うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

うちに通って来てくれるようになった ぽー                                                                     これで ぽーと毎日会えることとなりました健康状態も観察できるので有難かったねー ... 続きを読む
うちに通って来てくれるようになった ぽー
                       
                       
                       
これで ぽーと毎日会えることとなりました

健康状態も観察できるので有難かった





lmaru
ねー なんかきてるよ?


まるが 珍しそうに見ていました




l1060910
それをさらに見ている私(笑)



一日二回

ぽーは規則正しくやってきました




l1010024
たとえ雨が降っていても・・・


全天候性の餌場も役に立たないほどの雨




l1010022
雨に濡れている ぽーを見て

どこで寝ているのか

今度はそれが気になってきました




つづく






やさしいねこ

売り切れになっているようです
ごめんなさい今のところはkindle版しかありません





その2から続いています                                              ぽーは慎重です私はかれの信頼を失くしてしまっているので近づくことができませんカミさんには少し心を許す ぽーしょうがないので私は家の中からガラス ... 続きを読む
その2から続いています
                      
                       
 
l2657
ぽーは慎重です

私はかれの信頼を失くしてしまっているので

近づくことができません




l0618
カミさんには少し心を許す ぽー

しょうがないので私は家の中から

ガラス越しに写真を撮るしかないのです

チッ 面白くない私




l2603
雨の日でも食べられるように

有り合わせの板で屋根付き食堂を作りました

ぽーは疑いも持たず利用してくれました






相手はしてもらえないけれど

満足な私

こちらが思うように動いてくれる ぽーを見ていると

ハッピーな気持ちになります




l2648
やがて ぽーは

縁側で寛いでくれるまでになりました

「うちの外猫ぽー」と

3年間の付き合いが始まります






つづく





やさしいねこ
お安い文庫判はまだ販売しているかと思えば
売り切れになっているようです
ごめんなさい今のところはkindle版しかありません



昨日の続きです                                                                                            首輪は取れてしまったけれど無事にリターンし居場所も把握で ... 続きを読む
昨日の続きです
                       
                       
                       
                       
首輪は取れてしまったけれど

無事にリターンし居場所も把握できているので

まずは一安心の ぽー





l8693
ぽー!


なんだ?




私から逃げようとしているのに

ぽーという名前もまだ認識していないのに

呼べば振り向く律義な ぽー


そのあと何も言わないでいると

ぽーはきびすを返して去ろうとします




l8308
ぽー!


なに・・・




やっぱり振り返ってくれる(笑)




その後1週間ほどで

ぽーはうちの庭に来るようになりました





l0705
誰かと戦ったのか

顔には咬み傷ができていました




l0636
この時はまだ

ぽーが「町内最弱猫」だとは知らず

野良で頑張って生きていくものなのだと

そんな風に思っていたのです





つづく





やさしいねこ
お安い文庫判はまだ販売しるようです



やさしいねこ ぽーの命日です                                                                                           ぽーは私に猫活動をさせてくれた第一号の猫TNRと ... 続きを読む
やさしいねこ ぽーの命日です
                      
                       
                       
