住民が戻ってくるにつれて
 
電気などライフラインもしっかりメンテがされ
 
電柱に取り付けている「えさ台」も
  
邪魔者以外 何ものでもなくなりつつあります
                                                   
                                                    
                                                




 
l1260725

改めて見ると

電柱に取り付けている「えさ台」は

結構あるのです







l1260772
                                                                    
まっすぐに立って丈夫なものですから

「えさ台」を取り付けるにはもってこいの場所







l1260831
                                                                
しかし

いつまでもというわけにはいきませんね







l1260784

先日 はじめて街の中心部に近いところで

撤去してくれと

貼り紙で注意されましたが

それ以降 他の場所では

まだ何の連絡もありません




しかしそれに甘えることなく

少しずつ移動できるところから

移動し始めています







l1260799
                                                         
この場所などはラッキーです

2本の電柱の間に木が1本

細い木ですがしっかりしています






lb1260804

ふんがー

と 付け替え







l1260809
                                                     
これでまたしばらくいけるでしょう

こうして元の位置に近い場所ですと

猫たちにも分かりやすくていいのですがね








l1260885


こちらは道を挟んで反対側に取り付け

奥の電柱に設置していました

猫たちが見つけてくれればいいのですが




これは「火の見やぐら」なんですよ

メンテもされていませんから

もう上る人もいないのでは

きっと解体されるような気がします

いつまでいけるかなあ




人の邪魔にならず

餌場を作るというのは本当に難しい

考えてみれば

普通の街中に餌場を作るのは

大変難しいことですよね

これから福島は

少しずつ普通の街になっていく

そんな中での活動を

覚悟しておかなければいけません