うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2013年08月

もうアメブロいい加減にして欲しい画像がエラーになってアップロードがなかなか出来ないもう何日目だよ何回もチャレンジしてやっとアップできる状況とんでもなく時間が掛かるんだよね!とグチからはじまった今回のブログ希望の牧場のスナップですお昼時に牧場に到着ぎんさん ... 続きを読む


もうアメブロいい加減にして欲しい


画像がエラーになってアップロードがなかなか出来ない


もう何日目だよ


何回もチャレンジしてやっとアップできる状況


とんでもなく時間が掛かるんだよね!






グチからはじまった今回のブログ





希望の牧場のスナップです










うちのとらまる


お昼時に牧場に到着










うちのとらまる


ぎんさんがデッキで昼食中


ナナもいて いい感じでしたよ










うちのとらまる


新入りのかわいい三毛猫ちゃんが!


えっと しずお姉さん確かミミちゃんと呼んでいたかな











うちのとらまる


くいちゃんは暑くってぐったりしてます











うちのとらまる


ガガは とうもろこし貰ってました











うちのとらまる


餌がないんだよね・・・




これは深刻な問題です


何とか 宮城や岩手にある


汚染されて使い物にならなくなったロールを手に入れないと










うちのとらまる


それにしても牛の数が多すぎるんだよなあ




気の毒だと思うと ついついレスキューしてしまって


それで自分たちの首を絞めてしまうことに













うちのとらまる


斑点牛


健康上は問題ないようです










うちのとらまる


いちご


この子も牧場に来た時は 


まわりの黒毛和牛に圧倒されて逃げちゃったんですよね


皆 せっかくレスキューしたのにどうして? と 困ってましたよ(笑)


数日後に戻ってきて事なきを得ましたけれど




いつか・・・


いちごからミルクを搾りたいですね


これがホントの「いちごミルク」












うちのとらまる


伊東先生









うちのとらまる


精力的に牛たちの面倒をみてくださっています


本当に神様みたいな存在












うちのとらまる


この日は宍戸監督が お友達を連れて来ておられましたよ










うちのとらまる


鳥澤さん


素晴らしい方










うちのとらまる


この日のお手伝い終了


一度 仙台に戻って 翌日も来るんですって













うちのとらまる


若いって素晴らしい










うちのとらまる



この日は 広島に向けて出発する日


お気をつけて












さあ今週末は 希望の牧場のお祭りですよ


行ってみたいと思った方はTOPにあるメールアドレスまでご連絡ください




日時:8月17日~18日 (もちろん日帰りOK)


『仲良いふりして浪江野牛追~糞まみれガチンコ対決』 

・墓地で慰霊祭 ・しげしげ乗牛体験 ・伊東先生執刀!ブラジル焼きそば 
・あの仔と撮影会 ・またまた吉沢独演会 ・谷と針谷の怪しい関係大暴露 
・女性陣のお料理対決 ・鳥さんの牧場キャバレー 
・初日ヨルは伊東先生のブラジル風焼き肉 ・星空&福島第一原発観察 
・№90を探せ!(探し当てたかたに代表獲得権を贈与) 
・岡田さん、やまゆり存亡の危機?内部事情をせきららに語る! 

※牧場仮眠可 詳細はブログでお知らせいたします!


参加は車必須です







日課となっている しろさびとの散歩朝もやの中車の通らない道路をゆっくり時間をかけて歩く 一人と二匹誰も邪魔することが出来ない彼らの大切な時間です ... 続きを読む



日課となっている しろさびとの散歩









うちのとらまる




朝もやの中


車の通らない道路をゆっくり時間をかけて歩く 一人と二匹




誰も邪魔することが出来ない


彼らの大切な時間です




















双葉町にあるお宅に「えさ台」を設置させていただきましたここは 2011年からずっと給餌している もっちーの紹介納屋の中に設置しても良いということで 喜んで設置し誰が食べに来るかを見るために監視カメラも設置していました10日後ワクワクしながらチェックに行ってみ ... 続きを読む


双葉町にあるお宅に「えさ台」を設置させていただきました

ここは 2011年からずっと給餌している もっちーの紹介




納屋の中に設置しても良いということで 喜んで設置し

誰が食べに来るかを見るために監視カメラも設置していました



10日後

ワクワクしながらチェックに行ってみると・・・













$うちのとらまる


どひゃーん!









$うちのとらまる


あべし!





なんじゃコリャ!

細いとはいえ鉄パイプになっているカンヌキが ひん曲がっている!



