うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

シロだ                                                                                                                             ... 続きを読む

シロだ
                                               
                                               
                                                
                                              

l5074

大好きなおじさんと



うらやましいほど仲良しだったねえ







しやわせシロだ                                                                                                                         ... 続きを読む

しやわせシロだ
                                                         
                                             
                                                     


l1050164

スピー






l1050169

まるのおなかにモフモフ




こりゃ しやわせだわ












浪江町の町中に近いこの場所                                                                                                                   ... 続きを読む


浪江町の町中に近いこの場所
                                                    
                                                   
                                               
今年に入ってから 餌の減りが殆どなく

心配で2月3月と連続して監視カメラを設置





l1210919


しかし写っていたのは鳥とアライグマ

アライグマは中に入れないようで良かったのですが






002
3月撮影


鳥は自由に出入りしていました(笑)

これは3月撮影です

ちょうどフードをくわえて出てきたところ



餌も鳥が食べた分しか減らず

2か月の間に2回(2週間を2回)

カメラで様子を見ても

猫は一度も現れない

そろそろこの餌場を廃止するかと思っていたのでした








しかし心配性の私は 念には念を入れて

今回もう一度だけカメラを設置してみたのです






0001

カメラ設置完了!



ポーズとったのに写ってないし






001

やはり鳥

ヒヨドリ系ですかね

キャットフードがお好きのようです







0010


カラス!

しかしカラスは入ることはありません





0024

ちゅんちゅん

じゃないか ピーピーか?






0027


夜はアライグマ

この後どうなったのかなあ(笑)






0028


入ろうとしていますが

みごとに阻止しましたよ





0122


ハクビシン






0142


おまわりさん


あ おまわりさんはフードを取りません

パトロールお疲れ様です





0194


珍しい真昼のアライグマ





やっぱりね

鳥とアライグマとハクビシン

ここも終わりか・・・


なんて 思ってたら!







0206



にゃー





0225

にゃにゃー





0235


にゃにゃにゃー

(これは初めの子と同じ)




出ました!

どこからか流れてきたのか

猫が現れたのでした



ああ

外さないでよかった






0259

そして最後は





0265


ブタ野郎です



高い位置に設置しているので もう大丈夫





猫が来ていることが分かった以上

この餌場は続行します


しかし


電柱に設置しているために

いずれは外さなくてはいけなくなりそうです

そうなる前に次の手を打たなければ

しかし他には設置できるところがなかったから

この場所になってしまったはず




次回もう一度しっかり見てきたいと思います












やさしいねこ (うちのぽー)                                                                                                                  ... 続きを読む

やさしいねこ
 
(うちのぽー)
                                                         
                                                              
                                                         
                                                 

l8347


エキサイトブログで続けていた

「やさしいねこ」でしたが

シロのことがあってから

手につかなくなって

更新が止まったままになってしまっていました


そろそろ落ち着いてきたので再開を

と思ったのですが

どうもふたつのブログを維持するのが

大変で困っていたのです


こうなればこちらに統合して

「やさしいねこ」カテゴリでするしかないと思って

ただいま引っ越しの準備をしているところです

あっちこっちにいったりきたりで

申し訳ありません

もうしばらくお待ちくださいね






フェイスブック


ツイッター

もし何かございましたらこちらでは

気軽に会話ができますよ


こちらにもどうぞ
otacats2@yahoo.co.jp











シロ                                                                                                                              ... 続きを読む

シロ
                                                              
                                                            
                                                           





l9377

キジバトが来ていました

もう たまらんみたいです






l9429

まるが舐めてやるほうが

圧倒的に多いのですが

たまにはね







l9516

ブサイク(笑)

















病院シロだ                                                                                                                           ... 続きを読む


病院シロだ
                                                              
                                                  
                                                           


l1040418

不安でいっぱい


病院でのシロは

まさに借りてきた猫でした






l1040438

大丈夫 大丈夫

怖くないよ


ほら大丈夫だったでしょう?

