うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

捕獲された ちゃーしゅうは                                                                                                                    ... 続きを読む
捕獲された ちゃーしゅうは
                                             
                                             
                                             
一旦うちに来て一晩を過ごし

翌日病院へ行き検査をしていただきました



ffced3af
そういえば去年ブログで報告していたんだった

病院の様子などはこちらをご覧ください
多摩川報告ちゃーしゅう その4



そしてついに 預かりさんの まなさんちへ
多摩川報告ちゃーしゅう その5




l30195760
まなさんちに ちゃーしゅうをお届けして

ほっとするの図

あとは任せた(笑)





l30195762
河原では見られなかった表情を

まなさんに見せてくれるようになった

まなさんがいっぱい撮影した写真を

いただきましたので

次から掲載させていただきますね





スモールちゃーしゅう
ここはかわらじゃない
いったいボクはどこにきたんだ?


このふたりがまたよく似ているんですよ                                                                                                              ... 続きを読む
このふたりがまたよく似ているんですよ
                                             
                                             
                                              
l05272
ボスです

このやさぐれ感はどう見てもボス

強そうでしょう?




l05283
ズンズンズン


ボス?

いいえ チュートラです

身体の大きさもボスに負けていませんよ

女の子です



ああうちにいた とらみたい・・・



チュートラは好戦的でも何でもなく

大人しい猫ですが迫力があるんです

たぶんケンカしたらボスにも勝つんじゃないかな



l07677
ころころ

あたし おんなのこ


かわいいですねえ




l04465
ミー♂にも甘えて じゃれついたりもします

身体はチュートラの方が大きいです(笑)




l05893
でもズンズンこちらに向かってくると

やっぱり少し威圧感がある

そんなチュートラちゃんなのです






l06787
ボスです

首はいったいどこに行ってしまったのか

強そうでしょう?

でも 実はそうでもない



21匹いる「びわこねこ」の中の

クー パール チュートラ クロサビ

4匹のコロニーのボスと言われているけれど

とくにボスらしいところはありません(笑)

ボスはケンカをあまりしないのです




l07796print
オスのクーとは時々にらみ合いをしますが

だいたいボスの方が引きますので

ケンカになりません




l06129
オトコは やさしくなきゃね


そう

やさしい者が一番強いんだよね


我を通さない

けんかっ早く無い

こういうボスがいるから

ここは平和が保たれているのです





スモールチャオ02
いえにいちばんながくいるマーラさんに
おいかけられるけど
ボクもけんかはしないときめてるよ!




人懐っこくかわいいミー                                                                                                                     ... 続きを読む
人懐っこくかわいいミー
                                             
                                              
                                              
この場所に行けば

かなりの確率で会うことができる猫です




l05161
茶白の男の子ですが



l05444
身体はさほど大きくありません



l05786
他の猫たちとも関係は良好です



l06220
これはチャコと遊んでいる図



l05467
普段はひとりでいることが多いかな



l07693
この日は 釣り上げられた大き目の魚を

ひとりで平らげていました

琵琶湖畔だけに生魚が好きな子が多いです




l05848
君なんか どこのおうちに行っても

上手くやっていけると思うんだよね

里親さん現れないかな




l08772
写真展では写真を見ていただくと同時に

里親さん候補も募集しています

一匹でも多くの びわこねこたちが

家の中に入れるよう頑張りたいと思います




ちょっと風邪気味のミー

病院でお薬を貰えば

あっという間に完治することでしょう

よろしくお願いいたします





スモールチャオ
びょういんへつれていかれたけど
ボクはけんこうだったよ
ノミとシラミがついてただけだった
【チャオ】


前回 捕獲失敗から3日後です                                                                                                                   ... 続きを読む
前回 捕獲失敗から3日後です
                                             
                                            
                                             
2020年9月21日

台風のシーズンに入ってきて

お天気も はっきりしません

今日こそは捕獲しないと




l02352
またきたの?


