです


彼らは私たちが飼っている動物たちと何も変わりません


ちゃんと名前もついていて人間とともに生きてきたペットなのです


どうか皆さん


これを遠い所で起こった悲劇で済ませるのではなく


自分の問題として捉え どうすればいいのかを考えて欲しいのです



----------------------------------------------------------------------





上村氏が撮影した かわいらしくも切ない犬や猫たち


それぞれ 「名前がある」 子たちに どうか呼びかけに来てやってくださいね







『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』


http://nekotoru.com/299/?p=9300



上村雄高氏ブログ

今日 初めて聞いた松村さんがダチョウのことを「モモ」って言ってた!                                                                                               ... 続きを読む


今日 初めて聞いた

松村さんがダチョウのことを「モモ」って言ってた!
                                             
                                       
                                        
                                         
今まで名前なんかねえべ って言ってたのですよ

これはめでたい!









これで堂々とモモって呼ぶことができます









さてモモ動画です

今回は貴重なモモの声入りですよ

私はダチョウの声を初めて聞きました












モモは本当に良く懐いています

ちなみにメスですからね

オスのダチョウはヤバイですが

モモは温厚ないい子です













幸せなんだね

















震災前は30数羽いたといわれている福島のダチョウ 

最後の生き残り モモ

松村さんは大変で申し訳ないけれど

余生をゆっくり過ごして長生きして欲しいですね






片手ひこうきだっこ (と呼んでます)  まるは外に行ける嬉しさからか こんな抱き方でも文句は言いません                                                                             ... 続きを読む



片手ひこうきだっこ (と呼んでます)  


まるは外に行ける嬉しさからか こんな抱き方でも文句は言いません

                                                               

                                                                 

                                                                

                                                            












ちょっと手がプルプルするけど


半袖ですと お腹の毛が気持ちいいのです


















外は気持ちいいね






















本日 希望の牧場入口の「えさ台」再設置完了


対イノシシ用に高い場所に設置に加え


「おのぼりさんVer.1.0」 も設置させていただきました


はたして猫たちは この「えさ台」に気付いてくれるのか


「おのぼりさん」はイノシシの猛攻に耐えることができるのか


見守りたいと思います












まーちゃんです                                                                                                                         ... 続きを読む



まーちゃんです





                                                                  

                                                                  

                                                                




くんくん












あ ぽーおじさん


最近少しだけ仲良くしてくれる















シロおばさーん



ゴン


あうっ



でた マーラの愛情表現 頭突きアッパー














一瞬ひるむシロップ













ぱしっ











今日という今日は もう許さないからね!


ぱし ぱしっ












ひい














おかしいなあ





シロが何で怒ってるのか サッパリ分からないマーラでした








猫大好きマーラは里親様募集中です!


お問い合わせはTOPにあるメールアドレスにてどうぞ!












福島 そろそろ行かないと ってことで準備に励むワタクシ                                                                                                     ... 続きを読む



福島 


そろそろ行かないと 


ってことで準備に励むワタクシ



                                                             

                                                                  

                                                                


ちらほらと「えさ台」が破壊されている情報も来ています


早く設置し直さないと その間猫たちは餌にありつけません


といって250キロ離れた福島にホイホイ行くわけにもいかず


高速代もガソリン代も値上がりですからね


月3回が2回になるのもしょうがないかも











作業を見守るミヨコさま 決して機嫌が悪いわけではありません(笑)







今回 大熊町の帰還困難区域のバリケードが変更され


今まで何とか行けていた給餌が 行けなくなる可能性が出てきました


もし行けたとしても かなりの大回りになり時間のロスは免れません



そんな状況で頻繁に「えさ台」が壊れているわけもいかないのです


何とか壊されない「えさ台」を ということですが


頑丈にするためにはお金と手間がかかりすぎます


となると残った手は


やはりブタ野郎(イノシシ)の届かない高さに設置するしかない


コストを考えると これが一番現実的


しかし高く設置しても猫たちも登れないのではまずいですね










そこで!









新しく開発した 「おのぼりさんver.1.0」 を発表させていただきます!



























