うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

2013年05月

浪江町のとある場所に設置した「えさ台」監視カメラ写真です午前10時ごろにボランティアさんたちと合流し説明を受け午前11時ごろには設置し終わりこの場所を離れましたその後の映像です猫を誘引するための まき餌が確認できますこの写真の前にも1羽カラスが来ていまし ... 続きを読む

浪江町のとある場所に


設置した「えさ台」監視カメラ写真です




午前10時ごろにボランティアさんたちと合流し説明を受け


午前11時ごろには設置し終わり


この場所を離れました






その後の映像です








うちのとらまる




猫を誘引するための まき餌が確認できます




この写真の前にも1羽カラスが来ていましたが


そんなに食べるでもなく


いなくなっています












うちのとらまる



戻ってきました












うちのとらまる



一羽増えています












うちのとらまる



二羽増えて合計三羽


こりゃ仲間を呼びに行っていたのですね














うちのとらまる


それからは 入れ替わり立ち代り食べていきます




このカラスはケースの中のフードの袋を見ています


2年間私たちが置き続けたこの袋


もう何が入っているかを覚えているのですね















うちのとらまる



外に撒いたフードはあらかた食べつくしました


彼らの関心は中のフードに













うちのとらまる



何とか食べられないか考えているのでしょうね














うちのとらまる


ケースのすき間の通路にはまだ少しのフードが残っています












うちのとらまる



首を突っ込む勇者










うちのとらまる



しかし入ることは出来ないようです














うちのとらまる


諦めきれないのか


何度も来ています












うちのとらまる





約2時間半で誘引用フードはきれいになくなってしまいました


これでは猫は食べる暇も無い


というか気付く暇も無いですよね


こういうところから誘引用プラプラマタタビを思いつきました


これならカラスも食べませんからね(笑)


コメントで首に紐が巻きつくと心配していただきましたが


実際使用しているのは長いものではありませんので心配ないと思います




しかしこれで本体のフードを守れることが分かりました


これは大変嬉しいことです


結局 カラスはこの後 毎日来るものの 


最後までフードを食べることは出来ませんでしたから




この方式は福島だけでなく


全国の地域猫たちの給餌に使えるかもしれないと思いました


野生動物がいない場所なら高床式にしなくてもいいですから手間もはぶけますよね


あ でもアリなどから守るためにいくらかは上げなければダメかな


雨の日でもフードが濡れなくて給餌できますから良いと思います




日曜日の松阪市の報告会に「えさ台ミニ」のサンプルを持って行きます


興味がある方はどうぞご覧になってください


作り方なども説明しますよ








希望の牧場に明と暗があるなら牧場唯一の猫の くいちゃんは間違いなく明ですねしかしどこからともなく現れて牧場に居ついた くいちゃん彼もまた被災し 必死で生き残ったうちの一匹です生き残り そして自分で最高の住処を見つけたのです牧場のスタッフやボラさんたちに可 ... 続きを読む


希望の牧場に


明と暗があるなら


牧場唯一の猫の くいちゃんは


間違いなく明ですね



しかし


どこからともなく現れて


牧場に居ついた くいちゃん


彼もまた被災し 必死で生き残ったうちの一匹です


生き残り そして自分で最高の住処を見つけたのです












うちのとらまる



牧場のスタッフやボラさんたちに可愛がられて


自由に生きている くいちゃんを見ていると


猫本来の理想的な生活というものを感じます












うちのとらまる


家屋の横は すぐに林


くいちゃんは この広大な場所を自由に歩き回ります











うちのとらまる



くいちゃん どこいくの











うちのとらまる



なんだよ


なれなれしく呼ぶなよ


かまってほしいのかい













うちのとらまる



しょうがないなあ


って感じで


何回かスリスリしてくれます














うちのとらまる


今ぼくは忙しいんだよね


アリさんが虫を運んでいるのを見ているんだ












うちのとらまる



アリさんはすごいね


自分の体の倍ほどの虫を軽々と運ぶことが出来るんだよ











うちのとらまる



知ってたかい?





うん まあなんとなくだけど知ってたよ










うちのとらまる


ここも僕の爪とぎ場


いろいろあるんだけどね










うちのとらまる


ざっざっざっ










うちのとらまる


ちょっと失礼










うちのとらまる


ばっばっばっ





おお 野生だ(笑)


猫は隠すんだよね











うちのとらまる



くいちゃんは元気です




辛い現実を少しの間でも忘れさせてくれる存在


私が牧場を訪れる楽しみのひとつなんですよ



どうか皆さんも是非 くいちゃんに会いにきてくださいね







希望の牧場は誰でも訪れることが出来ますよ





【訂正】


くいちゃんは もともと吉沢さんのお姉さんが飼っておられた猫だそうです


すみません 私ウソをついてしまいました


そうか そういえば そんな話を聞いたような聞かなかったような・・・


訂正してお詫びいたします


ごめんなさい!







