猫好きさんたちなら
  
もう知らない人はいないくらい
                                             
                                               
                                             
深谷かほる先生作の大人気漫画

「夜廻り猫」



去年の秋から一日一話

ツイッター(@fukaya91)で更新して来られ

誰もが無料で閲覧できる漫画です


基本ストーリーは毎回

遠藤平蔵という名前の猫が

涙の匂いを嗅ぎつけ

その人間や動物にそっと寄り添い

それだけで相手を励まし癒してくれる

そんな内容です

 

200回以上続いている連載の中で

共感できることが本当に多く

自分もまた頑張ろうと思える

そういう力をいただける漫画なのです 







llyomawari



3月

講談社より1巻2巻 同時発売されました

皆さま是非ご覧ください

というか もう持っておられますよね・・・ 








ところで今年のお正月

伊勢丹相模原店の初売り特別企画

「夢袋 夜廻り猫登場権」にダメ元で応募してみたら

見事に当選! いたしまして

その原画コピーが本日送られてまいりました







blog夜廻り猫213-03
(これはネットからコピー 転載許可いただきました) 



内容は2年前に亡くなった

私のTNR第一号の ぽーのエピソードでした

やさしい猫だった ぽーを

深谷先生はみごとに再現して描いて下さった

そして

飼い主の気持ちも考え救ってくださる内容でした

感動感謝 お礼の言葉もありません






そしてそして!






 
l7597-02


本日送られてきたものです(右側額装のもの)

サイン入りですよ


ぽーの写真と並べて飾らせていただきますね

また ぽーの思い出が増え本当に嬉しいです






遠藤平蔵は人間っぽく描かれていたりしますが

それでも猫の本質をしっかり持っています

私は猫の力に少しでもなりたい

助けたいなんて

偉そうに上から目線で

思っていたりしていたのだけれど

実は猫たちに助けられているのは

私のほうでした

まさに平蔵のように

彼らはいつもそっと寄り添っていてくれています

別に芸をするわけでもなく

ただただ そばにいてくれるだけ

それだけで心が穏やかになり

私の進むべき道を教えてくれていたのです


そういう人とかかわる猫の

存在意義(人から目線ですが)を

ご存知だった深谷先生は素晴らしい方だと思いました

これからも私たちの胸を熱くさせるエピソードを

描いてくださるのを楽しみにしたいと思います



ああ第3巻が待ち遠しい!