ちゃーしゅう お得意のポーズ

おっさん座り(スコ座りとも言うらしい)で

お迎えしてくれました


私は撮影するだけで

特に捕獲に関わってはいませんが

身体が大きいのと

カメラでカシャカシャするから

少し気になるみたいです


警戒されないように

なるべく距離をとるようにしていました





l02386
村井さんが餌をやり始めます


でも先に来たのがエル(笑)

この辺りのボスのようなものですから

しょうがない

先にお腹を膨らませてやります





l02465
ちゃーしゅうの番がやって来ました

いっぱい撫でて安心させて・・・



ああもう緊張します!




l02500
いつもよりいっぱい撫でてもらって

ちゃーしゅうは大満足ですが

ご飯は食べないし

袋にも乗る気配がありません



日も暮れ暗くなってきて

写真撮影も厳しくなってきました

ああまたダメなのかと思った時




l02510
さっそうと現れたのが田中さん

おじいさん 村井さんの他にもう一人

ちゃーしゅうが怖がらない人物が

ホームレスの田中さんなのでした



待っていてもダメだと判断した田中さんが

駆け寄って袋を広げて持ち

そこに村井さんが

一瞬でちゃーしゅうを放り込んだのです




l02539
入った!

ちゃーしゅうを捕獲しました!




l02544
ほっとする村井さん

本当にお疲れさまでした!



あとはこちらで引き受けます!

巾着袋からケージに移し換え

このままうちへ連れて帰ります




l02582
うちでの ちゃーしゅう

おとなしい・・・

緊張はしているだろうけど

暴れることも鳴き叫ぶこともしません


明日の朝に病院行こうな


ケージの中ではトイレも使えないので

狭い玄関ですが外に出てもらいましたが

ちゃーしゅうは不安の一夜を過ごしたのでした




スモールちゃーしゅう
ぼくはいったいどうなるんだろう



びわこねこの中で                                                                                                                        ... 続きを読む
びわこねこの中で
                                            
                                             
                                             
ひとりだけ まさに異色な存在の猫がいます



l02081
それがこの男の子

ブルーアイといいます

シャムが入ったハチワレ君




l04908
皆とちょっと違うけれど

仲良くやっていますよ

茶トラのマイケルとは

オス同士ですが仲良しです

ちょっとヤバいくらいです(笑)

怖がりだった さとちゃんにも慕われていて

さとちゃんが広場に出てくる

きっかけを作ってくれたのが

このブルーアイでした




l09291-02
きれいな猫なのにゴロゴロして

土や枯れ草を良く付けています



l06264
んー

どれ ひろばでうんどうでもするか




l03989
まてー


虫を追いかけるブルーアイ

この後ろの木にも時々登っています




l02090
つかまんなかったけど

これはあそびだからいいんだ


負け惜しみです



l05816
自分によく似合うと思っているのか

よくお花畑にいたりもします



l04927-02
ズン ズン ズン


男の子ですから

それなりに迫力もありますよ

シオカラトンボが横をすれ違って行きました



この子は高貴な猫 ブルーアイなのです






スモールチャオ01
みたことある!
なかよくなってみたかったなあ



京都新聞に掲載していただきました                                                                                                                ... 続きを読む
京都新聞に掲載していただきました
                                             
                                             
                                             
l紹介記事20120911
もうネットでも出ちゃいましたが

せっかくスキャンしたので(笑)




ネットはこちら






スモールチャオ02
ぼくらのいのちがかかっているんだよ
みんなにしってほしいんだ!



ちゃーしゅうの預かり先が まなさんに決まり                                                                                                           ... 続きを読む
ちゃーしゅうの預かり先が
 
まなさんに決まり
                                            
                                             
                                             
いよいよ捕獲することになります

しかしその前に

ひとつしなければいけないことがあります

ちゃーしゅうの面倒を見ていた

ホームレスのおじいちゃんの説得

なかなか猫を手放さないお人でしたが

動物愛護推進委員の方が理路整然と交渉

見事に説得成功いたしまして

ちゃーしゅうは保護出来ることになりました




l02185
うーん きょうは なんかまわりがあわただしいなあ


いつもとは少し違うことを察知したかな

周りの人間たちが君のことで

必死で動いているんだよ




説得できた おじいさんも

ちゃーしゅうを手放したくなかったのでしょうけど

この時 子猫が3匹も増え

お世話が大変だったこともあって

ちゃーしゅうをお世話しきれないと

思ったのかもしれません




l02130
この頃 実際に餌を与えていたのは

ボランティアの村井さんでしたから

おじいさんは もうほとんど

お世話を村井さんに任せていたのです




l02153-02
おばさんがきてくれるから

ぼくはおなかがいっぱいになれる




l02220
お世話ができないと分かっていても

やっぱり寂しいおじいさん

ちゃーしゅうに向かって何か話しています

何を話していたかは聞き取れませんでした




l02244
おじいちゃん なんかさみしそうだったなあ

どうしたんだろう





l02087
いよいよ捕獲決行の時がやって来ました

捕獲方法は

ちゃーしゅうに なるべく

ストレスを与えない方法をとります

ボランティア村井さんが作った

手製の大きく深さもある巾着袋を広げ

その中でおやつを食べてもらい

頃合いを見計らって

袋の外側を上にあげる方法です

カーテンで出来ていて強度も十分

もう袋の中に入っているから

上からかぶせるより確かなやり方ですね

ある程度 馴れている子には

とても有効な方法だと思います








l02053
そこに来なければどうしようもない(笑)