                       
ぽーは

私に猫活動をさせてくれた第一号の猫

TNRという活動

それを実践させてくれた大事な存在でした




l公園にいた
2009年4月

とくに人馴れしているわけでもありませんでしたが

距離さえおけば警戒することもなく

ずっと観察できる そんな猫です



外で生きている猫たちに何ができるか

いろいろネットなどで調べ

捕まえて手術してまた戻す

TNR活動というものがあることを知り

不幸な猫たちを増やさないために

自分も微力ながら活動を始めようと思ったのでした




l1000783
この子は未手術だったので

捕獲してみることに




l1000787
これがあっけないほど簡単に捕まえられたのです

ぽーは私に自信をつけさせてくれたのでしょうか

その後 大変な捕獲も経験しましたが

最初の捕獲が上手くいったことで

私が調子づいたのは言うまでもありません

ぽー ありがとう
     


l6823
無事 手術を終えうちに帰って来た ぽー



l1000861
身体が心配で すぐにリタ―ンせずに

1週間はうちに置くことにしました

手術の縫合の仕方も現在と違ったので

しばらく安静にしておきたかったのです

現在なら即日リターンなのですけれどね




l6817
ぽーにとっては地獄の日々だったのでしょう

タマを取られ

さらに自由も奪われてしまった




l6902
おれはいったいどうなるのか



いや 戻すよ

ちゃんと外に戻すから

しばらくの間だけ我慢してね


と 言っても ぽーには伝わらない

ケージの中で暴れる ぽーに

一刻も早く自由になって欲しかった




l6915
必死でつけた手作りの首輪

外に放したとしても この子はうちの子で

最後まで責任を持つつもりでした




l7797
一週間が経ち

ついにリターン

場所は捕獲した場所と同じ公園




l7805
ぽー

もう行っていいんだよ


この後 ぽーはダッシュで林の中に消えていきました




l8191
ぽーは自由を取り戻しました

私を警戒しています




l8213


頑張って作った首輪がない

引っ掛かっても首が絞まらないように

外れやすい留め具を使用したのがまずかった

ぽーは ただの野良猫に戻ってしまった

それでも彼の動向をできるだけ把握するため

近所の人たちと情報を共有していました




l7130
ぽーのメインの食堂は

近所の優しいおばあちゃんち




l8242
餌をあげてくださるのはありがたいことですが

これではしっかり管理することができないので

なんとかうちでご飯を食べてもらうように

少しずつ誘導しました




こんなに長くするつもりなかったのです(笑)

大変なのでまた明日に続きます




連休です                                                                                            お天気が安定していたのでボクシングジム裏にまた監視カメラを設置 ... 続きを読む
連休です
                       
                       
                       
                       
お天気が安定していたので

ボクシングジム裏にまた監視カメラを設置

4日間の設置期間を経て

本日 カメラを回収してきました



前回は手術をすでに済ませたカサノバや

だれ? と言われるキジトラが写っていましたが




今回は・・・・




lジュリー
だれ? の子でした(笑)


写っていたのはこの子のみ

毎日来ているわけではなさそうですが

何日かチャレンジすれば捕獲できそうです






命名 ジュリー


次の目標になります

わたし連休明けから旅に出ますので

帰ってからにさせてくださいー

さがさないでね





せんちゃんは うちの子                                                                                              私が発見保護し最期はうちで看取り故郷の大熊町に ... 続きを読む
せんちゃんは うちの子
                       
                        
                       
