楢葉町から浪江町に移動 
 
楢葉町の餌場から

浪江町の次の餌場まで約25キロ
                                               
                                              
                                               
20キロ圏内は広い 移動も結構大変です

当たり前ですが直径は40キロ

この範囲をウロウロするわけです

いつもこの25キロの間に おにぎりを1個食べます








l1210358


公園も除染されています

「なみえ復興レポート」によると

浪江町は3月に一部避難指示解除を想定しているそう


当然 公園として機能し出すと

「えさ台」は余計なものになるでしょう









l1210362


イノシシが「えさ台」の下をうろついています

いつ壊されてもおかしくない状況でした









l1210365


新しいタイプを高い位置に再設置

これでイノシシの被害はなくなるでしょう










l1210369


前々回 破壊されていた場所

大丈夫でした

フードもボランティアさんが前日に補充してくださっています

ありがとうございます


こうして給餌日が重なってしまうと大変もったいない

でも 皆が行ける時に行くしかないのです

そこまで贅沢は言ってはいられません








b1200344
前回撮影


手前の古い「えさ台」から

奥の新しい「えさ台」

しかしこの場所の持ち主さんから

外して欲しいと要請があったので

場所を移動することに






l1210380

次の場所はこちら

タントの後ろに細い道があります






l1210378


小道の右側は帰還困難区域

当分の間は いけそうな気がします







l1210375


猫たちはきっと気づいてくれるでしょう






さて次は・・・









l1210384

ギャン!



ここを破ることを覚えてしまったか・・・

アライグマですね








l1210392


今回持って来た2台をここで使い果たす

まだすべての餌場の半分も回ってないのに



効果があるかどうか分からないけれど

あるもので補強してみる









l1210399


ここも もうだめだ

騙し騙し使ってきたけれど限界


ダメなパーツを外して

手持ちのパーツで補修して再設置だ









l1210403


設置場所を一段下げてみました

この高さでも十分イノシシを防げると思います

敵はアライグマです








l1210420


階段をつかうイノシシがいなくて良かった(笑)


豊田動物病院のとなりです

ここで偶然 赤間さんとバッタリ会いました

そうしたら豊田先生もいらっしゃった

しばらく立ち話で今後の方針などを相談

帰還してくる町民との摩擦は避けねばなりません










l1210427


新しく設置した場所

しかし猫が来ている様子はありません

監視カメラには

猫どころかアライグマさえ映っていませんでした

映っていたのはお隣で作業している人間のみ

マタタビを多めに振りかけておきました










l1210430


小学校


ここもいずれ・・・









l1210447



l1210448



l1210453


しっかり機能しているといえば こちら


希望の牧場の入り口です

中のフードもいい感じで減っています

2匹くらいが来ているのかな

またカメラを使ってチェックしようと思います









l1210459


最後の最後に行った所



うちのシロのこともあって 

今回はなるべく早く帰ろうと思っていたのです

またしてもアライグマ!

たまに「簡単に諦めないタイプ」がいるのですね



必死に補修し

さらに補強しました




これに30分余計に掛かりましたが

いつもより4時間は早く福島を出発 

やればできるんだ(笑) 








b1210411
 
地鶏じゃなくて自撮り


デブ・・・


この写真を見て私は決めたのです

また断食すると!



・・・・・・・・・・・・・


 
ということで昨日3日間の断食が終わりました

4キロ減

もう0.1トンとは言わせません!

断食は終了ですが さらに痩せるように頑張ります

シロも頑張っていますからね