「えさ台」の改良型のお知らせですイノシシに1台吹っ飛ばされたとはいえ福島の猫たちに少しは役に立っていると思われる「えさ台」カラスは100%防げタヌキ アライグマ などからも なんとなーく餌を守っているような雰囲気(笑)まだまだ問題はありそうですがまずまず ... 続きを読む


「えさ台」の改良型のお知らせです





イノシシに1台吹っ飛ばされたとはいえ


福島の猫たちに少しは役に立っていると思われる「えさ台」



カラスは100%防げ


タヌキ アライグマ などからも 


なんとなーく餌を守っているような雰囲気(笑)


まだまだ問題はありそうですが


まずまずの結果が出ていると思っています



そういう「えさ台」ですが こいつには難点が在りました


どこかといいますと 大きいということです


このサイズでは


私のココアでは たった2台しか積めないのです


まーこりゃ効率が悪いとは思いましたが


それでもやるしかないとコツコツ運び現在は15台設置しました


しかしこの調子ではダメだと思い


私は悪い頭で考えましたよ



最初の「えさ台」を設置してからもう3ヶ月以上経ち


監視カメラで猫が来ていることを確認したうえで


なるほどと思ったことがありました



餌があまり減らないのです



猫が食べるだけだったらそれほどの量は必要ないのです


野生動物が食べられないようになると


こんなにも差があるのかと思うほど減る量が違います




ということは


「えさ台」もそんなに大きいものでなくても良いという事




土台をどうするか


中にフードを入れるケースで適当な大きさのものがあるか


ブログやツイッターで情報を募集していたのをご存知の方も多いと思います













うちのとらまる



試行錯誤を繰り返し


って そんなにたいしたことないのだけど



響き渡るノコギリの音


ご近所の方々に顰蹙を買いながら頑張りました



そしてとうとう


先週完成いたしました次第















うちのとらまる



「えさ台ミニ」の誕生です












うちのとらまる



土台のすのこは 5枚打ちから4枚打ちに変更


長さが少し足らないと思ったので板を足して延長してあります


すのこのコストも1280円から480円に下がりました











うちのとらまる


幅は すのこの幅で決まってしまいますので


どうしてもそれに合うケースが必要だったのです


しかし皆さんのおかげで


20個買えば1つあたり291円という低コストでケースが見つかりました


隙間も猫が通れるいい感じですよ












うちのとらまる



さすがに小さい


まるでも はみ出るくらい



ここはやはり あの子でテストしなければいけないでしょうね(笑)


あの子でOKならほとんどの猫は大丈夫になりますからね













うちのとらまる



その前に大きさ比較


「えさ台ミニ」「えさ台」 小さくなったでしょう?



脚は共通で使うことも出来ますが


ミニ用も作ろうかなと思っています


現在 協力していただいている方にも発注済ですよ



このサイズならココアにでも5台は積めます












うちのとらまる


・・・・・気になっているでしょう?


ぶら下がっているもの(笑)



「えさ台」の心配は 


ここに餌があることを猫が気付いてくれるかに尽きます



で これです


マタタビの木をぶら下げてあります


風で ゆーらゆーら揺れている物体


猫ちゃんなら気になってしょうがないはず


しかもそれがマタタビだなんて!


しばらく遊び


おや 上にも上がれそうだな どれどれ


あらー煮干発見! (いつもパラパラと奥に置いてある)