ちゃーしゅうが来ないものだから

キジトラのととちゃんが食べてる
(のちに保護里親さんちに行きました)


村井さんが ちゅーるを見せ呼んでも

ちゃーしゅうはやって来ません

やっぱり察知されたか





l02248
えーい強制的に入れてしまえとばかり

強硬策に出た村井さん

しかし ちゃーしゅうは逃げてしまいました




l02106
こうして第一回捕獲作戦は失敗

この日ちゃーしゅうは茂みの中に逃げてしまって

捕獲作業は断念することになったのです







スモールちゃーしゅう
いきなりふくろをかぶせられそうになって
びっくりしたよ


さとちゃんはグレーのトラ猫                                                                                                                   ... 続きを読む
さとちゃんはグレーのトラ猫
                                             
                                             
                                             
いわゆるサバトラと言われる色と模様です




l05303
臆病で注意深く

茂みから なかなか出て来ず

ご飯を貰うのも茂みの中が多かった




l06263-02
その さとちゃんは二匹の「びわこねこ」のお母さん



お父さんはどんな猫だったのでしょうか

黒っぽいふたりの子が生きています




l07697
黒猫かと思えば光が当たると

少しグレーがかっている不思議な色のクー

ボランティアさんをお迎えしてくれたり

おやつを貰える場所で待っていたりする賢い子




l09268
また夕陽などが当たると茶系

ひとことで何色と言えない猫です




もう一匹が




l05240
チャコ

茶色がかっているからチャコ

さすが姉妹 よく似ていますね


この子は 夏は茶色

冬は黒と 季節によって色が変わるそう

確かに今の季節は茶色です




l05344
私も混乱して どちらがどちらと

何度もボランティアさんに聞く始末

この写真も合っているのかどうか

不安になってきました・・・




l06624-02
とにかく

こんなかわいいふたりを産んでくれたさとちゃん

ここ最近は茂みから出てくるようになって

ご飯も広い場所で食べます



びわこねこたちは新しく現れた一匹を除き

すべて避妊去勢済ですから

これ以上増えることはありません

さとちゃんも自分のことだけを考えて

あとは好きに生きて欲しいですね






スモールチャオ01
びわこねこって いっぱいいたんだね
みんなと ともだちになるまえに
つかまっちゃったからしらなかったよ
でも いまのいえも10ひきいるから
にぎやかでいいけどねー



2020年  去年のこと 季節は夏                                                                                                                ... 続きを読む
2020年  去年のこと
 
季節は夏
                                             
                                              
                                              
暑い日が続いていましたが

ちゃーしゅうは のんびり過ごしていました




l01779-02
あ いた




l01538
ちゃーしゅうには指定席みたいなものがあって

それは おじいさんがお昼寝をする

マットレスの横





l00979
おじいさん子猫が好きで

子猫にかまけていても

ちゃーしゅうは黙って見ています(右端)

この時はそんなに面倒を見られないのに

水槽に亀までいましたよ

一生懸命お水替えしてましたけれど



何ごともなく

平和な日々が続いていましたが

私の心は穏やかではありませんでした



夏が過ぎると9月から台風シーズンに入ります

前年の令和元年台風19号は

10月12日にやって来ていました

もし同じ時期に大型台風が来たとしたら

もうあまり時間がありません

また犠牲が出る前になんとかしないと

河川敷のこのエリアにいるのは

ちゃーしゅうだけではありません

人にそこそこ馴れているからと言っても

10匹以上全員を保護するのは至難の業だし

保護出来ても置いておくところがないのです




l65929268

l65929268-02
H様提供写真

同じところから撮影



手前の堤防まで浸水しています

ここにはかつて河原猫シロやボスたちがいた場所

2009年の話です

あの頃にこうならなかったのは

本当に運が良かった



保護して避難させることができないなら

他の方法を考えねばなりません

私は掟破りの

保護前の里親募集に踏み切りました

と同時に増水しても彼らが生き残るための

少しでも手助けになることを考えました




l09334
去年はちゃーしゅうのように木にしがみ付いて

難を逃れた猫たちがいるということで

二か所木の上に木箱を設置

これは福島で使用していた「えさ台」を流用しました

中に入れば雨風をしのげます

利用してくれるかどうか分かりませんでしたが

無いよりはましと思い

高校生の知り合いに付けてもらいました

お礼はくら寿司で腹いっぱいということで(笑)