                        
私が発見保護し

最期はうちで看取り

故郷の大熊町に埋葬

せんちゃんは うちの子だったのです






l5115
初めて目撃したのは



l5609
福島大熊町 山の入口の家

震災の年 2011年の12月でした

それでももう9カ月経っていてます



l5126-02
せんちゃんはひとりぼっちで生きていました


目撃したからには餌を置かねばなりません

当時の私は保護することができず

餌を置いて生き延びてもらうしか方法がなかった




l4737-02
まだ牛たちも何とか生き延びている頃



l4730
牛たちにはこの後

殺処分という運命が待っていました



l4734
ダチョウ牧場にも

辛うじて生き残っていた

ダチョウたちが居ました




せんちゃんを保護出来たのは翌年の5月

半年も待たせてしまいました





l4745
頑張って生きていた せんちゃん



l4758
ごめんよ

人がいなくなった町で1年と2カ月

気が遠くなるほどの時間だったことでしょう




l1050411
大阪にお住いの里親さまが手を挙げてくださり

お迎えに来てもらうまでお預かり




l1050449
大熊町で半年間 何も出来ず見てきた

せんちゃんがうちにいる

私は幸福感でいっぱいでした




l1050514-02
せんちゃん 良かったなあ



l1050617
せんちゃんはとても人馴れしていました


ところが・・・




1116
窓に鍵をかけ忘れていて脱走



l1067
なぜか うちの車の下に隠れていた


せんちゃんの脱走は3日間で終了

知らない土地で

不安な思いをさせて申し訳なかった




l1050733
心配したよ~




l0560
せんちゃん せんちゃん

かわいいよ せんちゃん




l20120830_234022
大阪の新しいおうちのせんちゃん

直ぐに馴染んだようでした



せんちゃんは体調を崩しながらも

3年間 家猫として暮らし

その後

せんちゃんも里親さまも

健康状態が悪くなってしまい

うちに戻すことになりましたが

うちに戻って2日で

病院で亡くなってしまいました



l4702210
助けてやれなくてごめんよ



l47022111
せんちゃんは故郷に埋葬することにしました




l8079
せんちゃんを初めて見かけた家の

裏の林に埋葬




l8276
せんちゃんがいた場所は

3年以上経ってもそのままで

せんちゃんがまだそこに居るような

そんな気がしたのでした




今朝の私はしやわせでした                                                                                            5月は心が沈む季節なんて昨日 書いたばかりですが ... 続きを読む
今朝の私はしやわせでした
                       
                       
                       
                       
5月は心が沈む季節なんて

昨日 書いたばかりですが

猫を亡くし辛い思いをしても

それを生きている猫がカバーしてくれます

これがあるから

前を向いて頑張っていけるのです



今朝の6時ごろ

どうしてもトイレが我慢できなくなって

ベッドから出たら最後

もう部屋にいる猫たちは朝ご飯だと思って

いそいそ起きて来ます

部屋に戻ったら

それぞれ所定の場所にスタンバイ

こうなったらご飯をあげないわけにはいかず

いつもより2時間は早く朝ご飯タイムになりました


それぞれ4匹の猫に一通りあげて

トイレも掃除して 私は二度寝に突入(笑)

お腹が膨れた猫たちは邪魔をせずに

大人しくしていてくれたようです


2時間ほどが経ち

ふと目が覚めました


顔の横ではノリちゃんが眠っています

さらに足元に重さを感じたので

そーっと覗いてみたら・・・




l7063
なんと!

ナスとしろたが おふとんに!

ナスだけなら今までもありましたが

二匹いっしょなんて初めてのこと!




l7065
さらに顔の横にはノリちゃんもいる


3匹の猫たちが

私と一緒に眠ってくれていたのです!



しやわせとはこういうものかしらー

なんて

初老のおっさんがニヤついているのは

さぞかし気持ち悪いことでしたでしょう



私はこのしやわせを壊さぬよう

ひたすらじっとしていたのです

しばらくしたら

しやわせ感より

動けない苦痛の方が勝ってきました

ええそうですよ

私がしやわせなんて言っててもこんなもんです

もうベッドから降りられても良いつもりで

そーっと寝返りを打ったら

足元に居たしろたが動くのが分かりました

無事に寝返りを打てたので

もうしばらくは我慢できそうです

そのままうつらうつらしていたら・・・



シャリ シャリ シャリ



猫が毛づくろいをしている音が聞こえてきました

気になったのでまたそーっと覗いてみたら・・・





l7069
ギャー!  ナスがしろたに舐めさせてる!



l7072
しかもナスはとっても気持ち良さそう!

そして しろたは しやわせそう!



しろたが寄っていっても

シャーして追い払っていたナス

どんな心境の変化があったのでしょうか



眠かっただけなのかな・・・






うわーん 良かった良かった





l7073
しろた やったな!

よく頑張った!




l7074
いや それほどでもないですよ・・・



とにかく沈んだ気持ちが

ぱあっと明るくなる出来事です

やっぱり猫の力は凄いですね

これからまだまだ頑張れますよ!



今日は嬉しくって猫缶買いに走りました
(しろたは食べられないけど)





新緑の季節                                                                                                                     GW真っただ ... 続きを読む
新緑の季節
                        
                       
                        
                       
                       
GW真っただ中ですが

私の気持ちは晴れません

過去 4月の終わりから5月に入っては

家族を立て続けに4匹も亡くしていますから

この季節は悲しい季節だと

頭の中に刷り込まれてしまっています


ミヨコさま

シロ

せんちゃん

ぽー



今日 1日はシロの命日です




l0046
ふわふわしていて

おいしそうでした(笑)




l0187-02
河原に居た時も餌場をひとつにせず

リスクを分散させて生きていた

頭の良い子でした





l9183
うちに来た時も

とらがボスだとすぐに判断し

とらには従順でしたけれど




l9126
まるのことは大丈夫だと舐めていました(笑)




l2046-02
うちに来てくれて

幸せそうな表情を見るのが

私の何よりのしやわせだったのです






2017年5月1日

シロはこの世から居なくなりました




昨日                                                                                                                   一匹のびわこねこが天 ... 続きを読む
昨日
                       