ね シロ









まるは不思議                                                                                                                          ... 続きを読む


まるは不思議
                                                                                 
                                                                           
                                                                                
                                                                          




l6228393802639

知らないうちに膝の上にいたりする

本当に気が付いたら すでにいた

みたいなことが何度も







l6228376178274

ある日は脱衣所に先回りしていたり





l6164063803352

湯船につかってスマホさわってたら

お風呂にもいたりする





l6228392108011

もうすぐ15歳

もう15年も一緒にいるんだ

いて当たり前

空気のような存在の とらまる




シロがいなくなってから

よく甘えてくれるようになりました

我慢していたのかな

ごめんね













































さてさて やってきました箱特集(笑)                                                            いつものように深夜2時出発です月は満月ちまたではピンクムーンとか言ってましたがたぶん深夜の月は違うの ... 続きを読む

さてさて やってきました箱特集(笑)


                                                            

01

いつものように深夜2時

出発です







02


月は満月

ちまたではピンクムーンとか言ってましたが

たぶん深夜の月は違うのだろうな






03


タントも絶好調

今回は久々に一人で出発

(前回 前々回と2人で行きました)



ただ 今回も出発と帰りは一人ですが

現地で大事な人たちと待ち合わせをしています







S_6228369819058


あなたと食べたい午前3時半のかき揚げそば

略して「あなたべ」


ひとりぼっちは やっぱりつまらない

ああ

ここに君がいてくれたら

食べた後はさよならしてもいいから(笑)

あ ウソです








l9328

5時半到着

さあ給餌の始まりです







l9330


前回 取り壊しのステッカーが貼ってあった神社

跡形もなく無くなっていました

きっと新しく建て直すのだろう

何と言ってもこの神社で津波が止まったのだから

「えさ台」は後ろの林に取り付けてあります

前回はブタ野郎に破壊されていましたが

今回は大丈夫







l9335


プーたちがいたところ

二匹の猫が確認されています

ただハクビシンも来ていて

餌の減りが早いのが気になります







l9333

少しずつ餌が減るようになってきました

次回カメラを仕掛けて誰が食べているかを

確認したいと思います







l9342


痛恨のミス

脚立を持ってくるのを忘れました

新しいものと交換予定をしていたところです

しかし高い場所に設置しなければいけないので

脚立がないとどうにもなりません


こちら かなり破壊されていて

知り合いのボラさんが応急処置してくださっていました

ごめん もう2週間だけ頑張ってくれとお願い






l9345

学校に設置しています






l9347


穴が・・・





l9349


塞ぎました






l9350


キジさん

見ない日はありません







l9355


1匹の猫が来ていることが確認されています

ただハクビシン アライグマも頻繁に来て

餌は空っぽ状態でした






S_6228367659017


しばらく見かけなかった場所でしたが

ばったり出くわしました

来てる!

頑張って生きるんだよ









l1260371


今回の一番大事な活動

浪江の現地で合流したお二人を赤間さんに紹介


横浜で活動をしている

「ニュータウン動物愛護会」

代表の日向(ひなた)さんと

一緒に活動しておられるベルポンさんをお連れしました
(ベルポンさんは顔出し名前出しNG)

毎週横浜で里親会を開いておられるので

赤間さんのところにいる猫たちも

加えてもらえることになったのです






l1260380


手始めにミケちゃんを一匹お預かり

きっと良い飼い主さんを見つけてくださるでしょう






l1260338


第一原発を望む



浪江の給餌を手伝ってくださり感謝

空いた時間で原発ビューポイントをご案内





l1260347


誰もいない双葉海水浴場にぽつんと・・・

ベルポンさんに電話がかかってきました

かけてきたのは希望の牧場の吉沢さん(笑)


ベルポンさんは希望の牧場のサポーターでもあるのです







l1260319


お二人にお願いしてしまった虫よけ

そう餌に湧いたカツオブシムシを

手で取りだしていただいています






l1260321


成虫だけでなく幼虫もいるので

気持ち悪く大変な作業

最初は気持ち悪がっておられましたが

段々慣れて平気に(笑)








l1260360


? 貼り紙が・・・






l1260364


あいたー とうとう来たか


電柱はこれから外していかねばなりません

幸いこの場所は猫がほとんどいなくなっている場所

他にも電柱設置はあるので早急に対処しなければ







L1260393


外すばかりではありませんよ

赤間さんがご紹介くださって新たな設置も

協力してくださるお宅に感謝です








今回は 給餌だけでなく

猫の未来を繋げるお手伝いもできたように思います

まだまだやれることはあるはず

諦めずにやりたいと思います


















シロだ                                                                                                                             ... 続きを読む

シロだ
                                                          
                                                
                                      


l1010502
おほほほ・・・


シロは お上品に笑います








l1396

うちに来て半年が経ったころ

やっと居間でくつろいでくれるようになりました








l0839

背中がゾクゾクするといけないからね







シロの書籍化の応援ありがとうございます

いつか必ずできると信じて営業に励みます(笑)











うつくしいシロ                                                                                                                         ... 続きを読む