と 子供並みの発想でつけてみました













うちのとらまる



現在 最長2週間放置して


3匹くらいの猫が来ていても


2.5キロのフードが全部無くなることはありませんでした


ならば1個入ればいいと判断


これで様子を見て


もし たくさんの猫がいる場所で


足りなくなったならスタンダード「えさ台」に切り替えるということを考えています


この時は監視カメラや 現場の状況を見て


野生動物が食べていないことを確認しながら進めます












さて












うちのとらまる


きしむ 波板


とらちゃんの登場




封は切っていませんが実際にフードを入れています











うちのとらまる


さあ 


はたして とらちゃんは入れるのか













うちのとらまる


すんなり入れましたわ





こりゃすんなり過ぎる


もう少し狭くした方がいいのかな


上部は猫が通れるほどのスペースはありません















うちのとらまる



なんか誇らしげ














うちのとらまる



あら まったりしだしました




そうなんです


実は天井が低い分 幅が狭い分


食べやすいように奥のスペースは十分に取ってあるのです












うちのとらまる



しばらく このまま


居心地が良いようです














うちのとらまる



大きい とらちゃんでも こんな感じ












うちのとらまる


小さい子なら ゆったりサイズのスペースです















うちのとらまる



うっ


とらが動き出しました














うちのとらまる



ガサガサしています


そういえば とらは餌が入っている袋は知っているのだった













うちのとらまる



あーー!




とらみたいな猫なら


いちいち封を切らなくても大丈夫ですね



実際 福島でも自分で開けた子もいたと思います


野生動物かもしれないけれど・・・















うちのとらまる


お腹は膨れていたので


途中で諦めて出てきました












うちのとらまる


というわけで


使えることが分かった


「えさ台ミニ」 


デビューさせますね



また監視カメラ映像で紹介したいと思います
















うちのとらまる



今回 「えさ台ミニ」4台


スタンダード「えさ台」1台


設置してきました

















うちのとらまる



まだまだテスト段階ですが


「えさ台」シリーズを あたたかく見守っていただけたらと思います











どうぞよろしくお願いしますね









2013年4月1日募金:  1,110,923円運営費:  132,742円3月に京都で行われた「福島を忘れないチャリティコンサート」 ロビーイベントで出展していただいた河嶋様より入金募金:3,305円絵葉書書籍売上:2,164円4月22日募金:1,11 ... 続きを読む



2013年4月1日



募金:  1,110,923円


運営費:  132,742円








3月に京都で行われた


「福島を忘れないチャリティコンサート」 


ロビーイベントで出展していただいた河嶋様より入金



募金:3,305円


絵葉書書籍売上:2,164円







4月22日



募金:1,114,228円


運営費:134,906円











5月24日




福島の猫


持田さん保護分 初期医療費を支払いました


241,380円


医療費立替や病院通いなどお世話は


猫のマリアさんがしてくださっています












5月29日現在




募金:872,848円


運営費:134,906円













うちのとらまる



海上保安庁


海猿の取材で撮影














とらはね子猫4匹のうちから2匹を選ぶって時に私が選んだんです私のおふとんで何度もオシッコはするしビーズクッションでも必ずするしまあ手のかかる子でもねまるを可愛がる いいお姉さんなのです甘えん坊の まるにおっぱいを吸わせていたんですよでもね食いしん坊なんで ... 続きを読む


とらはね


子猫4匹のうちから2匹を選ぶって時に


私が選んだんです




私のおふとんで何度もオシッコはするし


ビーズクッションでも必ずするし


まあ手のかかる子



でもね


まるを可愛がる いいお姉さんなのです


甘えん坊の まるにおっぱいを吸わせていたんですよ













でもね
















うちのとらまる


食いしん坊なんです



















うちのとらまる


外猫用のフード


置いてあるのを何とかして食べようとしているところ








食いしん坊の愛すべき猫




その名は とら

















福島の報告をしたいのだけど


今日は力が出ませんでした


また明日





おやすみなさい








おーあみ避難所ボランティアさんのおひさまよーこさん  が 保定袋を製作  したらしい洗濯ネットとタオルを組み合わせた使い勝手の良さそうなブツだそうだじつは遡ること2週間前ひそかに私も製作していた・・・・ずっと秘密にしておこうと思ったが心の狭い私は我慢が出来 ... 続きを読む


おーあみ避難所ボランティアさんの


おひさまよーこさん  が 保定袋を製作  したらしい



洗濯ネットとタオルを組み合わせた使い勝手の良さそうなブツだそうだ













じつは遡ること2週間前


ひそかに私も製作していた・・・・




ずっと秘密にしておこうと思ったが


心の狭い私は我慢が出来なかった

















うちのとらまる


剥き出しのライバル心











これ なんやねん と言わないで


チクチク針仕事をしたの


フリースを一着潰して製作したの





ち 小さかった・・・


ファスナーは閉まらず


ぽーは暴れる




もう散々なの













今回製作にあたって参考にさせていただいたのはこちらのブログ


ぬこのブログ  さま









希望の牧場 や やまゆりファーム にはじめて行かれる方へのご案内です最初に書いておきますがこのご案内はオフィシャルでもなんでもなく私が勝手にやっていることですから間違いなどがあるかもしれませんが突っ込まないようによろしくですここが牧場入り口です右の道路が ... 続きを読む