・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


















・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






この精度


このセンス




あたしゃはずかしいわ
















街の灯りが~とてもきれいねヨコハマ~♪ (鼻にかけて唄う)                                                                                                   ... 続きを読む




街の灯りが~とてもきれいねヨコハマ~♪ 

(鼻にかけて唄う)


                                                     

                                                             

                                                                


ヨコハマといえば この曲が条件反射で出てくるお年頃のワタクシ


うちから1時間ほどで行ける距離ですが


どうも異国情緒あふれるヨコハマは敷居が高い感じがします


銀座が似合うワタクシですから


ちと方向性が違うのかもしれません



と 意味不明な話で盛り下げておいて本題




昨日は横浜で開催された


「福島原発20キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト写真展@横浜」オープニングパーティー


に参加させていただきましたよ














「元町・中華街~ みなとみらい線終点です~」


こんな線があったのですね


これが 【埼玉--渋谷--横浜】 を一直線に結んだといわれる横浜側の終点


自由が丘から急行に乗車したら あっという間に着いてしまいました

















長い地下通路を歩いて中華街1番出口まで来ました


振り返って駅の方向を見ていますが もう改札などは霞んで見えません


しかしこの駅が 中華街 山下公園 元町 の最寄の駅なのです
















地下通路の突き当たりにあった


江戸末期 横浜が開港したときの図でしょうか


アメーリカさんが上陸してきていました


開国派の私には大変喜ばしい出来事でしたね













地上に出ると目の前に 極彩色の中華街東門


ヨコハマキターって感じです


しかし口をついて出るのは 「街の灯りが~♪」


これしかない


決して 「よこはま~たそがれ~♪」 ではないのです!


ま どっちもどっちですけどね


分かりやすく言うと たとえば地中海を見たら


ジュディ・オングの「みなみ~にむい~てるま~どをあけ~♪」


がすぐ出てくるのと同じようなものです


(たとえにもなっていませんが しかもこの歌の舞台はエーゲ海だったし)


ま 余談ですがね!






今回はパーティーに参加してみたいと仰っていたアンニイさんと


少し早めに待ち合わせして中華街をブラブラしようって話でしたが生憎の小雨


萎えてしまい 東門を入ってすぐにあるサンマルカフェでおしゃべり


その後 オープニングパーティーに参加した次第




アンニイさんブログ「幸せの703号室」


http://love.ap.teacup.com/kazumi55/


こちらでも記事にしていただいています













こんな感じでした


終始和やかな雰囲気で楽しいひとときを過ごしましたよ





おーあみさんと初めて会ったのは2011年3月31日


原発30キロ圏内の南相馬市でした


市民は自宅待機避難中で殆ど姿は見えず


市内を自衛隊車両が行き交っており


また戦場に来てしまったのかと勘違いするような風景の中での出会いでした



線量計も何もなかった初期の頃


被ばくの恐怖と戦いながらの活動だったと思います


一緒に活動させていただいて感じたのは


彼女の意志は表に出るような激しいものでなく


静かに強く そして いつも冷静でした


数々の悲惨な光景が目に飛び込んできても


決して取り乱すことがなかったことを覚えています


犬猫の発見 保護の可能性の判断 実行 保護成功なら連れて帰り


不可能なら餌を置き次へ これの繰り返しの活動でした


それは彼女が意識的にではなく自分を守るため


自分の活動を続けるために無意識にそうなっているのではないかと感じました


いちいち感情的になっていては とうてい続けられない活動でしたから・・・




そしてそれは今も変わることなく 大げさに騒がず 静かに熱く地道に


保護した動物たちの治療や里親探し活動を続けておられるのです













挨拶中の上村くんとおーあみさん



店内には一列ずらっと展示された猫写真パネル


過酷な状況で保護された猫たちですが


ほんわかしたシチュエーションの中で見せる猫たちの表情


この写真たちは何?