                       
                       
                       
                       
一匹のびわこねこが天に召されました

名前はチャイ

わたしが勝手につけた名前は かずお


私がかずおを確認したのは一昨年の11月

かずおはボランティアさんちの裏庭に

ご飯を食べに来ていました

弱虫の性格で家の表に来るボス猫を避けて

コソコソ来ていたといいます



l68255
ビクビクしながらやってきて

ご飯を食べていたのです




l5395
コイツが かずおを虐めていたボス猫

いかにもって感じです



弱虫だったかずおをなんとか幸せにしてやりたい

そんな気持ちで保護しましたが

かずおの身体はエイズ白血病に侵されていたのでした

エイズはともかく感染力の強い白血病の猫は

他の猫と一緒には暮らすことは厳しい

このままでは保護出来ないと悩んでいた時

救世主が現れたのです



その方は以前 第二の現場で保護した

白血病の白猫おとちゃんを保護してくださった方

白血病同士なら感染の心配もない

なんという幸運

ただ

おとちゃんも かずおもオス同士

はたして上手くやっていけるのか

それが問題でした




l11805
これは・・・





なんという幸運


おとちゃんは かずおを受け入れてくれ

かずおは おとちゃんに甘えるという

願ってもない展開に


かずおはチャイという名前になり

ここからふたりの穏やかな生活が始まったのです




l13776_0
ただチャイは白血病が発症したわけではないですが

おなかの虫がなかなか駆除できなかったり

いろいろ体調を崩していたそうです

そのたびに保護主さんは病院に走ってくださいました






l名称未設定 1


l12972
本当に仲が良かったふたり


家猫になって1年と少し

体調を崩しながらも幸せに暮らしていたチャイ

しかし この暮らしが永遠に続くはずもなく

一昨日

体調が悪かったので病院へ行っていただきましたが

昨日

突然 力尽きたのでした





20347_0
元気がなくなる前


20348_0
元気なころ 最後のチャイの写真



病魔に冒され

ボス猫に虐められ

外猫生活は散々なものだったチャイ

それでも最後の1年と少しは

これ以上ない環境で平和に過ごしました








チャイは幸せな猫でしたよ

さよなら チャイ











ペロです                                                                       ペロはずっと鳴いています外に出たくてしょうがないのです突然スイッチが入り外を見て鳴きだすとしばらくはおさ ... 続きを読む
ペロです
                       
                        
                        
ペロはずっと鳴いています

外に出たくてしょうがないのです

突然スイッチが入り

外を見て鳴きだすと

しばらくはおさまりません



ペロに関しては

保護後の対応を失敗したと思っています

まずは まともなケージがなかった

ナスとゴローに使い果たしていたのですね

だから狭い中途半端なケージに入れましたが

あまりにも狭いのでかわいそうになったこと

それとペロはよく人馴れをしていたので

フリーにしても問題ないと思ってしまったこと


しかし これがいけなかった

ペロが窓際に行った時

見えるのは自分がかつて歩きまわっていた

見覚えのある風景

これでは家の中に慣れるのも時間がかかりますね


それと猫付き合いが苦手なところから

他の猫とうまく関係が持てません

とくにチャオとは相性は最悪

チャオはひゃんひゃん鳴くペロが癇に障るようです

見ると襲いかかって大騒ぎになります

ただ血が出るほどのことがないのが救いですが

今からケージに入れるわけにもいかず

もうしばらくは様子を見ているしかなさそうです





l7020~2
泣き疲れて眠っています





この子の未来

しっかりと考えてやらねばいけません





オレは しろた                                                                                              ずっとのらで いきてきたねこだうんわるく にんげんにつか ... 続きを読む
オレは しろた
                        
                       
                       
                        
ずっとのらで いきてきたねこだ



l8331
うんわるく にんげんにつかまってしまい

いえというもののなかに

とじこめられてしまっている


おれは

こんなところでおさまっているねこではない

ひろいせかいで じゆうにいきるねこだ

いまは とらわれのみだが

いつか すきをみてにげようと

ひび チャンスをうかがっている




l06154
でも まっていたらごはんをもらえるし

なわばりをあらす

ほかのねこと たたかうこともない

いやしかし!