l01055
ホームレスさんの中では

トムソーヤに出てくるような

木の上の避難所を設置した人もいました

この方も猫が大好きで

殆どが猫のために作ったようなものだったのです

ただこれは目立ちすぎて

行政からダメ出しが出てしまい

解体の憂き目にあいました

もったいないけれどしょうがない・・・



そして同時に告知したり

知り合いのつてを頼ったりして

里親募集や一時預かりを募集し

まずは1匹 歳を取った子を保護

大田区の愛護推進委員さんが預かって

里親さんを見つけてくださいました


そして二番目に

ちゃーしゅうを預かっても良いと

手をあげてくださったのが

まなさん



まなさんは

福島にも二度来ていただいたこともある

個人の保護活動家

ご自分でもお住いの地域の猫を保護して

里親を募集したりしておられます



その方が ちゃーしゅうを引き受け

里親探しをしてくださるということで

お願いすることにしたのです





l01041-02
どしたの?



自分の運命が変わるのを知らず

寛ぐ ちゃーしゅう

はたして上手く捕まえることができるのでしょうか






スモールちゃーしゅう
なんだか ぼくのまわりのにんげんが
あわただしくなってきたんだ
なにかがはじまっているとおもったよ



現在びわこねこは                                                                                                                        ... 続きを読む
現在びわこねこは
                                              
                                              
                                              
うちに保護しているチャオを入れて

22頭になります

その中でも

黒猫系と さび猫系が複数いて

混乱しているんです



それでたった今まで(笑)混乱していたのが

さび系の2匹で




l1416
クロサビ

黒が主体のさびねこちゃん

こういう子 大好きです

まあ何でも好きなんですけどね



l05251
外の猫見ていつも思うのだけど

かれらは

こうして枯れ草がついていてもお構いなし





l02124
これはちゃんとグルーミングしたんでしょうね

きれいです


クロサビちゃんは

猫同士の関係は良好なのですが

犬に対しては当たりがキツイとか

散歩の犬が来ても道を譲らなくて

シャーと威嚇

一度 襲い掛かって

中型犬のお腹にしがみ付いたそうですよ







l05286
クロサビちゃん

お願いだから

どこかのおうちでピカピカになって

ゆっくり日向ぼっこしていて欲しいと

切に願うのです

あ 犬のいないご家庭でね(笑)







ついさっきまで同じ猫だと

思ってた子がこちら






l06408
チャーサビちゃんです

ゆっくり見ればクロサビより茶色部分が多いので

分りますよねえ


さびねこは うちには郁ちゃんがいますし

福島で先日亡くなったさびちゃんもいたし

わりと出会う率高いです

どの子もひとりとして同じ柄がない

個性的な模様ですね




l06395
チャーサビちゃんはひとりでいることが多く

いつも皆から距離を置いて

植え込みの中とかにいたりします

ひとりを好む性格のようです

それでも人間には馴れていて

私のような餌も持たない人間でも

少しは触らせて貰えたりするので

おうちに入っても上手くやっていけると思いますよ





l06432
あーもう うざいなあ


でもしつこく写真を撮っていると

面倒くさそうに伸びをして

去っていくチャーサビちゃんなのでした





スモールチャオ02
しつこいのはダメだよ!



ちゃーしゅうを取り巻く環境                                                                                                                   ... 続きを読む
ちゃーしゅうを取り巻く環境
                                             
                                              
                                              
l01787
ふー おなかいっぱいだ


満足しているちゃーしゅう

餌はだいたい貰えていました





l02194
でも それだけ


どこの外で生きている猫もそうですが

ほとんどが餌だけ貰っている状態ですよね


ノミダニがもれなく付きます

ノミダニに血を吸われ過ぎて

貧血になる猫もいるのです

お腹の中の寄生虫も

良く風邪をひきます

ケンカして怪我もします

感染症がうつったりもします

避妊去勢がされていなければ

毎年最低2回の出産があります

河川敷では大丈夫ですが交通事故の心配

良からぬ人間からの虐待

川の増水による氾濫



ここの子は ごはんが貰えていて幸せだね

よく聞くフレーズです


幸せですか?