まあ カメラマンの腕もあるでしょう


くやしいけど上村くんの写真はいい


室内でも外でもどんな状況でも同じ「雰囲気」「空気感」が出せるカメラマン


なんか優しく その優しさがふと切なくなる そんな写真たちです








おーあみさんが福島でレスキューしてきた猫たちは


おーあみさんのご自宅を改造した「おーあみ避難所」に保護され


病気の子達は治療し 健康な子達は里親を探す活動を


有志のボランティアさんたちと協力して運営しているのです



その活動をサポートしておられるのが カメラマンの上村雄高氏


今回 避難所にいる現在約40匹いる猫たちの中から


個性的な猫をピックアップし


表情豊かな猫たちを上村氏独特の柔らかいタッチで撮影しています


もともとは飢餓の厳しい状況の中保護された猫たちですが


ボランティアさんたちの手厚い看護や日々のお世話で


すっかりシヤワセねこに変身している子たちのパネルは


きっとランチやお茶の良いお供になることでしょう



04月18日~05月01日まで 「カフェフラワー」にて開催中です


http://www.cafeflower.info/gallerycloseup07.html











ブログ更新のための 無理矢理の一枚(笑)                                                                                                             ... 続きを読む



ブログ更新のための 無理矢理の一枚(笑)





                                                            

                                                                

                                                           








本日は おーあみ避難所パーチーのため 


夜遊びをしてしまいました















唐突ですが(笑)                                                                                                                         ... 続きを読む




唐突ですが(笑)


                                                        

                                                              

                                                             

                                                          














飼い主の贔屓目も含めると


5割り増しで 通常の猫より150パーカワイイです


ポラロイド風の加工をしてみました







とら?


このとき じっとしていなかったので写真はありません(笑)















かわいい シンクロとらまるが掲載されています


5月号発売中!









浪江町  帰還困難区域のお宅に仕掛けたカメラです                                                                                                        ... 続きを読む



浪江町  

帰還困難区域のお宅に仕掛けたカメラです
                                    
                                          
                                            
                                      









こちらですね









イノシシに破壊はされましたが

それまではしっかり機能していたことが

監視カメラの映像で分かりました

どうぞご覧ください











破壊さえされなければ・・・

残念です














そして このようにまた設置してきましたが

これでも低いかもしれません

上れる台さえあれば猫たちは大丈夫だということが分かったので

イノシシがとどかないように うんと高い位置に設置することにします

いい踏み台を探します

こちらの場所のように現地にあるものだと助かりますね









今日はデジタル写真の処理についての お勉強会に行ってまいりました ずっと自己流 何となくの雰囲気でやって来たことに限界を感じまして・・・                                                            ... 続きを読む



今日はデジタル写真の処理についての お勉強会に行ってまいりました 


ずっと自己流 何となくの雰囲気でやって来たことに限界を感じまして・・・

                                                                 

                                                              





写真って真実を写していない・・・


ウソです ウソ


これは今に始まったことではなく


フィルムの頃からもウソでした


モノクロなんか黒と白しか色がありませんし


カラーにしたって絶対真実の色を再現できませんしね


まあそもそも真実の色ってのも良く分かりませんが



これがさらにデジタルになって やれることがいっぱいあって


もう完璧にウソになってしまいました


でも何もやらなければ真実かっていうとそうでもありません


肉眼でクリアーに見えているものも撮りっぱなしではそうでもない


やはり肉眼で見たものに近づけようとする加工をしなければいけないのですね





暗いものを暗いまま 明るいものを明るいまま撮影してしまうと


暗すぎたり明るすぎたりして 何が写っているか分からなくなります


カメラだけではそれに近づけることは厳しいからPCで補正するのです


するしかないのです






うーん ドキュメンタリーだってのにどうしようか・・・






では「ドキュメンタリーっぽい」 ということでお願いしておきますかね


なるべく真実に忠実にはする努力はしますけれど


時々は作者の好みで手が加えられることがあると


その場で肉眼で見ているものとは違うことになることをご了承くださいませ





なんか今日 練習でいろいろ画像処理をしていて煮詰まってしまったのでした


何がいいのか分からなくなってしまった(笑)













なるべく嘘をつかずに正直に


とらまるが素晴らしいのは紛れもない真実です!