希望の牧場 や やまゆりファーム に

はじめて行かれる方へのご案内です



最初に書いておきますが

このご案内はオフィシャルでもなんでもなく

私が勝手にやっていることですから

間違いなどがあるかもしれませんが

突っ込まないようによろしくです









$うちのとらまる




ここが牧場入り口です

右の道路がここから先は通行止めですから

否も応も無く左の私道で牧場に入っていくことになります

見学歓迎

お手伝いしたい方 お話を聞きたい方は

メールやツイート FBのメッセージなどで 

あらかじめ連絡を入れておきましょう










$うちのとらまる



牛さんのしゃれこうべが迎えてくれています

お参りしてから入ります










$うちのとらまる



車のまま進むと 牛舎への道の中ほどに餌場があります

遠景で牛舎が確認できます

ここはひとつの撮影ポイントですね

撮影していても誰も怒らないと思います

私は怒られたことがございません


あ 道路との境界に電気柵の針金が通っていますので

触れない方がいいと思いますよ


牛さんの気持ちがわかりたい人は

一度触ってみてもいいかもしれません




ちなみに私は牛の気持ちがわかります!








$うちのとらまる



さらに進むと電気柵で行き止まりになっています

自動車を道を塞がないように駐車し

ゆっくり風景を眺めてみましょう

観光地と錯覚してしまいそうになる自分がいます







さあムービーでの紹介です


 







中途半端で終わりました

申し訳ありません


また残りを撮影してきますので少しお待ちくださいね











$うちのとらまる




一見平和な風景を見ることは出来ますが

いろいろなところに厳しい現実が散見されると思います

こればかりは実際に行ってみないと判りません















$うちのとらまる




生命力のある牛はツヤも良く健康そうです

しかし当然弱い牛がいることも容易に想像できますよね

どれだけ弱い牛を救えるか

それは重要な課題です














$うちのとらまる



牛たちは今日も生きています

どうか皆様 牛たちをご自分の眼でご確認ください

皆様の関心が牧場を支えることになるのです

よろしくお願いいたします
















ちょっと忙しかったちょっとだけね昼間は暑いですが21時半現在涼しすぎこれからバイクで ちょっとお出かけ上がっちゃいかんところに登って (本猫は分かってやっている)私に怒られているのだけどクネクネしてごまかしている まるまったく・・・ ... 続きを読む


ちょっと忙しかった


ちょっとだけね






昼間は暑いですが21時半現在涼しすぎ


これからバイクで ちょっとお出かけ















うちのとらまる



上がっちゃいかんところに登って (本猫は分かってやっている)


私に怒られているのだけど


クネクネしてごまかしている まる









まったく・・・











大熊町の とある場所に置いた「えさ台」もちろん住民の方の許可は頂いていますここでは おーあみさんが何匹も猫を保護してくださっている場所猫がたくさんいると思われる場所ですそこに設置した監視カメラの映像どうぞご覧ください設置したのが5月2日カメラの角度は こ ... 続きを読む