ご飯なんて

最低の最低  最低限のことじゃないですか

ご飯さえ貰えていたら幸せなんですか?

あなたはそれで幸せ?


すみません つい興奮してしまいました


ちゃーしゅうが人間にしてもらっていたのは

去勢手術とご飯だけで

幸せから程遠い生活を強いられていたのです




l05809
ホームレスのおじいちゃんが

ご飯をやれない時もあるので

それをカバーするために

ボランティアさんが

餌場を数カ所用意してくれています




l07359
陽が落ち 夜がやって来ました

当然河原には明かりもありませんから

真っ暗な世界になります





l09762
ボランティアさんの村井さんが

ご飯を持ってきてくれました

毎日30分かけて自転車で来る給餌は本当に大変

それだけでも十分に大変なのだけれども



l09768
たすかったー

なにもたべてなかったんだよねー ♪


今日は食べていなかったのか

すごい食べっぷりでした






l05824
穏やかな時は

猫たちに命の水を与える多摩川




ちゃーしゅうは

こんなところで生きていたのです






スモールちゃーしゅう
ほかのせかいをしらないから
みんな これがあたりまえだと
そうおもっていきていたんだよ



ちゃーしゅうがどこで生まれ どう生きてきたのか                                                                                                         ... 続きを読む
ちゃーしゅうがどこで生まれ
 
どう生きてきたのか
                                             
                                             
                                             
それが分る術はもうありませんが

多摩川河川敷に住んでいる河原猫たちは

捨てられたか

それとも捨てられた子から生まれたか

そのどちらかで間違いがありません



私が ちゃーしゅうに初めて会ったのは

2020年の8月5日

この年の3月から多摩川に行っていたのですが

ちゃーしゅうに会うまで5カ月もかかるほど

表にはそれほど出て来ず

河川敷の藪の中で過ごしていたようです





l09226
初めて会った ちゃーしゅう

もちろんこの頃は

名前はちゃーしゅうではありません

薄い茶白猫で

静かな雰囲気の子でした

年齢は8歳以上であることが

のちの病院の診察で分かることになります



ちゃーしゅうがご飯を貰っていたのは

この辺りで最長老のホームレスさん

猫が好きで近隣から猫を集めてくる人

いわゆるホーダーっぽい人で

猫のお世話を仕切れないのに

拾ってくるものだから

ちょっと困った人ではありました

しかし ほいほい引き受けるのをいいことに

おじいちゃんに猫を丸投げする

人間もいたのです

おじいちゃんは猫たちを一生懸命

面倒をみようとしますが

どうしても行き届かず

死んでいった子猫たちもいます

周りの猫好きのホームレスさんたちも

協力しようとしていましたが

これまた行き届かなくて

周りを巻き込み困っておられていたのです






l09223
そんなところで ちゃーしゅうは

おじいさんが置くカリカリや

たまに貰えるパウチなどを食べて生きていました



日陰で寛いでいた ちゃーしゅう

一見 平和そうに見える風景

かわいそうな境遇の猫ではありますが

問題があるホームレスさんとは言え

お世話をする人が居て飢えることもない

こういう暮らしもありなのではと

勘違いしてしまいそうになります

しかし多摩川河川敷で生きることが

どれほど過酷な事なのかをすぐに思い出します

この前年の10月には

令和元年大型台風によって多摩川は氾濫し

ちゃーしゅうは生き残るため

壮絶な戦いをしていたのです





Hさま提供動画


長年 猫のお世話をされていた

ホームレスの高野さんがこの濁流にのまれ

2年が経とうとしている現在も行方不明のままです

そして一緒に流された たくさんの猫たち




l09221
そんな中で ちゃーしゅうは

木にしがみつき生き残ったのでした




この辺りで生き残った

ちゃーしゅうを含む10数匹の猫たちが

また台風が来て流される猫が出るのは

耐えられない

しかも追い打ちをかけるように

かれらの命を救った「命の木々」が

川幅拡張工事で

伐採されることになるというのです



このままにしておけない



そう思った有志が集まり

猫たちを河川敷から

救い出す活動が始まったのです






スモールちゃーしゅう
ぼくは ちゃーしゅう
おじいちゃんにおせわになっていたんだ


びわこねこたちは                                                                                                                        ... 続きを読む
びわこねこたちは
                                             