っちゅうことで


これからも頑張って写真を撮っていきたいと思います


よろしくお願いしますね


















猫びより5月号発売中


うちのとらまるを紹介しています














本日 募金から福島からの保護猫の医療費をお支払いしました お金は必ず領収書と引き換えにしておりますので どうぞご安心ください                                                                  ... 続きを読む



本日 募金から福島からの保護猫の医療費をお支払いしました 


お金は必ず領収書と引き換えにしておりますので どうぞご安心ください

                                                                

                                                                   

                                                                




----------------------------


2014年2月24日



募金   640,727円


運営費 120,466円



---------------------------





こちらから


78,570円


支払いました







--------------------------



2014年4月14日現在



募金   562,157円


運営費  120,466円



-------------------------










先日 浪江町で赤間さんが保護されたアビっぽい子猫


TNR・・・リリースするには忍びないですね・・・












こちらのお金は募金で集まったお金です


これは写真展や報告会で来て下さった方からお預かりしたもののみで


普段は募金は全く募っておりません


そしてその募金活動も もう去年より中止しております


このお金は私が使用するのではなく


ご自分で募金を集めていず


自腹で頑張っている個人ボランティアさんに


領収書と引き換えでお渡ししています



もう一度書きますが


こちらの寄付していただいたお金は 私は一切使用していません


私の活動は3年前から自分の力のみでしている


細々としたものだということをご理解ください



募金に関して誤解のないように記しておきますね


(運営費は「のこ動」「待ち動」の売り上げの利益から使用しています)




そんな人間ですから私はお金に関しては ちとうるさいですよ(笑)










やりました!ブログでの呼びかけに応じて御二人の方が名乗り出てくださいましたよ 「猫たちのために」その想いで参加くださいました右 かじさん と 左 もいさん私が勝手にそう呼ばせていただいています今回は初めての給餌ですので一緒に回りました「えさ台」の作りはシ ... 続きを読む



やりました!


ブログでの呼びかけに応じて


御二人の方が名乗り出てくださいましたよ


 「猫たちのために」


その想いで参加くださいました













右 かじさん と 左 もいさん


私が勝手にそう呼ばせていただいています



今回は初めての給餌ですので一緒に回りました


「えさ台」の作りはシンプルのですので


取り扱いは特に問題はないようですが


やはり破壊されているものになりますと


初めての方々ではどうしようもないですね


今後は慣れていただき 


簡単な補修くらいはしていただけるようになれば助かりますが


それはまた追々と ということで



おふたりは月に一回ペースで来てくださいますよ


これからよろしくお願いいたしますね








そしてやってきました「えさ台」情報 (笑)


今回はどうだったのでしょうか



というか


もうすでに2ヶ所破壊されている情報がきています


犯人はブタ野郎ですね(イノシシですけど)


もういたちごっこ


ブタ相手にいたちごっこ(笑)














今回は平日でしたのでお店の方がいらっしゃいました


「缶詰がいいー」


この贅沢ものがっ!(笑)



くろとしまねこは幸せ者ですね















うにゃうにゃもぐもぐ


まるまるしていますよ















こちらは何とか大丈夫










で 次は除染後あまり猫が来ていないと思われているお宅
















イノッチかあーーーー!


山から結構離れているお宅なんですけどね!


人が住まない街で 彼らは自由に闊歩しているのでしょう














丈夫なものにするにしてもコストがかかりすぎるし


やはりイノシシの届かない高い位置に設置するのが現実的かな


ただ そうなると猫のため「えさ台」に飛びつくための台も必要になってくる


除染されてきれいになったお宅に


勝手に台を置くわけにもいかないし


その肝心の台をどうするか


うーん考えなければ















ボラさんより破壊報告を受けていたところ


ここは一度も被害にあわず平和だったのになあ


残念です












かじもいさんにお手伝いいただきました


めっちゃ助かります















ウルフピー設置で頑張れ!















ぎゃーパンク!


かじもいさんたちは旧警戒区域の洗礼を受けることに


釘っぽいのが2箇所も刺さってた


いくら注意していても こればかりは運ですね




パンク修理は浪江で唯一営業しているガソリンスタンドで


空気が抜けたまましばらく走ってしまったのでタイヤ自体を交換する羽目に


しかしニュータイヤは なんと赤間さんが提供してくださいました!


たまたま同じサイズのものを持っていらっしゃったのです


なんとラッキーなこと


本当にありがとうございました!