うつくしいシロ
                                                              
                                            
                                              




l9531



うつくしいでしょう?








l1010858


ああ魅惑のお手て









l1010863

こんな素晴らしい子と

一緒に暮らせたなんて


私はなんてラッキーなのでしょう

(かなりイカれています)





                                                          
                                                      
                                                              






去年から続いている 希望の牧場が やまゆりファーム(以下”やまゆり”に略)にたいして起こしていた訴訟                                                                              ... 続きを読む

去年から続いている
 
希望の牧場が
 
やまゆりファーム(以下”やまゆり”に略)にたいして

起こしていた訴訟
                          
                                                          

1回2回は やまゆり代表岡田氏が欠席

今回の3回目は

原告(吉沢 氏)被告(岡田 氏)

双方の本人尋問が行われました                                                      
                                                     







l5920
やまゆりファームには現在41頭の牛がいる
青耳標が目印




裁判では 原告の吉沢氏

被告の岡田氏の順番に

双方の弁護士が尋問していくという形

約2時間で終了

私としてはこれで終わりなの?

という感じで終わってしまった



乱暴な書き方ですが裁判は事実を積み重ね

被告に非があるかどうかを判断する場

もちろん心証も左右されるでしょうけど

お二人それぞれに これまでしたことや

それについてのデータを質問して終了


これで材料はすべて揃い

あとは判決を待つところまで来たようです

8月に判決が出るそうですが

その前に和解の機会も設けられる可能性もありそう







l8449
裁判後に行われた記者会見






私としてはモヤモヤ感が残った裁判でしたよ

それが何なのかを考えてみました



まず裁判の内容ですが大雑把にいうと

希望の牧場吉沢氏は やまゆり岡田氏にたいして

岡田氏が牧場に来なくなった

2014年10月から現在までの

やまゆり所属の牛の飼養費を請求と

岡田氏は以前からもう牛を飼育する気はなく

もしあったとしても

独立した牛の飼育は無理と判断していて

牛の放棄 やまゆりの解散

これを求めています



一方 やまゆり岡田氏の主張は

請求されている金額に納得がいかない

牛は引き取りたい しかし

牧場に来たくても来るなと言われたこと

牧場に行けなくなった半年後の2015年4月に

牛を引き取るためにトラックを用意し

アクションを起こしていることなどを述べていました



裁判ではこの二つの主張を裏付ける理由などが

それぞれ質問されていたのですが

モヤモヤ・・・・


今まで何年も双方を見てきて

内情を少し把握しているこちらとしては

言いたいことがたくさんあるわけです






l9315



私の個人的な気持ちを述べますね

主観的になっていることをお知らせしておきます



まず

やまゆりのベースとなる理念

「終生飼育」 は どうなったのか

餓死もさせず 殺処分もさせず

牛たちの生涯を全うさせることが

やまゆりの目標だったはず

その目標は素晴らしいものだったのです



しかし内情は とてもお粗末なもので

やまゆりの前身であった「ファームアルカディア」の頃から

支援金の使い方でトラブル勃発

関わっていた東京の愛護団体が通帳を持ったまま遁走(笑)