餌もすべてなくなっている・・・

これは監視カメラの映像を見るしかない

と思ったら

カメラまでが吹っ飛ばされていました


しかし残っていた画像映像を見て納得

ここは野生の王国だったのです












カメラの誤作動で10秒間映像を録るという設定が変わってしまっていました

1秒くらいしか映像はありません

しかし なんとか「何がいたか」を知ることができました








$うちのとらまる



アライグマが侵入しようと頑張ってます

しかしこのサイズの子でしたら無理でしょうね








$うちのとらまる



ちゃんと餌があるのが分かっているんですね

3匹に増えました








$うちのとらまる



さらにもう一匹増えて4匹に

大きいお尻(笑)









$うちのとらまる



5匹になってしまいました

すでに1匹が餌箱の中に侵入しています









$うちのとらまる



中から目が光っていますね

小さい子だと入れてしまうのですね

次回からカンヌキをもう一本増やしてみるかな

でも猫も入れなくなってしまったらまずいしなあ

なかなか判断が難しいですね









$うちのとらまる



今回 猫は写っていませんでした

他の動物といえば このハクビシンくらい

しかし もう少し様子を見るためにカメラは続行で仕掛けてきてあります

今度は吹っ飛ばされないところにしっかりと設置してきましたよ

また報告させていただきますね









ひいい悲鳴から始まるブログ私 弱いんです傷口とか とくに注射あの細い針が皮膚の中に刺さっていく・・・・あーーーもうだめ!お前のことなんかはどうでもいいわ!という声が聞こえたので本題に入りますふくちゃんの手術がありました切断した足の傷口が いつまでたっても ... 続きを読む



ひいい





悲鳴から始まるブログ


私 弱いんです


傷口とか とくに注射


あの細い針が皮膚の中に刺さっていく・・・・


あーーーもうだめ!




お前のことなんかはどうでもいいわ!


という声が聞こえたので本題に入ります





ふくちゃんの手術がありました



切断した足の傷口が いつまでたっても塞がらないので


傷口を縫う手術をすることにしたのです


一口で縫うと言ってますが


切開したりするそうなので恐ろしいことになることは間違いなさそうです








うちのとらまる


こんにちはー♪




明るい表情でご機嫌さんのふくちゃんがいました


脚以外は健康そのもの


よく食べ よく出し よく寝ますよ











うちのとらまる


わわわ 何するんだよう



鳥澤さんに押さえつけられてしまいました


鳥澤さんは神奈川県から来ておられるボランティアさん


もうずっと牛たちのために働いておられます



健康であるはずの右脚も負担がかかって酷い事になっています


こちらはメイプルさんに消毒と包帯替えをしてもらいましたよ












うちのとらまる


だまされた・・・・



伊東先生がやってきて麻酔されています


正確には鎮静剤ですけどね


これプラス局所麻酔で手術は行います












うちのとらまる


左足


傷口が口を開けています


この中に指が結構な感じで入っていくんですよ・・・











うちのとらまる



右脚


かなり重症です


ここにはいずれギプスが用意されるようです












うちのとらまる



オペが始まりました













うちのとらまる



傷口の中を調べてみると新たな事実が分かりました



中の組織の一部が壊死していたのです



このままでは傷口は塞げません













うちのとらまる



伊東先生の真剣な表情


希望の牧場 やまゆりファーム ふるここ会 にいる牛たちの健康は


先生のおかげで維持できています


お金をなるべく使わないように工夫をして診療してくださっているのです













うちのとらまる



牧場周りの草刈を終えた宍戸監督も心配して見に来られました


震災被害を受けた動物たちのドキュメントムービー


「犬と猫と人間と2」 を製作された方です


ご存知とは思いますが念のため













うちのとらまる



オペに吉沢さんの姉である しずお姉さんも参戦


おまけに犬のナナも参戦



監督と一緒に来られたボランティアさんたちも集まってきました














うちのとらまる



鳥澤さんが帰るため時間切れでいなくなり


替わりに宍戸監督が参戦



仕事は ふくちゃんとナナを撫でる係 (笑)













うちのとらまる



壊死した細胞を掻き出し


中を消毒













うちのとらまる


しばらくは消毒を繰り返さなければいけないので



ドレンチューブを挿入して縫合



これで外部からイソジンを流し込んで傷口内が洗えるのです















うちのとらまる



最後に しずお姉さんが抗生物質を注射して終了




大丈夫? 大丈夫なの?


ナナが心配しているようです














うちのとらまる



固定していたロープを外します















うちのとらまる


ふー おわった



何もしていないのに私は どっと疲れてしまいました





傷口に弱い もと戦場カメラマン (笑)


高所恐怖症の 空撮カメラマンのアシスタントでもありましたよ


独立後 私も空撮を得意としてましたけど (笑)




仕事にならんやろー と思うでしょ?