大熊町の とある場所に置いた「えさ台」


もちろん住民の方の許可は頂いています




ここでは おーあみさんが何匹も猫を保護してくださっている場所


猫がたくさんいると思われる場所です






そこに設置した監視カメラの映像


どうぞご覧ください













うちのとらまる


設置したのが5月2日




カメラの角度は これくらいかしら・・・


とマヌケ顔で覗いている私




さあスタートです









うちのとらまる



やはりハクビシン


定番で居ますね














うちのとらまる



でた


仕草がユーモラスなアライグマ


本当にどこでもいますね


今回 アライグマがこんなにも繁殖していたことを初めて知りました











うちのとらまる


昼のアライグマ


タヌキたちは疥癬や弱っている子が多い中


アライグマは栄養状態が良さそうです


ひょっとするとタヌキは彼らに駆逐されているのでは


なんて考えてしまいますが どうなんでしょうね






ここから なぜか日にちがムチャクチャになってます


最初にしっかり合わせたのですが・・・


おかしいなあ












うちのとらまる


ぐぬぬぬぬ


アライグマ頑張ってます


登っていますがこの写真だけです


しかし あとで述べますが 餌は食べられていません













うちのとらまる


カラス


カラスは執拗に来ています


今回 一番たくさん写っていたのはカラスです













うちのとらまる


そして


今回 猫が写ったのはこの子だけ


しかも この一枚だけでした















うちのとらまる


ぐおおおおおおお


アライグマ


なぜにそんなに頑張るの










うちのとらまる


ふー


登れないみたいです













うちのとらまる




そしてそして


私が回収に来たのが5月18日




16日間 半月ですね


実は いっさい餌は食べられた形跡はありませんでした



動くものを感知してシャッターが切られる監視カメラ


この場所はカット数もかなり少なかった


半月も仕掛けておいて えっもう終わり?って感じです


他にいた動物はネズミだけでした



猫は・・・一匹いただけ


可哀想に「えさ台」には気付いていないようです




ただ


個人ボラさん情報ですが


ここはまだ近くにフードを置いてあるそうです


今までずっと置いて来られた経緯がありますから


そちらで食べているのだろうと思います


いつも置いてある場所を いきなりなくしてしまうのも可哀想ってもんです


徐々に時間をかけて 移行できればいいと思ってます



この場所は まだしばらくは様子見してみましょう





監視カメラは 面白いですね


猫がフードを食べているところが撮影されていたら


最高にしあわせなんですけどね













浪江町立ち入り規制が解除になっても住民が戻るのは まばら週末であるのにもかかわらず走っていてもすれ違う車はほとんどありません一番線量が低く安心であるはずの非難指示解除準備区域でさえ民間のですが検問を通らなければいけないんですまあ許可証は必要ないのですけれ ... 続きを読む


浪江町


立ち入り規制が解除になっても


住民が戻るのは まばら


週末であるのにもかかわらず


走っていてもすれ違う車はほとんどありません





一番線量が低く安心であるはずの非難指示解除準備区域でさえ


民間のですが検問を通らなければいけないんです


まあ許可証は必要ないのですけれどね







そんな中で


今回は個人で活動しておられるボラさんたちと合流しました


住民の方に許可を頂いているところに「えさ台」設置の要請です!



ん? 要請ですか? 


えぇー? 「えさ台」は製作するのに大変なんですよ


もう参ったなぁ


しょうがない 


そこまで要請するのでしたら ひとつ都合つけますかね


ひとつだけですよ?


今回は特別ですからね


なんてったって要請ですから












うちのとらまる


こちらのお宅は まだ見つかっていない猫ちゃんがいるそうです


生きるんだよ


虫を食べても 蛙を食べても


何とかして生き残っていたら


きっと助けてもらえるからね


飼い主さんやボランティアさんは諦めていないからね













うちのとらまる


「えさ台」設置後 


誘引のための おとり餌をセットしているボラさんたち





だめだ写真が少なすぎ


要請が嬉しくって設置に命をかけてしまった












うちのとらまる


あの・・・  こちらのお宅の方ですか・・・?




いえ ボランティアさんです


どうみても近所にお買い物にでも行くような格好(笑)


やる気があるのでしょうか(失礼)














うちのとらまる



こちらのボランティアさんたち


私と合流する前に 猫を保護していました


疥癬にやられているのか


ほとんど目は見えていないそうです




こういう子がいても


人がいなくなったところでは餌も食べられずに死んでいくしかありません


保護していただき本当にありがとうございました




2年以上経った今も 


こうして給餌と保護をしてくださっているボランティアさんたちがいます


こういう方たちのおかげで


猫たちは生き残ることが出来ているのです





ありがとう


ありがとう











暑いくらいの陽気の日となった18日(土)福島に行ってきましたよ「えさ台」の利用状況の確認とあらたな「えさ台」の設置ですね現在9台の「えさ台」が活躍しておりまして猫たちが利用してくれているものは継続して置かせてもらい最低2週間を目処にして中の餌が減っていない ... 続きを読む


暑いくらいの陽気の日となった18日(土)


福島に行ってきましたよ





「えさ台」の利用状況の確認と


あらたな「えさ台」の設置ですね




現在9台の「えさ台」が活躍しておりまして


猫たちが利用してくれているものは継続して置かせてもらい


最低2週間を目処にして


中の餌が減っていない場合は撤去し別の場所に設置しています






双葉町のある場所に設置した「えさ台」のチェックにやってきました













うちのとらまる



あら!?


ない!


ブロックが置いてあるところに設置したはずの---


「えさ台」が無い!








あたりを見回してみますと














うちのとらまる


あ 脚だ


バラバラになってます


えええーーー!?