かじもいさんたちがタイヤ交換をしている隙を突いて


私はダッシュで帰還困難区域の「えさ台」チェックへ・・・




!?


ない



「えさ台」がない














あった














こんなところまで・・・


白い壁のところに設置していたのですよ




これで3回連続破壊です


ウルフピー役に立たず!


あほーーー!






ここは監視カメラをつけておいたので


次回紹介したいと思います

















またさらに高くして設置するしか対応策がないのです


ハリガネも使用し補強


お願いだから壊さないで















こちらも吹っ飛ばされていたのを


赤間さんが修理と補強をしてくださいました















赤間さん ありがとうございます














こちらも赤間さんが補強














タイヤ交換が終わった かじもいさんたちと再び合流して活動












今回は全部は回れませんでしたが


お二人にどういう感じの活動か分かっていただけたのではないかと思います







もちろん全部回れなくても 


回っていただけたその分 赤間さんや他のボラさんが助かるのです


もし猫たちのために何かしてやりたいと思われたなら


どうか浪江町の給餌活動のお手伝いをよろしくお願いいたします



現在通行を制限されている国道6号線


夏には解除になるそうです


そうなりますと関東地方から浪江町へのアクセスがとても楽になります



福島の方々 住民の方々に余裕ができ


猫たちの面倒を見てもらえるまでの間は


私たち有志が見守ってやろうと思っています



人間と一緒に暮らしていた たくさんの動物たちが餓死していきました


そうしてしまったのは救うために動かなかった私たちひとりひとりなのです


私は国や東電や行政が悪いのではないのだと そう思っています


私は何度も彼らを見捨ててきました


これからも見捨てなければいけないこともあるでしょう


しかしすべての猫を救えなくても


自分のできることで一匹の力になってやりたいと思っています


何もしなければゼロで 確実に彼らは消えていくのですから
















浪江町現地で カジモイさんたちと別れ


最後に南相馬で破壊されていた場所に来ました


ここも4~5回破壊されています


その都度少しずつ高くしているのですがね


今度はどうかな




効率が悪くて皆さんイライラするかもしれませんが


今のところ 私の力ではこれが精一杯なんです


どうかこれはという方法がありましたら


一緒に行って実際に試してみましょう


アイデアだけ頂いても私には実現する能力がありません


一緒にやってみませんか


ご連絡お待ちしています










かわいい まーちゃんが待ってますよ                                                                                                               ... 続きを読む




かわいい まーちゃんが待ってますよ
                                       
                                         
                                       
                                         













行きつけの病院にもポスターを貼っていただきました

近所の方だったら嬉しいけれど・・・


まあ可愛がっていただければどこでも良いですね

あ お届けできる範囲でってことで

















作ったポスターです









【追加情報】

今は うちの中をフリーにしていますが 他の猫が大好きのようです












あそんでよー

ぽーなんか一生に一回あるかどうかのモテ期がやってきています(笑)





うちの猫たち心狭い・・・

ぽーは ただただ鬱陶しいみたいです












とらおばちゃーん

近づいていっても とらまるはシャーしています













ぱしっ

シロップに至っては高速パンチを繰り出す始末












シロおばちゃーん

何よ











ぱしっ









あああ 可哀想なマーラ


ということで マーラは猫が大好きな子

先住猫さんがいても大丈夫だと思いますよ!
















よろしくお願いします!










辰巳出版から出ている  「猫びより」 という雑誌があります5月号に うちのとらまる が掲載されました!「特集 誌上 猫カメラマン写真展」の中に入れていただいています4ページでもちろんカラーですよ!岩合さんと一緒に掲載していただけるなんて本当に光栄です昔  ... 続きを読む





辰巳出版から出ている  

「猫びより」 

という雑誌があります












5月号に うちのとらまる が掲載されました!

「特集 誌上 猫カメラマン写真展」

の中に入れていただいています

4ページでもちろんカラーですよ!



岩合さんと一緒に掲載していただけるなんて本当に光栄です

昔 岩合さんご本人を撮影させていただいたことがあるのですが

人間的にも素晴らしい方だと感じました

緊張しましたけど(笑)




明日12日に発売です

よろしければ是非ご覧になってくださいね!