めげずに残ったメンバーで

やまゆりファームを立ち上げたものの

大口の支援金が入ると またもめて分裂(注↓

さらに数回の分裂をへて

最後やまゆりは岡田氏ひとりになってしまった

それでも岡田氏は諦めることなく

やまゆりを継続

しかし実情は当時 約60頭いた牛を

一人で面倒をみられるわけもなく

結局は希望の牧場におんぶに抱っこ状態

それでもやまゆりは独立した団体だとして

個別に支援金を募っていたのでした




つまり「終生飼育」の理念で作ったはずの団体が

「来るな」と言われたくらいで半年間も牛を放置

べつに実力行使で妨害されたわけでもないのにです

半年どころか半月も放置すれば牛は死んでしまいますよ

もうここで岡田氏の甘えが出ています

牛は希望の牧場が面倒をみてくれているという甘えです

その甘えは現在も続いていて

すでに2年半以上たっているのです

「牛の命を自分が守るんだ」

という気持ちで始めた活動でしょう

何を甘えているのでしょうか

この状況に陥ってしまった切っ掛けが

大口の支援金があってから

要は大事なのはカネであって牛ではなかった

ということなのでしょうか












l1130373
青耳標やまゆりファームの牛たちは
希望の牧場の牛たちと一緒に仲良く暮らしています





先に書いたように

牧場に行けなくなった半年後の2015年4月に

トラックを用意し牛を引き取るという

行動に出たのは良かったのですが

その準備や手続がお粗末


まず移動する場所の確保ができていなかった

了解を得ていたのは牛を放牧する土地の地主だけだった


岡田氏が希望の牧場に来なくなって半年後

2015年4月に何の前触れもなく現れた時に

吉沢氏は県や市に許可を取ったのかと問うと

取っていないとの返事

それでは牛を連れて行っても置くこともできず

まともな飼育ができるわけがないと吉沢氏は判断

追い返したということがあった


被爆牛の移動は県の家畜保健所や

移動した自治体(この場合南相馬市)の承認が必須

これはかつてやまゆり牛たちを楢葉町の牧場から

希望の牧場に運び込んだ時に手続きを踏んでいます

当事者の岡田氏が知らないわけはありません

なのに岡田氏がとった行動は

南相馬市に「相談」電話を一本入れただけだった(判明しています)

その電話時に市の担当者から

地主だけではなく

隣接する土地の持ち主にも

許可が必要と聞いているにも関わらずしていない
(尋問で岡田氏は「やっていないと」証言)

さらに移動先は

現在も立ち入りが制限されている帰還困難区域で

普通に考えて移動の許可が下りるような場所ではないこと

岡田氏は そういう牛を飼うために必要な行動を

殆ど起こしていなかったのでした



「牛は犬や猫と違うんだ」

「素人が何十頭もの牛を飼うことなどは不可能」

と いつも言っている吉沢氏は

そういういい加減な人物に牛を任せることなどは

絶対にあり得ないと再確認したのでした









l8481





裁判では

牛を6年もの間 毎日毎日毎日必死で

それこそ必死で守ってきた吉沢氏と

かたや希望の牧場に預けっぱなしで

尚且つ牛の飼育を自分でするための行動を

ほとんど何もしてこなかった岡田氏を

同じ立場でニュートラルに扱うのですね

当たり前なんですけどね・・・









l8423



私には この「差」があまりにもありすぎるこの二人を

同列で扱うこの裁判にモヤモヤしていたのでした

まあ素人考えでお恥ずかしいのですが

ずっと吉沢さんを見てきた人間としては

そういう気持ちになってしまうわけですよ





ニュートラルな記事がこちらに出ています → 民の声新聞






今現在も吉沢氏は牛のために動いていることでしょう

容易に想像がつきますね

牛の世話は まったなしです




一方 岡田氏は今ごろ何をしているでしょうか

彼女ひとりの やまゆりファーム

2年以上の時間がありながら

手続きをいつまでたってもする気配もない

世話をする気もない牛たちに

そこまで拘る理由はなんでしょうか

そう考えると岡田氏の目指している目標が

なんとなく見えてくるような気がします



いくつもの愛護団体や個人がやってきた福島

純粋に動物のために動いている人間は間違いなくいます

しかし そこそこの金を生む愛護活動に目をつけて

この土地を目指してきている輩たちも

一定数いましたし 現在もいるのです




裁判の結果がどうであれ

希望の牧場 および

やまゆりファームがどういう団体であったかは

私は知っていますし その気持ちは変わることはありません







希望の牧場ブログ








(注【補足】

やまゆり2度目の分裂で団体を出た2人のメンバーは

やまゆりを出てすぐに20キロ圏内の牛たちの支援団体

「ウィズキャトル」として

希望の牧場だけではなく

20キロ圏内全般の生き残った牛たちのために

餌を調達する活動を現在も続けています










困ったときのシロだのみ                                                                                                                     ... 続きを読む


困ったときのシロだのみ
                                                             
                                                           



                                                  

l5092


シロは持ち前の明るさで





l2948


とらとまるに すぐに受け入れてもらっていましたよ






シロ                                                                                                                              ... 続きを読む


シロ
                                                            
                                                          
                                                 




l0772


イオナ

なんて美しいのだろう








l0592


好きでいてくれて ありがとう






















シロが好きだったのは                                                                                                                      ... 続きを読む


シロが好きだったのは
                                                    
                                                              
                                                          


0076


やっぱり まる



コイツには勝てる(笑)

と思ったのでしょうね


シロがうちに来て

一番初めにちょっかいを出し始めた相手が

まるだったのです



まるはいい迷惑でしたけどね









l5302



ゆっくり眠ってね














マーラと仲良しだ                                                                                                                        ... 続きを読む

マーラと仲良しだ
                                                   
                                       
                                      



l7011


シロもマーラも

うーん しやわせ








l0931


カメラも嫌いじゃなかったから

いっぱい写真を撮りましたよ