本体はいったい・・・



















うちのとらまる



あった


30mくらいは離れているでしょうか


また遠くまでいったもんだ







いったい誰が こんなことを・・・








破壊され具合を見ましたところ・・・

















うちのとらまる



どうも とんでもない力を持った動物っぽいです


波板の端っこをカミカミした跡が(笑)


イノシシ系ですかね やっぱり




いやー気持ちいいほど見事に破壊してくれました


これらは回収してまた作り変えますよ


元手がかかっていますからね





とうとうやられたって感じです


まあ しょうがないですね


中に餌がある とバレてしまったらアウトです


しょうがない




工夫できるところはして 引き続き頑張りますね














先日 お願いしました 箱の捜索願


たくさんの方から情報を頂きました


現在 20個買うと一個200円台という商品を注文しました


当分はこれでいけそうなので捜索を中止していただけたらと思います


お手間をかけさせて本当に申し訳ありませんでした


連絡していただいた中には 購入して送りますから! 


なんて 嬉しいことを言っていただける方もいらっしゃいました



私に対しての援助は募集しておりません


本当はー 嬉しいのですが(笑)


うぐぐ ご・・・ご辞退させてくださいね・・・


理由は早い話 自分のペースでやりたいからです


援助していただくと責任が生まれますよね


それが困ってしまうのです


自分のやりたい時にやって 出来ない時はしない


今まで活動出来てきているのは この自由さがあるおかげなんです


ですので


私に対してお金や物資の援助は必要ありませんのでよろしくお願いします



ただ


仲間は募集していますよ


たとえば「えさ台」の製作を手伝ってくださる方


おひとかた申し出てくださいました


この方は東京町田にお住まいで「えさ台」の脚を作ってくださっています


もちろん材料費はご自分で持っていただいています


これから「えさ台」はまだまだ必要になりますので助かりますね





うちのとらまる


町田のNさま からお送りいただいた脚のサンプル

そして「穴を開けた状態」で送られてきた収納ケース(私が使用している同型)

耐久性がなかったことに気付かないで使用していた木工ボンドの代わりのもの





製作だけでなく「えさ台」設置や福島住民の方々とのコミュニケーションなど


動いてくださる仲間は募集しておりますので よろしくお願いいたしますね


----------------------------------------------------------------

私が自分のために一切何も頂いていないというと語弊がありますので ひと言

親しい方々からの援助などは頂いています

不特定多数の方々からは頂かないという意味ですのでよろしくお願いしますね

----------------------------------------------------------------








あ いい機会ですの募金に関してお伝えしておきます




私は写真展や報告会などで募金箱を設置させていただき募金を集めました


このお金は自分のためには一切使用していません


じゃあなぜ募金を集める気になったかともうしますと


2年前福島に行き始めていた頃


個人ボランティアさんたちが何人もいらっしゃったのですね


そういう方たちはご自分で募金を集めるわけでもなく


すべて自費で活動しておられたのです


日常の生活を犠牲にして 今現在でも本当に頑張って活動しておられます


その時はお金を集めるなんてことは思いもよらなかったのですが


あるボランティアさんが募金を募ればそういう人たちに援助が出来ますよ


と アドバイスいただき 


一番最初に行なった新宿写真展で始めたのがきっかけだったのです


しかし援助といっても何でも援助するわけではありません



私こうみえてもキッチリしてます(計算は弱い)



初めのころは 「福島の動物たちのためのフード」 限定


とにかく福島の子達に餌をやりたい個人ボランティアさんたち


そういう方々にフードを援助していました


のちに 「福島の保護した動物たちの初期医療費」 も追加することにしました


写真展や報告会に来ていただいて


募金箱に入れていただいたお金は


この二つの用途にのみ使用しています


間違いなく 直接福島の動物たちのためになっておりますので


どうぞご安心ください


募金が残っている限り援助させていただきますね







最後に 最近というか以前から気になっていることを書かせてください



福島の原発災害で残された動物のために


たくさんの方々や団体さんたちが動きました


福島の可哀想な動物のためだと言えば


お金はどんどん集まったと思います


最初は純粋な気持ちで活動していたのでしょうが


中にはあらぬ方向に行ってしまった人間もいますね


お金は人を変えます


心の弱い人間は それが自分自身が評価されて手に入れたのだと勘違いするのです


それでプライベートとの区別がつかなくなってしまう


以前からボランティアさんたちのお金問題に関して いろいろと話が耳に入ります



どうかボランティアさんたちを応援する皆さんは


人をしっかり見て募金されることをお勧めします


トラブルや噂が多い人は それなりの理由があるのかなと思ったりもします


ボランティアさんたちは 誰のためのお金かをしっかり肝に銘じて使って欲しいです


おろそかにしていると ご自分の身に返ってきますからね


まあ私も含めてですよ


注意してくださいね












ねこはいいですねえまったりしているところを見ているだけでもいい気分になりますよ猫バカと言われようが アホと言われようがうちの猫は本当にかわいいですその同族たちが福島で苦しんでいるこりゃ見捨てては置けない!ってなことになるのは自然の流れですねだから行くわけ ... 続きを読む