それが大丈夫なんですよ


ファインダーを覗いていれば大丈夫なんです


現実逃避できますからね



「そのとき彼はカメラを離さなかった」


なんてTVで


決定的瞬間を撮影しているカメラマンを褒め称える番組ありますよね


あれはね 私が思うに


離さなかった じゃなくって 離せなかった のですよ


悪い意味じゃなくて 


ビデオでも写真でもファインダーを覗くと集中してしまって


周りが見えなくなるときが ままあるのです


それで災難に巻き込まれてしまうんですね



また私の場合は 確実に周りがやばい事になっているのがわかっていても


見えないふりをして撮影続行 って時がありました


これぞ現実逃避(笑)


運が悪ければ災難に巻き込まれていたでしょう


まあ運が良かっただけですね



あ 私 結構運が良いんですよ(笑)





余談でした














うちのとらまる



ふくちゃんの戦いは まだまだ続きます


牧場の皆さんは 何としてでもふくちゃんを生かす方向で動いておられます


ふくちゃんだけでなく牧場は困難が続きますが 決して諦めていません










【お知らせ】




皆さんも牧場を訪れてみませんか


牧場で起こっていること 現実を自分の眼で見てください


津波で破壊された浪江の請戸地区も見学できると思います




牧場でイベントがあります



日時:8月17日~18日 (もちろん日帰りOK)


『仲良いふりして浪江野牛追~糞まみれガチンコ対決』 

・墓地で慰霊祭 ・しげしげ乗牛体験 ・伊東先生執刀!ブラジル焼きそば 
・あの仔と撮影会 ・またまた吉沢独演会 ・谷と針谷の怪しい関係大暴露 
・女性陣のお料理対決 ・鳥さんの牧場キャバレー 
・初日ヨルは伊東先生のブラジル風焼き肉 ・星空&福島第一原発観察 
・№90を探せ!(探し当てたかたに代表獲得権を贈与) 
・岡田さん、やまゆり存亡の危機?内部事情をせきららに語る! 

※牧場仮眠可 詳細はブログでお知らせいたします!


参加は車必須です


ご質問はTOPのメールアドレスにどうぞ







今日は 8月7日ハナの日ですよということはとらまるの誕生日ですごちそうを食べる とらまるぽー11歳になりましたよ同じころに生まれたと思われる しろぽーも誕生日にしています暑い暑い日に とらまるは生まれました野良猫の子供だったので生まれた場所は屋外でしたと ... 続きを読む



今日は 8月7日


ハナの日ですよ






ということは














うちのとらまる



とらまるの誕生日です


ごちそうを食べる とらまるぽー


11歳になりましたよ


同じころに生まれたと思われる しろぽーも誕生日にしています





暑い暑い日に とらまるは生まれました


野良猫の子供だったので生まれた場所は屋外でした


とても目立つエアコンの室外機の横だったのですね


もし冬だったら人目のつかないところで生まれていたでしょうから


とらまるとの出会いもなかったかもしれません




母猫ビクに感謝です


ありがとう








ところで しろはどこでしょうか











うちのとらまる



さすが元野良


人間の怪しい雰囲気(笑)を察知して


警戒してテーブルで食べてくれませんでした












うちのとらまる




今日は現場で壊れつつあった「えさ台」を補強して修理しました


初期型でしたので問題点があったタイプ


やはりメンテはしていかないといけませんね









それにしてもアメブロ


ここ数日 写真がすぐにアップロードできないです


何とかしてくださいなー!










8月4日12時半ごろ地震がありましたよね震源地 宮城県沖最大震度5強私ちょうど大熊町にいましてちょっとビビりましたよこの時 私は原発から約2キロくらいの許可を頂いたお宅に「えさ台」を設置している時でした地鳴りってのを初めてまともに聞きましたよとても大きな ... 続きを読む


8月4日12時半ごろ地震がありましたよね

震源地 宮城県沖

最大震度5強



私ちょうど大熊町にいまして

ちょっとビビりましたよ







$うちのとらまる


この時 私は原発から約2キロくらいの許可を頂いたお宅に

「えさ台」を設置している時でした







地鳴りってのを初めてまともに聞きましたよ

とても大きな地震が来ると直感しましたが

実際は震度3程度でした












それほどたいした記録でもないですが

せっかくですのでアップしておきますね











$うちのとらまる



まあそれより大事なのは猫ちゃんにご飯を食べてもらうこと

どうか利用してくれますように

カメラを仕掛けましたので結果が楽しみです











シロは箱の上に乗りますがとらまるは箱に入るのがだいすき荷物が届いたら必ず空き箱を置いておきますほら入ったもちろん とらも箱に入るのは だいすきですよほ ほら入った・・・うん かろうじて入っているね入っているようん ... 続きを読む


