うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2013年09月

浪江町にご自宅がある住民の方がいらっしゃいますこの方はボランティアたちの間ではとっても有名な方で震災後からずっと圏内の犬猫の保護をしてこられた方浪江の自宅を改造してシェルターにし犬猫を保護しながら活動してこられたのです今回その住民の方が浪江町にある動物病 ... 続きを読む


浪江町にご自宅がある住民の方がいらっしゃいます


この方はボランティアたちの間ではとっても有名な方で


震災後からずっと圏内の犬猫の保護をしてこられた方


浪江の自宅を改造してシェルターにし


犬猫を保護しながら活動してこられたのです




今回その住民の方が浪江町にある動物病院と組んで


浪江町の犬猫の(主に猫)ケアをするということを始められました




まず始めるのは


猫のTNR と 定期的な給餌




週に1度 動物病院で不妊手術を行っていき


給餌は公共の場所に餌場を作ります


主に 公民館 集会所 公園などになります


こうすることによって


一般のお宅での野生動物の被害が軽減するということですね


給餌要員は今のところ個人ボランティアさんが主になってするようです


いずれは住民の方々に引継ぎできればいいですね



これは浪江町の協力があって実現した話です


ついに行政がペットのことを考えてくれたのです!


浪江町がやってくれました!




主になってくださった住民の方


動物病院の先生


浪江町


協力していただくボランティアの皆さん


感謝いたします





またしっかり話を聞いて紹介いたしますね






うちのとらまる


この試みが上手く行き


20キロ圏内全体に広がりますように















松村直登 氏震災後 福島第一原発が水素爆発しても避難せずに富岡町の犬猫に餌をやり続けた人物ですそこで飼われている2匹の猫しろ と さび のカットをご覧ください しろです頭に 「八」 の模様常人なら間違いなく名前は 「ハチ」 になるところ松村さんは違いますし ... 続きを読む


松村直登 氏


震災後 福島第一原発が水素爆発しても避難せずに


富岡町の犬猫に餌をやり続けた人物です




そこで飼われている2匹の猫


しろ と さび のカットをご覧ください










うちのとらまる



しろです
















うちのとらまる


頭に 「八」 の模様


常人なら間違いなく名前は 「ハチ」 になるところ


松村さんは違います


しろです


あくまでも色です















うちのとらまる


ぺろっ




きっと面倒だったのでしょうね















うちのとらまる


それでこの子は さび














うちのとらまる


うーーーん



はいはい 色というか柄ですよね















うちのとらまる


ふぁーーー




いや いいんですけどね


他にもいっぱいいそうな名前だから


混乱するかな と思いまして




あ 松村さんは混乱しないから別にいいんですよね















うちのとらまる


さびが私のココアを覗いています


何が気になるのかな


「えさ台」かな?















うちのとらまる


にゃー





あっ 乗っていたのね













うちのとらまる


最初は怖がりだった さび


今ではすっかり馴れていますよ















うちのとらまる


車の下に入るのが危ないんですよねぇ


訪れるときは細心の注意を払っています











うちのとらまる


いやあ 猫ってこうですよね


東京では見かけなくなった風景










今回はここまで


まだまだありますので また紹介させてくださいね

















犬と猫と人間と2 動物たちの大震災 上映会 - TAMA映画フォーラム実行委員会終了いたしました開催された場所は東京都多摩市駅でいいますと 小田急・京王の永山駅になります地図上で見ると遠いと思っていましたが考えてみれば私も一応小田急の沿線30分ほどで着くところでし ... 続きを読む


犬と猫と人間と2 動物たちの大震災 上映会 - TAMA映画フォーラム実行委員会


終了いたしました






開催された場所は東京都多摩市


駅でいいますと 小田急・京王の永山駅になります


地図上で見ると遠いと思っていましたが


考えてみれば私も一応小田急の沿線


30分ほどで着くところでしたので行ってきましたよ








うちのとらまる


1日に3回の上映


そのうち2回の上映後に宍戸監督のトークショウがありました












うちのとらまる


受付横には 「やまゆりファーム」 のパネル写真コーナー


ん?


鳥沢さんが写ってますよ


牧場でもパネル展でも大活躍ですね




ちょっと見にくかったかな


次回はもっと見やすい配置にしましょうね


私もお手伝いしようかな











うちのとらまる

ほぼ満席です


皆さんの関心の高さが伺えますね


映画を見れば 「動物たちに何が起きたのか」 よく分かります


ご覧になっていない方は是非見ていただきたいです










うちのとらまる


それにしても


宍戸監督って なんでこんなに優しい話し方なんだろう


いいなあ


私はちょっとファンでもあります










うちのとらまる


やまゆりファームの一員となりました


XLがいいって言ってるのに


Lサイズで少しパッツンになってます


へそが見えないだけマシかな










うちのとらまる


宍戸監督とお話しておられる お二人


なんと 個人ボラのもっちーのお母さまとおばあさま


お宅がお近くだそうです


おばあさまが 「孫が出ていました」 (映画に) と


嬉しそうに話しておられましたよ


いいなあ










うちのとらまる


スタッフと仲間たち


今回 岡田代表は牧場でお留守番


全員出てくるわけにもいきませんからね


左から3番目の永澤さん


なにその格好


牧場の格好じゃないですか なんてツッコミ入れたら


本当にこの後 牧場に行くそうでした


失礼しました・・・




牛の世話は大変です


ただでさえ世話で大変なのに人手を割くのは厳しいとは思います


しかし こうして広報していくことは本当に大事なことなんです


忘れ去られることは牛の死を意味します


政府の方針に従っていたら とっくの昔に牛はいなくなっていますよ


家畜ということで意見が分かれることもあるでしょうが


いろいろなことを乗り越えて生き延びた命


私は生かしてやりたいと思っています





人間のために役に立っても死


役に立たなくなっても死


あまりにも哀れだと思いませんか





生かせたいと思う人たちがいるのなら


生きていてもいいじゃないですか