ねこはいいですねえ



まったりしているところを見ているだけでも


いい気分になりますよ




猫バカと言われようが アホと言われようが


うちの猫は本当にかわいいです




その同族たちが福島で苦しんでいる


こりゃ見捨てては置けない!


ってなことになるのは自然の流れですね


だから行くわけです








うちのとらまる


浪江町川房







じゃあ何が出来るかを考えるわけです


保護などは自分で管理も出来ないから無理


引き受けてくださるボランティアさんがいらっしゃったから


ちょろちょろっとは保護しましたけどね


でもたいしたことないです



じゃあ給餌でもするか と思い


撮影をしながら給餌活動をしてきたわけです


でも軽自動車のココアじゃそんなにたくさんのフードも積めません


給餌活動を頑張ってしておられるボランティアさんたちの


隙間をぬって細々としていたくらい


これもたいしたことがない



じゃあじゃあ給餌ボックスでも作るかと


個人的に「えさ台」を作り始めたのが現在


個人的ですから まだ数も少なくたいしたことはできていません




まあこうして2年が過ぎてきているわけですね


えーっと 何が言いたいかといいますと 


たいしたことしてない私


ってことが言いたかったの? 他人に聞いてどうする



いや バタバタしていたわりには 実に成っていないというか


ねこのためになっていないなあと不安を覚えたのですね


だから確認というか


気持ちを新たにしないとイカンと思ったのです






うん これからまた真剣にやります










うちのとらまる

浪江町サンプラザ駐車場








ねこたちのために















箱・・・箱を恵んでくだせえ・・・箱がないと生きていけないんです・・・この2年間私の人生で こんなに箱と関わったことはありませんあ 箱くださいってことではなくて情報をくださいってことですいや 恵んでいただけるなら とっても嬉しいけれど・・・サイズ幅     ... 続きを読む


箱・・・




箱を恵んでくだせえ・・・





箱がないと生きていけないんです・・・






この2年間


私の人生で こんなに箱と関わったことはありません


あ 箱くださいってことではなくて


情報をくださいってことです



いや 恵んでいただけるなら とっても嬉しいけれど・・・





サイズ


幅    220mm


奥行き 400mm


高さ   250mm



材質  防水のもの たとえば


プラスチックダンボール 樹脂製のもの 発泡スチロール 木製など



用途 5キロのフードを袋ごと もしくは袋から出して入れます





うちのとらまる


これなんか いいセンいっていますが


フタが無い 値段が700円ほどして高い 









うちのとらまる



サイズもいいセンいってますがねえ・・・・


フタが無いのはだめです


自作も考えますが 数作る暇が無いから無理なんですよ














うちのとらまる
南相馬市小高区のねこ





ねこちゃんのために!




明日 100円SHOP行ってこようっと


















ここ二日は湿度が少なくてヨーロッパのような爽やかな朝を迎えていますヨーロピアンな私には ぴったりな気候ですねヨーロッパといっても広うござんすヨーロッパのどこよと言われると ちょっとアレですが 真ん中あたりと言っておきましょうかねだいたい真ん中あたりすこし ... 続きを読む

ここ二日は湿度が少なくて


ヨーロッパのような爽やかな朝を迎えています


ヨーロピアンな私には ぴったりな気候ですね



ヨーロッパといっても広うござんす


ヨーロッパのどこよ


と言われると ちょっとアレですが 


真ん中あたりと言っておきましょうかね


だいたい真ん中あたり


すこし右のほうね



突っ込まないでくださいね



地中海を見ると必ず両手を伸ばして広げ


「ウィンド・・ズふんふんふんふんエージア~ン おんなはうみ~」♪ と


ジュディ・オングさんの唄を歌ってしまう私ですからね



地中海=ジュディ・オングさん


ヨーロッパ=真ん中右あたり



そういう認識の私です









うちのとらまる


過去の写真ですが


日向ぼっこ とら




日向は猫に合います








うちのとらまる


シモジモのものを見下ろす まる




高いところは猫に合います












うちのとらまる



今日も とらまるは元気でしたよ














今日も腹いっぱい食ってしまったこれじゃイカンと道場へ上原先生クラスは初心者用のライトな稽古ゲロ吐きそうでした・・・腹八分目私は それが出来ないお子ちゃまです大変申し訳ありません ... 続きを読む