シロは箱の上に乗りますが



とらまるは箱に入るのがだいすき






荷物が届いたら必ず空き箱を置いておきます










うちのとらまる



ほら入った









もちろん とらも箱に入るのは だいすきですよ














うちのとらまる



ほ ほら入った・・・





うん かろうじて入っているね


入っているよ


うん










こちらは うちのシロ届いた荷物の箱置いておけば必ず乗ります狭くて具合が悪いようです降りました床がひんやりして気持ちいいまた寝てしまいましたよ次に見た時には私の椅子で 「ごめん寝」シロは 「ごめん寝」 をよくしますはっ写真を撮る気配で目を覚ましましたふあー ... 続きを読む



こちらは うちのシロ











うちのとらまる



届いた荷物の箱


置いておけば必ず乗ります











うちのとらまる



狭くて具合が悪いようです


降りました











うちのとらまる



床がひんやりして気持ちいい


また寝てしまいましたよ












うちのとらまる



次に見た時には


私の椅子で 「ごめん寝」












うちのとらまる



シロは 「ごめん寝」 をよくします











うちのとらまる



はっ




写真を撮る気配で目を覚ましました










うちのとらまる



ふあーーーー




邪魔してごめんねー












少し前になりますがドイツの新聞社の方が取材に来られていたのに乗っかって松村さんに牛たちが全滅した富岡町の牛舎を案内していただきました自動車1台分しかない道路をさらに草木が覆っています今は とても車で入っていけないような場所やがて草にびっしり覆われて進むの ... 続きを読む




少し前になりますが


ドイツの新聞社の方が取材に来られていたのに乗っかって


松村さんに牛たちが全滅した富岡町の牛舎を案内していただきました















うちのとらまる



自動車1台分しかない道路をさらに草木が覆っています


今は とても車で入っていけないような場所


やがて草にびっしり覆われて進むのも大変なところを通り抜け


やっと到着


そんな場所に牛舎はありました
















うちのとらまる



「100頭以上いたっぺ」


「俺が見た時はまだ生きている牛もいた」


「地獄だったよ」



松村さんも牛たちの地獄を見てこられた方です













うちのとらまる



この牛舎で逃げることも出来ずに死んでいったのです


道路から離れた場所にあったこの牛舎


誰にも気付いてもらえず餓死していったのです



松村さんは気付いた一人でしたが


その時 彼に何が出来たでしょうか


牛たちは畜主の財産


勝手なことは出来なかったでしょう




逃がせば良かった


そういう声もあり 実際逃がした人もいるようですが


それは牛がバタバタ死んでからのこと


初期の頃は決断し切れなかったのです


実際に逃がして最悪の結果になってしまった例もありました













うちのとらまる


おびただしい数の骨が散らばっています


野生動物たちに食われたのでしょうか


うっかりすると踏んでしまいそうになります






世間では動物問題は終わったかのように


メディアでもあまり触れられることもなくなってきました


この子たちが死んだ意味はあったのでしょうか


本当に悔しく思います






私は彼らが生きようとしていた痕跡を探してみました











うちのとらまる


右側の合板を見て下さい


なぜこうなっているのか


想像してみてください







なぜこうなっているのか








そして やはりありました












うちのとらまる



想像してください


彼らの苦しみを想像してください





世の中の犯罪や事故は想像力のなさから起こっています



自動車の運転なら乱暴な運転をしたらどうなるか


暴力を振るえばどうなるか


戦争になったらどうなるか


原発事故になったらどうなるか・・・



牛たちがどう苦しんだか


自分の身に置き換えることができるのが人間です


誰も助けてくれないところで餓死していくことを想像してください


絶望の中で死んでいくことを想像してみてください



それを考えたら


二度とこんな思いをさせたくないと思うはずです




どうか


どうか




今も生き残っている 牛を 犬を 猫を


サポートしてくださるよう心からお願いしたいです


どうかよろしくお願いします

























富岡町 帰還困難区域にある柵ここには20頭ほどの牛たちが囲われています松村さんは餌をやりに通う毎日牛たちは今日も生きていますよ忘れないでくださいね ... 続きを読む

富岡町 

帰還困難区域にある柵






ここには20頭ほどの牛たちが囲われています

松村さんは餌をやりに通う毎日















牛たちは今日も生きていますよ

忘れないでくださいね