オレはきっすいの のらねこ

こんなところでおさまっていてはいけない

きたるべきときにそなえて

ねこかぶりしておくのだ!





思っているのかどうか分からないしろたです(笑)



昨日の朝

寝ている私の足元で

誰かがゴソゴソ動く感じがした


起き上がると逃げるので

スマホで確認





l7028
しろただ



l7029
お布団にいる しろたが気に入らないノリちゃん

自分だけのものだったのに

最近はナスにも荒らされているお布団




l7031
なかなかいいな ここ

きにいったよ

まあ おまえをゆだんさせるためだけどな



・・・・・・

しろたの野良魂はどうなるのでしょうか

この先が楽しみです!






なっちゃんです なっちゃんはすっかりうちに馴染んでいますひとりで1階まで降りてきて探検もしてます他の猫とも揉めたりせず現在 イヤなのはしろただけです(笑)今まではケージで寝てもらっていましたが最近はフリーにしていますそうしたらすうすうお布団に入って寝ていま ... 続きを読む
なっちゃんです
 



なっちゃんはすっかりうちに馴染んでいます

ひとりで1階まで降りてきて探検もしてます

他の猫とも揉めたりせず

現在 イヤなのはしろただけです(笑)



今まではケージで寝てもらっていましたが

最近はフリーにしています



そうしたら




l7020
すうすう


お布団に入って寝ています

頭は出ていないと嫌なようです



翌日




l7042
すうすう



寝ています

ナスは家猫に間違いありませんね





しろたです                                                                    ここ数日しろたに変化が見えましたなっちゃんが気になるようなのですこそこそっと近づいて行きますぴったりくっつい ... 続きを読む
しろたです
                      
                       
                       
l8381
ここ数日しろたに変化が見えました




l7012
なっちゃんが気になるようなのです



こそこそっと近づいて行きます




l7014
ぴったりくっついて

しろたは満足げ



良かったね しろた



でも





l7017
なっちゃんは不機嫌です




この後

しろたは追い払われていました(笑)




ああ しろた

かわいそうな しろた




さていよいよ松山を離れます                                                                      日曜日の朝 雨は小降り九州に帰る吉井くんに また会おうねと約束し宿泊させてもらった周センパ ... 続きを読む
さていよいよ松山を離れます
                       
                       
                        
日曜日の朝 雨は小降り



九州に帰る吉井くんに また会おうねと約束し

宿泊させてもらった周センパイにお礼を言い

7時に松山を出発



有料道路 松山道を東へ

まずの目的地は香川県観音寺

ここには ちゅなのおとうちゃん

亡くなった親友森川がいるところ

二人の子どもたちは香川を出たけれど

奥さんのあけみちゃんは ひとりで家を守っている

あけみちゃんは元雑誌の編集者で

森川も私も

その編集部に出入りしていたカメラマンだった


雨のためスピードが上がらず

1時間半ほどかけて観音寺に到着



l6989
到着するとまずはこの部屋に入り

しばらく森川とふたりだけで話をする

あけみちゃんが気遣ってそうさせてくれるのです

機材に拘りを持っていたヤツで

現在の機材はGoProやドローンなんかあって

色々使えて面白いよ

なんて話をしていました

かれが生きていたら絶対に手に入れていたと思います


最近の息子にはまだ会えていないけど

大学で電気関係を学んだので

陸自の通信部隊に配属されていたことを聞いて

森川も電気系が強かったことを思い出した

ちゅながゲーム制作会社に行っているのも

ゲーム好きの父親の影響があったのでしょう

ちゃんとふたりとも森川の遺伝子を引き継いでいる

立派になっているなあ 羨ましいくらいだよ

なんて話して

じゃあまた来るわ!

