小林さんは北へ流れてしまったので
 
ここからは もーすがお届けします
                                              
                                             
                                             









l1210803


うちのシロの介護の問題で

自宅スタートが30分遅れました


その30分遅れのおかげで

到着時の空はうっすらと明るくなって

作業がやり易くなりましたよ









l1210798


順調に餌が減っている海に近い場所

猫のことを思えば

もっと内陸に餌場が欲しいところですが

設置する場所が今のところありません










l1210800


小さい神社の裏に設置させていただいています

許可を頂いているので本当にありがたい











l1210806

プーたちがいた場所

解体作業が始まっていました

そのために屋外の木に設置した「えさ台」

いい感じでフードが減っていて喜ばしいのですが








l1210811


給餌してくださっているボラさん情報によると

建物の解体ののち

この木も伐採されるそうです










l1210814

代わりの場所を見つけねばなりません

しかし

ここの周りは民家もない場所

こちらに猫を留めておくことが

はたして猫のためになるのかと

そう思うようになりました


私たちボランティアが

いつまでも給餌に来られるはずもなく

最後は住民の方々にお任せするしかないのです

ならば

民家がある方向へ

誘導してやることを考えねばと思っています







l8072

「えさ台」が設置できそうなところを

探していたら

キジの巣を見つけました



驚かせて ごめんね










l1210817


以前 こちらの近所で

イノシシが来るからという

住民の方の意向で

泣く泣く外した「えさ台」がありました


切り捨てる生き方を選ぶのは簡単

しかしそれは自分がそうなっても文句は言えません

弱いものを守る

手を差し伸べる

それは間違いなく自分を守ることに通じます

「しょうがないよね」

このひとことで猫たちは行き場がなくなり

消えていくことになるのです