                                             
                                              
現在 新しく現れた1頭を除き

すべて不妊手術がなされています

これは ほぼ二人の個人の方々が

コツコツと捕獲し病院へ連れて行き

手術をされたのだと聞きました

しかしそれ以前は

手術もされてない猫たちが交尾し

たくさんの子供たちが生まれていたのです



l05411
星天(ホシテン)というさび猫がいます

この子は避妊手術前に何頭も子供を産みました

現在分っているだけでも

3頭のびわこねこのお母さん

もちろん出産となると

3頭だけで済むわけがありません

子供の数はもっといたことでしょう

その子たちはいったいどうなったのか

今となってはわかりません

外で生きている猫を

管理することなど まずできませんから

お世話をしていた方々も

苦しい活動だったに違いありません



l05365
額に星が

それでこの名前になりました

星天 すてきな名前です




l05368
星天 お疲れさま

たくさんの子を産み育てたんだね

手術をしてもらって

もう出産を繰り返さなくて済んだね

本当に良かった




l07408
もう ゆっくり生きられるからね

そしてできれば

おうちの中に入って

何の心配もなく生きて欲しい

お世話をしているボランティアさんたちも

君の

君たちの幸せを願ってるから

もう少しここで待っててね







スモールチャオ
いえのなかもいいよ
はやくみんなの
おうちがみつからないかなあ



ふわふわ猫シリーズ最後は ハル姉さん                                                                                                               ... 続きを読む
ふわふわ猫シリーズ最後は ハル姉さん
                                             
                                             
                      

                                             
           
l06287ハル姉さんは ある日突然現れた猫

この子も長毛でフッサフサのゴージャスな猫で

耳は手術済を表すカットがされています

捨てられたのかもしれませんが

流れて来た可能性もあります




l05975
餌も持たない私などには

警戒して近づいて来ません(笑)





l06341-02
ん 心なしかスッキリしているような




l06466
ハル姉さんも

きれいにカットしていただいています!

それにしても3匹もの猫をカット・・・

捕まえるだけでも骨が折れるでしょうに

すごい手間がかかったと思います


紹介した長毛3匹は

外で生きていて

ブラッシングもしていなかったので

毛が絡まり身体中に毛玉ができていました

ボランティアさんが少しずつ

毛玉部分をカットするのが精一杯だったのです


そういや私も昔

チンチラのモナさんを保護したなあ

毛玉が凄かった思い出があります

あー 思い出した

めっちゃ狂暴で

マジ咬みされて流血騒ぎになったっけ




l07469
先日 撮影した お転婆ハル姉さん

木に登っていましたよ




l06292
ルンルン ♪


ハル姉さんは今日も元気で生きています






スモールチャオ01
ボクはハルねえさんたちがいるところに
ながれついたんだよ
みんなになかよくしてもらおうとおもって
ひっしだったんだ
でも みんなとなかよくなるまえに
おっちゃんにつかまっちゃったよ



写真展の準備をしていたら                                                                                                                    ... 続きを読む
写真展の準備をしていたら
                                           
                                            
                                             
ブログを書くのを忘れてました

今回の現場は とにかく頭数が多いので

皆を紹介するのが大変

なにせ21匹いますからね

うちで保護してるチャオを入れると

22匹です




l09282
フサオです

この子も前回のフサ子に続きゴージャスでしょう

もうフッサフサですよ

お腹のグレーの毛がアクセントになって

本当に美しいです




l07923
人にも馴れていますが

餌を持っていないと つれないです(笑)




l07323
そのフッサフサなフサオが

スッキリしていました

きれいにトリミングしてあるでしょう?

これは素人じゃ無理のような気がします


刈っていただいた方には感謝です

ありがとうございます




l05159
なんか似合うんですよね




l06237
高貴な雰囲気を醸し出すフサオ

写真展でももちろん紹介していますので

どうぞ会いに来てやってくださいね




「びわこねこ物語」写真展

9月20日(月)~9月26日(日)

10:00~17:00

(20日初日のみ 13:00~18:00)

【びわ湖 大津館】3階 市民ギャラリー






スモールチャオ02
ボクは けがみじかいから
ちょっと うらやましいぞー!