と 次の目的にへ


あけみちゃんの車にのっけてもらい

私の第二の目的の場所へ




l6990
讃岐うどん かなくま


私はここのうどんが大好きで

森川抜きでも来たいところであります(笑)




l6994
その後 ケーキ屋さんでおしゃべり

ここはお勧め

ケーキと飲みものを頼むと

飲みものはお代わり自由になります

大き目のいちご大福で大満足でした


1時間以上話しして

ほな帰りますわってことで




l6996
雨脚が強くなってきたので

荷造り用ラップ巻いて防水の補強

これは効果がありませんでした(笑)


これからは写真どころじゃなくて

ひたすら走ります

観音寺から高松道に乗り高松を経由して

徳島方面へ

霧で真っ白 何も見えない鳴門大橋を渡り

淡路島を縦断

明石海峡大橋の手前のSAで給油

雨脚はさらにひどくなり

風まで出てきて橋上は本当に怖かった

運が悪ければ

バイクは通行止めになったりするそうだから

本当にヤバかった

本州に渡っても雨と風はおさまらず

もうずっと固まったままで走りました

これはもう苦行ですね




l6997
か 帰りました・・・


翌日から今日まで全身筋肉痛

それでも楽しい3日間のツーリングでした


猫が一切出てこない

退屈な記事ですみませんでしたー





おわり




その3でやっと四国上陸ですよ                                                                     で あっという間に終わってしまう四国ツーリングです(笑)楽しいと写真が少なくなるのですよそ ... 続きを読む
その3でやっと四国上陸ですよ
                       
                       
                       
で あっという間に

終わってしまう四国ツーリングです(笑)

楽しいと写真が少なくなるのですよ

そしてキツイとこれまた写真が少なくなる(笑)


ということで

フェリーは定刻の6時に東予港に到着





l6951
ライダーの皆さんも出発の準備です



l6952
私も準備完了

先に周りのトラックが出て行きます


その後 四国に上陸いたしました





l6957
外に出てフェリーを眺める



お天気は曇り

予報は夕方前くらいに雨が降るようで

佐田岬突撃は午前中に済ませる方が吉



8時前に松山市の友人宅で3人集合

9時には西に向けて出発

途中カフェに寄ってモーニングを食べ

さらに西へ 西へ





頑張って走ったわりには

あまり進んでいませんでした(笑)




名称未設定 2
海が見えた!

なんて喜んでいたのはココ

まだまだ先は長いです


この後はひたすら走って走って

やっとの思いで岬に到着するのですが

山歩きをサボっている私に

神は試練をお与えになりました





l6982
佐田岬灯台は・・・

駐車場から見た灯台です

遠い 遠いです

灯台までバイクでサクっと行けないようです

やっぱり灯台まで行かないと

最西端に行ったとは言えませんよね・・・




l6960
歩く 歩く

これが昇ったり下りたり

けっこう疲れる道

片道30分は歩いたのではなかろうか


こちらのお二人はおしゃべりしながら

楽しそうに歩いていらっしゃる



周センパイは朝5時に起きて

ランニングしてから会社に行っているそうだし

吉井くんは40歳になっても一般で試合に出ているそう

一般ということは

20代ピチピチの選手とも戦うということ

体力が違い過ぎる・・・




l6980
もうそろそろか?

なんて思ってたら

灯台はこの山の向こうだというのです

萎えます・・・


しかしここまで来て帰ったら

何のために来たのかわからない

行くしかありません

諦めない心 極真魂です

あ 

すみません

極真とは何の関係もございません






ち ちかれました・・・

行くだけでも疲れるのに

帰りもあるのですよ



l6970
オレはやったのだ



l6962
涼しい顔のふたり




l6974
灯台そのものには興味がないのが

よく分かる写真(笑)

ここに来ることが重要なのだ




l6975
お天気もイマイチだし

風景写真にも力が入りません

というか

私は疲れてんの!




帰りも相変わらず

二人は談笑しながらスタスタ歩いていて

遅れる私を時々待ってくれる

もう完全に敬老の精神だと思います

強い男は優しいのです



l6984
途中で食べた しらす丼

おいちかった



l6987
松山に帰ったら道後温泉

と思ってたら

最近 観光客が多くてゆっくりできないそうなので

地元の人たちが行くという

「喜助の湯」へ

良い温泉でございました

写真はないけれど鯛めしもおいしかったー



つづく