今日も腹いっぱい食ってしまった




これじゃイカンと道場へ


上原先生クラスは初心者用のライトな稽古




ゲロ吐きそうでした・・・









うちのとらまる



腹八分目


私は それが出来ないお子ちゃまです










大変申し訳ありません










カバンに入りたい まるすべてにおいて 何かにつけ まるはとらに挑みますがだいたいいつも負けます(笑)とらが飽きて出て行ったので入ることができました満足していますよかったね まる ... 続きを読む


カバンに入りたい まる












すべてにおいて 何かにつけ 

まるはとらに挑みますが

だいたいいつも負けます(笑)















$うちのとらまる




とらが飽きて出て行ったので

入ることができました












$うちのとらまる




満足しています

よかったね まる







【福島民報】地元・楢葉で営業再開 ブイチェーンネモト店 休憩スペース設置 楢葉町の食品スーパー「ブイチェーンネモト店」社長の根本茂樹さん(51)は10日、店の営業を再開した。根本さんは「家の掃除などで訪れる町民たちのニーズに応えたい」と、店内に新たに休憩 ... 続きを読む


【福島民報】


地元・楢葉で営業再開 

ブイチェーンネモト店 

休憩スペース設置


 楢葉町の食品スーパー「ブイチェーンネモト店」社長の根本茂樹さん(51)は10日、


店の営業を再開した。根本さんは「家の掃除などで訪れる町民たちのニーズに応えたい」と、


店内に新たに休憩スペースを設けた。


 店舗は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から昨年の避難区域再編まで、


ほとんど手付かずの状態だった。店の中はパック詰めの生鮮食品など、


食べられなくなった食材であふれていた。


 震災から2年の節目を迎えた今年3月、


「かつてのにぎわいを取り戻すために少しでも役立ちたい」と営業再開を決めた。


毎日のように店舗を訪れて準備を進めた。


 再開はしたが、どんな商品が求められているのかまだ手探りの状態だ。売り場面積は


以前の3分の1、商品数は4分の1に縮小し、弁当やおにぎり、パン、ジュースなど食料品を


中心に扱っている。町から避難し、いわき市の上荒川仮設住宅で営業するベーカリーハウス


「Algernon(アルジャーノン)」のパンも並ぶ。


 休憩スペースは食事や休憩に活用してもらう。初日のお昼には町の復旧に当たる


作業員らがレジに行列をつくった。


 町のほとんどの地域は自由に立ち入りできるようになったが、再開した飲食店や商店は少ない。


根本さんは今後、店舗の商品数を充実させるほか、町内で経営していた別のスーパーも再開して、


顧客の要望に応えたいという。


 営業時間は午前9時半から午後6時まで。日曜日と祝日は休業する。


問い合わせは電話0240(25)3165へ。




福島民報さんより転載  させていただきました





------------------------------------------------------------------------------





いつも福島で給餌やTNRで頑張っている にこちん  さんの尽力で


こちらのスーパーに「えさ台」を設置させていただきました


こちらのスーパーマーケット・ブイチェーンネモトさまは


早いうちから動物たちの餌を置くことを許可してくださり


おかげさまで何匹もの猫が命を繋いで来れています



食品を扱うお店でありながら


動物たちを思ってくださるお気持ちが本当に素晴らしいと思います


「えさ台」が衛生面や 


フードをカラス 野生動物などから少しでも守れるように


役に立ってくれることを祈っております








うちのとらまる

にこちん撮影








うちのとらまる

にこちん撮影







にこちん ありがとう


そして一緒に動いてくれている さっちゃん ありがとう
















河原猫時代のシロです今もそうですが よくしゃべる子です保護した時はバイクで連れ帰ったのです道中ずっと大音量で鳴いていまして信号待ちで停車するのが恥ずかしくてしょうがありませんでした ... 続きを読む




河原猫時代のシロです












うちのとらまる



今もそうですが よくしゃべる子です






保護した時はバイクで連れ帰ったのです


道中ずっと大音量で鳴いていまして


信号待ちで停車するのが恥ずかしくてしょうがありませんでした